頼朝の死、「落馬説」「怨霊説」2022/05/23 07:08

 『鎌倉殿サミット2022』、井上章一国際日本文化研究センター所長が、600年続く武家政権を開いた源頼朝の政権を、「広域暴力団 関東源組」と形容したのが、愉快だった。 爆笑問題の二人を舞台回しに、出演者は、他に野村育世女子美術大学附属高校中学教諭(北条政子の専門家)、坂井孝一創価大学教授(『鎌倉殿の13人』の時代考証担当)、近藤成一東大名誉教授・放送大学教授、本郷和人東大史料編纂所教授、佐伯智広帝京大准教授、長村祥知富山大学講師。

 最初に問題にされるのが、「頼朝の死」の真相。 源頼朝は、1199(正治元)年に51歳で死んだ。 編年体で書かれてきた『吾妻鏡』に、1198(建久9)年12月2日に頼朝は重臣の稲毛重成(妻は北条政子の妹)が相模川に架けた橋の落成披露に出かけ、その帰路に落馬したという記述があった後、三年間の巻が欠落している。 13年目に、落馬して病気になって死んだ、という記述がようやく出る。

 まず、よく言われる「落馬説」。 佐伯智広さんは、落馬+飲水重病(糖尿病だろう)。 長村祥知さんは、死の直前、出家した、と。

 つづいて「怨霊説」。 「異類異形の者現れ、雷の音に馬が驚き落馬」。 祟りそうなのは、(1)滅ぼされた平家、入水した安徳天皇。 (2)粛清された源氏。 叔父の源義広(1184年)、源行家(1186年)、木曾義仲(1184年)、義経(1189年自刃)、範頼(1193年)。 南北朝時代に成立した『保暦間記(ほうりゃくかんき)』は怨霊説。 野村育世さんは、頼朝が繊細な精神の持主なので、ありかも、絶えず女性問題もあった、と。 『盛長私記』(側近安達盛長の日記)は怨霊説だが、ニセモノ(佐伯智広さん)。 近藤成一さんは、怨霊説に賛成、土地開発が済み、所領配分の問題はなくなっていた。 井上章一さんは、一族の者を信用できなかったが、鶴岡八幡宮や永福寺など、怨霊対策はばっちりだった。

 『吾妻鏡』が三年間欠落しているのは、ふつう北条氏が編纂した(「北条本」)ので都合の悪い部分を隠したと言われるが、『吾妻鏡』は徳川家康が集めたもの(所持本に、黒田長政から贈られた北条氏直旧蔵本を合わせて1605(慶長10)年に出版した)。 その三年間は、頼朝の朝廷工作の時期で、1194年大姫の後鳥羽天皇への入内工作、1195年天皇の周りの貴族に砂金を贈っている。 新井白石は、家康が『吾妻鏡』を集めた段階で、頼朝好きの家康が頼朝のイメージダウンになる箇所を捨てさせたと書いている(本郷和人さん)。

 『吾妻鏡』は、承久の乱(1221年)後に編纂された。 承久の乱は、北条義時の鎌倉幕府と朝廷の全面戦争、幕府側が勝利し朝廷とのパワーバランスが変わった。 『吾妻鏡』、鎌倉幕府9代の内、源氏3代とのちの3代の6代しかない。

 「暗殺説」は、また明日。

『鎌倉殿の13人』は誰で、年齢は?2022/05/22 08:10

 NHKが正月2日に放送した『鎌倉殿サミット2022』を、再放送で見たら、とても面白かった。 『鎌倉殿の13人』がだいぶ進んできて、いろいろなことがある程度わかってきたからだろう。

 『鎌倉殿の13人』を見ていて、13人とは誰かと思う。 番組ホームページの相関図を見て、現在までにわかっているのは、北条時政(坂東彌十郎)、北条義時(小栗旬)、安達盛長(野添義弘)、比企能員(佐藤二朗)、三浦義澄(佐藤B作)、和田義盛(横田栄司)、梶原景時(中村獅童)、三善康信(小林隆)、大江広元(栗原英雄)の9人で、あと4人だ。 『鎌倉殿サミット2022』で「13人の合議制」があったかどうか、という話になって、その4人が足立遠元、二階堂行政、八田知家、中原親能と判った。 これからドラマに出てくるのだろうか。

 『鎌倉殿サミット2022』に、北条義時だけが37歳と若い、年齢の入った一覧表が流れた。 北条義時は1163(長寛元)年に生まれて1224(元仁元)年に死んだから、37歳というのは、源頼朝が51歳で死んで源頼家が二代将軍になった1199(正治元)年だろう。

 北条時政(62)、北条義時(37)、安達盛長(65)、比企能員(55)、三浦義澄(73)、和田義盛(53)、梶原景時(60)、三善康信(60)、大江広元(52)、 足立遠元(70)、二階堂行政(60)、八田知家(58)、中原親能(57)。 義時以外、皆、「人生五十年」を超えた老人たちである。

