近所を歩き、暮らしと自然が一体の自分の『地図』を育む2022/05/28 07:11

 昨日紹介した朝日新聞夕刊の記事で、岸由二さんが、身近な地形や生態系などの自然から発想する「流域思考」は、災害の危険から命を守るために大地から積み上げた知恵だとして、こう語っていた。

 「豪雨による災害は雨量と地形によって起きる。短時間に強い雨が降ればどんな土地でも土砂災害の危険が高まり、上流で激しい雨が降れば雨が降っていない下流でも川の水位が増す。気象情報は自宅周辺の具体的な危険までは教えてくれない。行政の地域区分や既成の地図に頼るだけでは生き残れない」

 「求められているのは文明も自然の一部として自然と共生するような持続可能な都市づくりで、それを支えるのが流域思考です」

 「気候変動の危機に適応するためにも近所を歩き、自分なりの『地図』を育んで、一人一人の暮らしと自然が一体になった新しい哲学に高めていってほしい」

 この哲学、どこか、俳句作法に近いような感じがした。

地形知り、豪雨から身を守る「流域思考」2022/05/27 07:02

 5月16日に、5月8日の三田あるこう会で、町田薬師池公園周辺を散策したことを書いて、「鶴見川に沿って歩き、最後の坂を上がって農家料理「高宮」にたどり着いた時には、相当へろへろになっていた。」と書き、(鶴見川については、流域を研究している岸由二慶應義塾大学教授の話を聴いて、「流域」からの豪雨水害防災・減災<小人閑居日記 2012. 11. 22.>を書いていた。)と付記した。

 その岸由二(ゆうじ)さんが現在、われわれが歩いた東京都町田市の鶴見川「源流域」にお住まいだということがわかった。 2021年9月29日の朝日新聞夕刊の、「地形知り、豪雨から身を守る「流域思考」 岸由二・慶応大名誉教授が新刊」という記事を切り抜いて、持っていたからだった。

 気候変動で豪雨が増える時代を見据え、災害から身を守るために自分が暮らす「流域」をよく知る必要があると説く岸由二さんは、2021年夏、『生きのびるための流域思考』(ちくまプリマー新書)を出版した。 2013年の『「流域地図の作り方」』、2016年の『「奇跡の自然」の守りかた』(柳瀬博一さんとの共著)に続く「三部作」だ。

 1冊目では近所の川を源流から河口まで歩き、水が集まる大地の連なりを体感しながら自分なりの地図をつくろうと子どもたちに呼びかけた。 2冊目の共著は、そうした流域の豊かな生態系を丸ごと保全した小網代の森を紹介した。 3冊目は、すべての活動の原点である故郷・鶴見川の水防災の話を書いた。 岸由二さんは、横浜市の鶴見川河口の町で子ども時代を過ごし、ひたすら川で遊び、戦後の鶴見川の氾濫はすべて自宅で体験したという。

 東日本大震災の翌年の2012年秋に日吉キャンパス公開講座「日本ってなんだろう―東北の魅力再発見」で、岸由二経済学部教授の「流域で考える・東日本大震災からの復興」を聴いた。 そして、こう書いていた。

「全ての土地は、雨水を集める小さな川、それが集まって出来る大きな川の「流域」にある。 「流域」とは、降った雨が川に集まる大地の広がり=洪水や自然生態系の単位だ。 日本は「流域」の国だ。 暮しも、防災も、環境保全も、「流域」で工夫する必要がある。 小網代の森は浦の川の「流域」だし、ここ日吉は鶴見川の「流域」だ。 NPO法人鶴見川流域ネットワーキングという活動を続けてきた。 かつて鶴見川下流は水害の常襲地帯だった。 1980年から国を中心とした総合的な治水対策が実施された。 丘陵地を開発しない、源流に保水の森を保全、下流は川幅を広げる河川改修、4,300の調節池に300万トンを貯留(慶應日吉も200トンの水、ビオトープに)、新横浜に巨大な多目的遊水地(スポーツ公園、港北ニュータウン開発)。 それによって、1982年以降、水害はない。 行政と市民団体のつながりが大事だ。 「流域」思考が、川を、都市を、地球を再生する。」

山本みなみさん「政子こそ鎌倉幕府の礎」2022/05/26 08:05

 最近『史伝 北条政子』(NHK出版)という本を出したという山本みなみさん(中世史研究者)は、朝日新聞のコラム「鎌倉からの史(ふみ)」で、政子こそ鎌倉幕府の礎という。 嫉妬深く、冷酷な悪女とされているが、同時代の史料を検討すると、主体的で思慮深く、有能な政治家政子が浮かび上がるのだそうだ。

 源氏将軍の断絶と承久の乱という幕府存続の危機を乗り越えた人物こそ政子だとする。 三代将軍実朝の暗殺後、皇子の下向交渉は難航したが、九条家から幼い男子を迎え、政子が実質的な鎌倉殿となることで、幕府の基礎が揺らぐことはなかった。 承久の乱の際も、頼朝の恩を説いて勝利に導いた。

 政子の遺志を継いだのは北条義時の子の泰時である。 昨日書いた「伊賀氏の変」(1224(貞応3)年)、政子は北条政村の執権就任を画策する伊賀氏の動きを封じ、泰時の就任を見届けて亡くなった。 最初の武家法「御成敗式目」を制定するなど、泰時が大政治家だったことは確かだが、泰時政権への道を開く上でも重要な役割を果たした。

