小石川植物園、京華学園、黒澤明、映画『赤ひげ』2022/02/18 07:15

 昨年の秋、ずっと行ってみたいと思っていた、小石川植物園へ初めて行った。 都営三田線の白山から、坂を上っていくと、左手に京華学園があった。 京華学園は、ここだったのかと思った。 京華学園は、明治30(1890)年本郷区龍岡町で磯江潤が創立、明治33(1900)年5月本郷区東竹町に移り、大正12(1923)年9月の関東大震災で焼けると、この白山の地(小石川原町)に移り大正14(1925)年12月に新校舎が出来たという。

 映画監督の黒澤明が京華中学だと聞いていた。 大正11(1922)年、府立四中の受験に失敗しての入学だから、東竹町に入り、何年生から白山に通ったのか、大正13(1924)年学友会誌に載った作文「蓮華の舞踏」が、国語教育で有名な小原要逸先生に「京華中学創立以来の名文」と褒められたという。 昭和2(1927)年卒業。

 小石川植物園、現在白山駅寄りの裏門は入場できず、坂を下りて正門から入る。 入園料は一般・大人500円(「小石川植物園」で検索すると、東京都文化財めぐり、TOKYOおでかけガイド、じゃらんなどは400円、他に教授が案内しているサイトに330円というのもあった。みな情報が更新されていない)。

 小石川植物園は、徳川幕府が337年前の貞享元(1684)年にここに設けた「小石川薬園」に源を発している。 その後、徳川8代将軍吉宗の享保の改革の折、享保7(1722)年に町医者小川笙船の意見により、貧困者のための施療所「小石川養生所」がつくられ、明治維新まで続いた。 この旧養生所の井戸は、現在も残っており、水質がよく、水量も豊富で、大正12(1923)年の関東大震災の時には、避難者の飲料水として大いに役立ったそうだ。

 「小石川養生所」で思い出すのは、黒澤明監督の映画『赤ひげ』だ。 昭和40(1965)年の東宝作品。 原作は山本周五郎の『赤ひげ診療譚』。 三年の長崎留学を終えた若い医者が、小石川養生所への坂を上って、門から入って行くところから始まる。 加山雄三のデビュー作だったか、凛々しい若い医者の姿が印象に残っている。 赤ひげは、三船敏郎。 香川京子や二木てるみが出ている。 なぜか、たくさんの風車が、クルクル回っているシーンを憶えている。

映画『わが母の記』の結末2021/11/15 07:10

 そこで10日の「井上靖の自伝的映画『わが母の記』」(原田眞人監督作品)で、「雨の日、母(樹木希林でなく、内田也哉子が演じている)や妹たちは、洪作を残して、台湾へ行ってしまい、洪作はずっと母に捨てられたのだと、思っている。 映画は、そこに一つの結論をつきつけることになるのだが、それはひとまずおいておく。」とした、結論の件である。

 確認しておくが、映画で井上靖は伊上(いがみ)洪作(役所広司)、父隼雄は隼人(三國連太郎)、母やゑは八重(樹木希林)、そして映画には出て来ない洪作が預けられる曽祖父の妾は、おかの婆さんでなくおぬい婆さんという名になっている。 おかの婆さんについていろいろ書いてきたので、樹木希林がその婆さんを演じていると思われるかもしれないが、樹木希林が演じているのは母八重である。

 八重がだんだん耄碌してきて、きちんとお返しをしないといけないので、洪作に「香典帳」を出せ、と言い出す。 そして、自分が健康を害していたので早く引き取るつもりで、おぬい婆さんの所に洪作を預けた、翌年迎えに行ったが渡してくれなかった、と。 三女琴子(宮崎あおい)が洪作に、なぜおぬい婆さんに育てられたのかと聞く。 おぬい婆さんは曽祖父の妾だったが(琴子は不潔だ、と)、曽祖父は孫の八重を分家させて、そこに母親としておぬいを入籍させた、自分に尽くしたくれた女の老後を心配したのだろう。 (隼雄(隼人)が入婿なのは、井上靖の年譜で見た。)

 八重の認知症が進み、徘徊が始まる。 洪作が原稿を書いているところに八重が来て、洪作が沼津中学に入った頃、おぬい婆さんがコロッと逝ってくれたからよかった、と言う。 そして、洪作が小学生の時、遊動円木に座って作った詩を口ずさむ。 「雨が止んだ 校庭にはたくさんの水たまりができている 太平洋 地中海 日本海 喜望峰 遊動円木の陰 だけど ぼくの一番好きなのは 地球のどこにもない 小さな海峡 お母さんと渡る海峡」 八重は、洪作が詩を書いた紙を大事に持っていたのだ。 洪作の眼に涙があふれる。