義経が次第に、窮地に追い込まれる2022/05/21 07:39

 『鎌倉殿の13人』、5月15日の第19回「果たせぬ凱旋」。 義経は鎌倉に凱旋したいのだ。 後白河法皇は、義経を京都から離れられない検非違使に任命して手元に置き、頼朝と義経の間を裂いて、鎌倉の権力が大きくなるのを防ごうとしている。 頼朝は、法皇と義経が結びつくことに不安を募らせる。 後白河法皇に義経を土佐守に任命して検非違使を解任してもらうように図るが、法皇は土佐守と検非違使を兼任させてしまう。 義経がだんだん、窮地に立たされていく。

 三谷幸喜の脚色らしいのは、(一)義朝のしゃれこうべを、文覚が持参して、追悼の法要に義経を呼ぶ案が出て、義時が喜ぶ件。 (二)義経に、頼朝との仲立ちを頼まれた後白河法皇が、毬をわきの下に挟んで、脈を無くす。「真似しないように」と、長澤まさみのナレーション。 (三)義経の正妻である比企の娘の里(三浦透子)と静(石橋静河)が、直接対決し、義経は二人で話し合ってくれと席を外す。

 鎌倉時代の歴史に疎いので、知らなかったこともあった。 ドラマでは、頼朝の命令で京都守護職として上洛した時政と義時が、「日の本一の大天狗」後白河法皇に頼朝追討の宣旨を出したことをなじり、「都と西国を治めとうございます、国ごとに地頭を置き、米と兵を集めること」を交渉に行った、鎌倉・室町時代の「地頭・守護」の起源。 頼朝は文治元(1185)年、行家・義経を捕らえる名目で、勅許を得て、各地の荘園・公領に「地頭」職を置いた。 御家人が任命され、荘園・公領内の税の徴収権、警察・刑事裁判権を持ち、次第に在地領主として成長した。 承久の乱以前に任命されたものを本補地頭、以後のものを新補地頭という。 「守護」職は、大番(おおばん)の催促(御家人を京都大番役につかせる割り当て、召集、引率勤番などの業務)、治安維持、謀反人・殺害人の追捕などに当たらせたもの。 もとは国司の公事、地頭の所務などに干渉することを禁じられていたが、権力拡張の結果、次第に任国を領国化していった。

 土佐房昌敏(とさのぼうしょうしゅん)が、文治元(1185)年10月17日、六条室町、堀河の邸に義経を急襲したこと。 土佐房昌敏は、その前年8月範頼にしたがって西国に出陣し豊後国に渡海していた。 里の手引きというのは、三谷幸喜の脚色だろうが…。 頼朝の命を受け、義経殺害のため83騎を率いて上洛、義経を急襲したが失敗、鞍馬山に逃れて捕らえられ、10月26日六条河原で梟首された。

色川大吉さん、北村透谷研究から「五日市憲法草案」を発掘2022/05/17 07:05

 北村透谷で思い出したのだが、2014年に前年の10月に皇后さま(現、上皇后さま)が誕生日会見で「五日市憲法草案」に言及されたことに関連して、下記を書いていた。

皇后さまと「五日市憲法草案」<小人閑居日記 2014.6.3.>
明治14年、日本の曲り角<小人閑居日記 2014.6.4.>
なぜ多摩の五日市で憲法草案ができたか<小人閑居日記 2014.7.12.>
五日市青年グループの学習法<小人閑居日記 2014.7.13.>
「民権意識の世界文化遺産」<小人閑居日記 2014.7.14.>
起草者、千葉卓三郎を追って<小人閑居日記 2014.7.15.>
「五日市憲法草案」、どんなものか<小人閑居日記 2014.7.16.>

 その中で、「なぜ多摩の五日市で憲法草案ができたか」に書いていた、北村透谷に関する部分を下記に引いておく。 「五日市憲法草案」は、昭和43(1968)年五日市(現、あきる野市)の深沢家の土蔵で、色川大吉東京経済大学教授らによって発見された。 色川大吉さんは、北村透谷の研究から三多摩地方の研究に入り、この地方の自由民権運動を深く探究することになったのだった。

 色川大吉さんは、明治の文学者で思想家の北村透谷(1868~1894)を研究していた。 北村透谷は十代後半、八王子を中心に、川口、鶴川から小田原にかけてのあたりを放浪して、その思想形成期にいろいろな体験をしている。 その体験をよく理解しないと、北村透谷の本当の意味がわからないらしいというところから、三多摩地方の研究に入ったという。