 山本みなみさんは、政子の死後、式目制定や幕府の最高政務機関である評定衆の設置などが進んだのも、偶然ではなく、政子が偉大な存在であっただけに余人をもって代え難く、法で整備する方向へ進んだのである、とする。 類まれな政治力を発揮した政子は、幕府体制にまでも影響を及ぼしたというのだ。

実質的に将軍の力を持った北条政子2022/05/25 07:06

 『鎌倉殿サミット2022』は、頼朝の死後、何があったか、の問題に移る。 二代頼家は、18歳で将軍になったが、土地紛争の調停などはいい加減で、蹴鞠にうつつをぬかし、母政子に叱責された。 政治は13人の合議制でなされたといわれる。 源家、頼家は23歳で死に、三代実朝は28歳で暗殺された。

 1203(建仁3)年北条時政は、頼家が病に倒れると、頼家の嫡男一幡(いちまん)と(娘が乳母だった)頼家の弟実朝のうち、実朝を後継に決めた。 頼家は時政討伐を目論むが、政子は頼家を修善寺に幽閉、時政、義時は一幡を邸もろとも焼死させる。 頼家は翌年、謎の死を遂げる。 三代実朝は12歳で将軍となり、その執権に義時が立つ。

 実朝は、後鳥羽天皇と良好な関係で、右大臣の官職に就いた。 実朝は、1219(承久元)年鶴岡八幡宮での右大臣拝賀の儀式のとき、千人の武士が従っていたのに、頼家の息子公暁(くぎょう)に殺された。 直前、太刀持ち(護衛担当)の義時は、体調不良を理由に引き返した。 公暁は、数時間後、討ち取られ、真相は闇に葬られた。 義時は、実権を握る。

 佐伯智広さんは、『吾妻鏡』の空白の三年間は、頼家の跡継ぎ隠蔽のため、一幡は頼朝と政子の初孫で、跡継ぎの跡継ぎ。

 野村育世さんは、政子の時代、女性の地位が高かった、実質的に将軍の力を持っている。 四代政子。 13人の宿老はいたが…。 政子は、源氏側か、北条側か。 坂井孝一さんは、「源家の家長」。 源を殺す。

 本郷和人さんは、「伊賀氏の変」(1224(貞応3)年)、義時の死後、後妻の伊賀局が娘婿を将軍に擁立しようと図ったが、政子によって流罪にされた。 井上章一さん、「極道の妻」と。 後家として実権を持つ。

 長村祥知さんによって80年ぶりに発見され、高野山霊宝館に納められた承久の乱の「承久記絵巻」。 1219(承久元)年、内裏の焼失による増税を鎌倉幕府が断り、義時追討令が出される。 1221(承久3)年、政子が立ち上がり、檄を飛ばした結果、1万の軍勢が、後鳥羽上皇側1千7百に圧勝する。 後鳥羽上皇は、隠岐へ流罪。 唯一、武士が勝った、武士中心の戦い。 三上皇を流罪にし、幕府の朝廷に対する優位が確立した、日本史上の画期。

鎌倉幕府の成立年代に諸説2022/05/24 07:09

 『鎌倉殿サミット2022』、「頼朝の死」の問題、「暗殺説」。 (1)朝廷による暗殺、(2)北条氏による暗殺が考えられる。 頼朝暗殺未遂事件があった、曽我兄弟仇討事件として知られるもの。 1193(建久4)年源頼朝が催した富士の巻狩で、曾我祐成・時致(ときむね)兄弟が父の仇工藤祐経を討った後、弟の時致が頼朝の御前めがけて走ったという。 坂井孝一さんは、鎌倉幕府のひずみ、御家人の不満が蓄積していた、という。

 1180(治承4)年の頼朝の挙兵は、坂東の武士たちが土地争いを続けていて、そのリーダーを求めたもの。 1185(文治元)年、頼朝は南関東を支配、平家を倒して、守護地頭を任命する権限を朝廷に認めさせた。 守護は治安維持、地頭は税の徴収。 1189(文治5)年、奥州合戦が終ると、武功による所領拡大のチャンスがなくなる。 1190(建久元)年、頼朝上洛、後白河法皇から権大納言、右近衛大将に任じられる。 武家の頭領として認められる。

 鎌倉幕府の成立年代に諸説ある。 従来は頼朝が征夷大将軍に任じられた1192(建久3)年、最近の教科書は守護地頭を任命する権限を朝廷に認めさせた1185(文治元)年。 近藤成一東大名誉教授は、1180(治承4)年、頼朝が挙兵し、山木兼隆屋敷を急襲し、4か月後に鎌倉入りを果たした、「東国国家論」。 佐伯智広帝京大准教授は、1190(建久元)年、頼朝が上洛し、後白河法皇に謁見し、右近衛大将に任じられた、「権門体制論」。 権門とは、公家、寺社、それに武家が加わった。 治天の君、天皇の下に、権門(公家、寺社、武家)の体制。

 「東国国家論」の近藤成一さんは、自由で開かれた関東。 東大、日大の学者は、関東の独立性。 「権門体制論」は京都大学など関西、井上章一さんは「学説が地場産業だ」。 野村育世さんは、早稲田で、公家の身分制度から自由なら、烏帽子を取るべき、と。 井上章一さん、俺たちだけが親衛隊というのが、西方の見方。 頼朝は後白河法皇を「日の本一の大天狗」と言った。 近藤成一さんは、「NHKは『鎌倉殿の13人』で、朝廷から認められた「鎌倉殿」を認めるんだ」と。