 洪作は妻と娘、妹と日本丸で外国へ出かけることになり、三女琴子と八重は世田谷の家で留守番する。 妻は乗船したところで、結婚式の時、八重から聞いた話を、初めて洪作にする。 台湾に渡るのは死ぬ思いだった、出航の前に輸送船が撃沈されたそうで、せめて長男だけは実家に預けて、海を渡る時は一人だけは残す、血筋が途絶えたらご先祖に申し訳がない、一人でも生きていける気性の激しい子は残しなさい、と言われた。

その頃八重が徘徊、たまたま船から電話した洪作が、それを知る(結局、出航前に一人下船する)。 八重は、トラック運転手の溜り場に現れ、「息子に会いたい、沼津の港に行きたい」と言う。 ちょうど沼津の御用邸方面に行く運転手がいて、八重を乗せて走り出す。 そこへ琴子が現れ、別の運転手のダンプに乗せてもらい、東名高速を追いかけることになる。

沼津中学の頃、飛び込み台まで泳いだという浜辺で、八重と琴子、そして洪作が合流する。 琴子は途中、八重が車に酔って病院に行ったり、親切な運転手の世話になって大変だった、と話す。 洪作は、琴子を抱いて、ご苦労様でした、と。 八重をおぶって、海に入る洪作に、八重は「ありがとうございます。どこのどなたか存じませんが…」と、言う。

 映画の原田眞人監督は、沼津市生まれ、静岡県立沼津東高校卒、つまり井上靖の沼津中学校の後輩である。 井上靖の年譜では、家族全員が前年に赴任した台湾の父のもとに移って、井上靖が三島の親戚に預けられるのは、17歳の1924(大正13)年だから、そこに映画としての脚色があると思われた。

井上靖の自伝的映画『わが母の記』2021/11/10 06:53

 井上靖の自伝的作品をベースにした映画『わが母の記』をテレビで見た。 松竹2012年の原田眞人(まさと)監督作品。 作家の井上靖でなく伊上(いがみ)洪作を役所広司、母八重を樹木希林が演じている。 父母は長女(キムラ緑子)夫婦と伊豆の湯ヶ島にいて、父隼人(三國連太郎の遺作となった)が亡くなるところから始まる。 自称古美術商の次女(南果歩)と洪作は、東京に住んでいる。 流行作家の洪作家では、妻(赤間麻里子)長女(ミムラ)次女(菊池亜希子)や女中、編集者などが、印税の捺印に大忙しで非常に騒がしいのだが、中学生の三女琴子(宮崎あおい)は趣味の写真に夢中で手伝わない。 この宮崎あおいが重要な役回りで、やがて、担当編集者の下っ端・瀬川(三浦貴大)が、洪作家の書生兼運転手になり、大学生になった琴子と軽井沢の別荘で認知症になった八重の面倒をみたりすることになる。

 伊上洪作は5歳から8年間、伊豆湯ヶ島の土蔵で「土蔵の婆さん」曾祖父の妾、おぬい婆さんに育てられた。 雨の日、母(その母をタイトルバックに名はないが、内田也哉子が演じている)や妹たちは、洪作を残して、台湾へ行ってしまい、洪作はずっと母に捨てられたのだと、思っている。 映画は、そこに一つの結論をつきつけることになるのだが、それはひとまずおいておく。

 私は、井上靖の『わが母の記』三部作、母の80歳から89歳を描いた「花の下」(1964(昭和39)年)、「月の光」(1969(昭和44)年)、「雪の面」(1974(昭和49)年)は読んでいなかったが、若い頃に「あすなろ物語」(1954(昭和29)年)や「しろばんば」(1962(昭和37)年)を読んでいたので、井上靖が幼い頃、湯ヶ島の土蔵で曾祖父の妾、(おぬいでなく)おかの婆さんに育てられたことは知っていた。 後年、講談社文芸文庫の井上靖短篇名作集『補陀落渡海記』所収の「グウドル氏の手套(てぶくろ)」で、さらにそのへんの詳しい事情を読んだのだった。

浪花千栄子、波乱の人生2021/05/19 07:19

 浪花千栄子の「家中みんなで」という、大正製薬の「オロナイン軟膏」のホーロー看板が、商店街の羽目板に貼ってあるだけで、昭和の感じが出る。 浪花千栄子の本名が、南口(なんこう)キクノという縁で、「軟膏」のCMに出たのだそうだ。 浪花千栄子は明治40(1907)年11月に、現大阪府富田林市に生まれた。 家業は鶏の行商で貧しく、4歳で母親が亡くなり、弟の世話に追われ、小学校に通ったのは2か月だけ、父親の再婚相手に疎んじられる、というのは朝ドラ『おちょやん』の通りだ。