 調査を進めるうちに、透谷とは無関係の人で、しかも非常に興味のある人間が、沢山いるということがわかってきた。 その10年ぐらいで、名簿の上で300人ほどが、浮かんできた。 武士ではなく、一般の農民、商人、当時の言葉で豪農、豪商といわれる、やや生活に余裕のある人々だ。 ただ仕事ばかりしているのでなく、その余暇に色々学問したり、青年に教えたり、あるいは遊芸の道を修めるというような趣味人、文人であった。 そうすると、たとえば南多摩郡だけでも、日本全体に紹介しても非常に面白い、ある意味で時代の特徴をよく示していると思われる人物の名前が十数人上がってきた。 たとえば北の方では、武蔵五日市の周辺に五日市グループとでもいうような青年グループがあった。 いわば本当の意味での明治人、幕末に生れ、明治の時代に教養を身につけた、そして日本の近代国家が出来上がる頃に、自分も一人前になるというような青年のグループが、五日市にまず発見されたのだ。

密着400日、小栗旬、仕事の流儀2022/05/11 07:00

 5月3日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』「小栗旬スペシャル」を見た。 和田侑平ディレクターの密着400日。 小栗旬、39歳。 答えがないと思っている、流儀なんか一つもない、と。 もともと、心配性、小さい。 内気な少年が、学芸会で芝居をしたら、喜んでもらい、快感を味わった。 なぜ大河ドラマの主役を受けたか。 人間力が試される現場、大きくなるだろう。 毎週見るドラマとして、面白ければ、勝ち。 いつか有名になりたいと思っていた。 それに近いところにいる。 若い時は、勢いと雰囲気でやってきた。 芝居がヘタ、年々芝居が難しくなっている、表現という作業が頭打ちになっていると思っている。

 大河が決まって、北杜市のクラブで乗馬、自宅の近くに建てた稽古場で殺陣、毎日100回素振り、日本舞踊を稽古している。 ジムで、ハンマーを振るって、肉体改造、節制。 ディレクターの第一印象は、ストイックな男。

 2021年5月28日、伊豆の国市、北条義時夫妻の墓へ。 役者は、もの、場所、時にすがる。 6月9日、『鎌倉殿の13人』1年4か月間の撮影、クランクイン。 小栗旬は、メイクのスタッフを始め、スタッフやキャストの顔と名前を覚える。 家族のようなものだから。 本番前はみなマスクをしている。 小栗は、自分のマスクに手書きする。 「ガッキー」、「条北」(北条が反対になった)、「(初)二朗」、(差し入れの)「大泉パンありがとう」など。 頼朝の大泉洋は、そのマスクを見て笑い、「気分が入らない」と言う。 これは、小栗旬なりのコミュニケーション。 本来は「人見知り」だというが、楽屋にはほとんどいないで、だれか出演者に声をかけている。 伊豆の武士、仁田忠常役の初出演、ティモンディ高岸宏行に、レギュラー番組何本あるの、とか。 演技は、リラックスしているところから始まる。

 7月8日、伊豆の国市、明日第1話の収録なのだが、和田ディレクターが妻の出産で、立ち会うか、密着継続か、悩んでいる。 家族か、仕事か、小栗も一生悩む、と。 そんな会話中、夫人の山田優から電話があり、絶対帰ってあげて下さいと言って、と。 密着取材は、うちのマネージャーが撮るから。 7月9日、ディレクターは出産に立ち会った。 雨の中の撮影、小栗は自撮りもしていた。

  年内撮り続けても、番組成立しないよ。 『プロフェッショナル 仕事の流儀』、トーーン! で終わり。 乱暴な奴に(勝新太郎さんのような)憧れるけれど、本当は何もない。 この仕事が好きで、しがみついている。

 7月10日、密着取材再開。 小栗は、腹筋400回を日課にしている。 両足に重りをつけて、武士の歩き方を身につける。 20年来の仲間、和田義盛役の横田栄司は言う。 小栗旬は、手を付かずに、座ったり、立ったりする、なかなかできることじゃない。

 稽古ではフェースシールドをしている八重の新垣結衣に、頼朝は会えないと伝える場面、珍しく演出の吉田照幸に言い方を尋ねる。 どのように言えば、受けやすいか、相手のことを、周りのことを、いつも考えている。 自分より、誰かに、エネルギーを使いたい人なんだろう、と聞くと…。 それがエンターテインメントだ、と。 人が喜んだり、面白がったりするのが、好き。 自分を見つけてくれた最初のマネージャー、細川美由紀さんの期待に応えられない内に、がんで死なれてしまった。 「GTO」の後、「ごくせん」などでブレーク。

 8月31日、兄宗時の死を覚る場面の撮影で、(密着が気になったか)取材中断。 1か月半後、再開。 肉薄した部分、髄に触れたいと迫ると、30歳をすぎてキリキリすることがなくなった、と。 演じることで、誰かの人生の一ページになる。 そのために俺たちの人生の数ページを削る。 恩返し、今までここに連れてきてくれた人たち、支えてくれている人たち、いっしょに作品をつくっている人たちへの、恩返しだ。