 大正4(1915)年、7歳で大阪道頓堀の仕出し弁当屋に女中奉公、「おちょやん=小さい女中さん」として、主人の母のお家はんにしごかれる。 睡眠時間は4時間、読み書きは便所で独学、舞台を覗き見し、芝居に魅せられる。 だが、父の差し金で地元に戻り、稼いだ金は父の懐に。 地元での二つ目(都合三つ目)の奉公先で、やっと人間らしい生活をし、年季明けを前に、奥さんに父の束縛から逃げるように言われる。

 大正13(1924)年、16歳、京都のカフェー・オリエンタルで女給となる。 同僚の薦めで俳優プロダクションの新人募集に応じ、女優の道へ。 京都の演劇、村田栄子一座で舞台『正チヤンの冒険』に代役主演、映画の東亜キネマ等持院撮影所で香住千栄子の芸名で新スターになる。 中堅女優のリストラに抗議して退社後、剣劇スター市川右太衛門、市川百々之助らのプロダクションに迎えられ、帝国キネマに移り、浪花千恵子に改名。

 昭和3(1928)年20歳、松竹に入社し大阪へ、新潮座など新派の舞台で経験を積んだあと、昭和7(1932)年に二代目渋谷天外の松竹家庭劇へ、ほどなく天外と結婚。 座長の妻として、他の女優がやりたがらない老け役や小さな役も引き受ける。 終戦から3年、昭和23(1948)年曽我廼家五郎が亡くなり、彼の劇団と合流、松竹新喜劇を結成する。

 昭和26(1951)年43歳、天外が新人女優との間に子を作ったことをきっかけに離婚し、松竹を退社する。 二人に子はなかった。

 昭和27(1952)年、花菱アチャコと共演のラジオドラマ『アチャコ青春手帖』がスタート、昭和29(1954)年に始まった『お父さんはお人好し』で人気が全国区になり、映画化もされた。 昭和28(1953)年の溝口健二監督『祇園囃子』でブルーリボン助演女優賞を受け、黒澤明『蜘蛛巣城』、小津安二郎『彼岸花』、豊田四郎『夫婦善哉』、内田吐夢『宮本武蔵』など巨匠の作品への起用が相次ぎ、亡くなるまでの約20年間で200本以上の映画に出演した。 テレビでも、大河ドラマ『太閤記』(昭和40(1965)年)で秀吉の母役を演じ、『細うで繁盛記』などで、お馴染みの顔になった。

 昭和41(1966)年頃、京都嵐山の天龍寺の隣に料理旅館「竹生(ちくぶ)」を開き、養女にした姪の輝美と経営した。(跡地に福田美術館が建っているそうだ。) 昭和48(1973)年12月、消化管出血で亡くなる、66歳だった。

朝ドラ『おちょやん』千秋楽を見て2021/05/17 07:04

 連続テレビ小説『おちょやん』(八津弘幸脚本)が14日に千秋楽を迎えた。 浪花千栄子をモデルにして、戦前戦後の上方喜劇の歴史を描いていた。 戦後、花菱アチャコとの共演で復活する『お父さんはお人好し』は、子供の頃にラジオで聴いて憶えている。 関西弁なので、『日曜娯楽版』や『二十の扉』『話の泉』、三遊亭金馬や円歌や歌笑、春風亭柳橋の落語ほど、楽しみにして熱心に聴いたわけではなかったが…。 当時は、ラジオしかなかったのだ。

 月曜日、午後8時からの放送で、『お父さんはお人好し』は1954(昭和29)年に始まり、その前1952(昭和27)年に始まった『アチャコ青春手帖』で浪花千栄子の復活があったのだそうだ。 1954(昭和29)年、私は小学6年生だ。 長沖一(ながおき まこと)作、というのも憶えている。 朝ドラでは長澤誠、生瀬勝久が演じた。 『お父さんはお人好し』が五男七女の12人の子供で思い出したのだが、当時アメリカ映画に『1ダースなら安くなる』(ウォルター・ラング監督作品、1950年)という子供が12人いる時間動作研究、能率向上エンジニアの愉快な映画があった。 長沖一は、影響を受けたのだろうか。 『おちょやん』のタイトルロールに、資料協力で館直志事務所というのが出ていたが、館直志(たてなおし)という名もラジオで作者として記憶にある。 館直志は、すなわち二代目渋谷天外、ドラマで天海一平、二代目天海天海(成田凌)である。

 成田凌、老け役などもこなして、好演だった。 竹井千代の杉咲花は、童顔のせいもあって年取らず、東京出身で関西弁には苦労したのだろう、台詞が聞き取りづらいところがあった。 千代の子供時代と、姪で養女になる春子をやった毎田暖乃(のの)は、子供時代が強烈すぎて、後は印象が薄いように思ったが、演じ分けがすごいという演出家の評も見た。 千代の父、テルヲのトータス松本、始終街でダメ親父と文句を言われたという損な役だったが、それだけ演技が真に迫っていたと、自ら慰めるほかないだろう。