曽我兄弟の仇討ち、実は頼朝暗殺未遂事件2022/06/23 07:00

 『鎌倉殿の13人』、6月12日の第23回は「狩りと獲物」。  梶原景時が、曽我兄弟の仇討ちと共に謀叛御家人の頼朝暗殺の動きがあり、その裏に時政がいると、義時に伝える。 義時は、異母弟・五郎北条時連(瀬戸康史)に席を外させ、時政にそれを伝える。

 富士の巻狩りは、頼朝の嫡男万寿(金子大地)の披露目で、義時の愛息・金剛(坂口健太郎)も参加。 万寿は、狩りがうまくいかず、金剛はうまい。 前に頼朝が色気を見せたので、政子が義時の後妻にと話し、この巻狩りで義時に付いてきた比企尼の孫、比奈(堀田真由)の所に、頼朝が忍ぼうとするのが、事件の発端として描かれる。 その後、比奈は義時に、義時の側にいて、見守っているだけでいい、と言う。

 曾我十郎・五郎は、父の仇工藤祐経を討ち、五郎は頼朝を狙って走り、見張りの畠山重忠と戦う。 五郎は頼朝の影武者を殺して、捕らえられる。 頼朝は五郎を尋問、父の仇工藤祐経を討ったことを褒めた上で、大事な巻狩りで騒ぎを起こしたとして斬殺にする。 五郎は、頼朝を狙ったのだと叫ぶ。 頼朝暗殺の一報に、鎌倉では蒲殿源範頼が鎌倉殿の座につこうとする。 大江広元は慎重にと、中原親能は積極的。 源範頼、遠江国蒲御厨(現、浜松市)に生れ育ったので、蒲冠者(かばのかじゃ)、蒲殿と呼ばれる。 ついでに、大姫の許婚で消された、木曾の義仲の長男源義高が、冠者殿(かじゃどの)と呼ばれるのは、清水冠者(志水冠者)と号した(『吾妻鏡』)からだそうだ。

 頼朝、義時に、時政は曾我五郎の烏帽子親だったな、このたびのことに北条が関わっていないと信じてよいか、と確認する。 よかろう、二度とわしのそばを離れるな、それはわしのためでもあるが、お前のためでもある。 義時は、かしこまりました、と。

『鎌倉殿の13人』拙稿一覧2022/06/22 06:46

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を見て、今まで書いたことを一覧表にしておく。

『鎌倉殿の13人』平相国、木簡、佐殿、武衛<小人閑居日記 2022.3.9.>
坂東の武士結集、「いざ、鎌倉」へ<小人閑居日記 2022.3.10.>
富士川の合戦、平家敗走の真因?(笑)<小人閑居日記 2022.3.11.>
源頼朝、武家の都「鎌倉」をひらく<小人閑居日記 2022.3.12.>
安産祈願の若宮大路、貴種が頼り<小人閑居日記 2022.3.13.>
奥州合戦と永福寺建立、「建築政治」<小人閑居日記 2022.3.14.>
鎌倉「山側のまちづくりの歴史」<小人閑居日記 2022.3.15.>
鎌倉「海側のまちづくりの歴史」<小人閑居日記 2022.3.16.>
難攻不落の鎌倉、ついに滅亡<小人閑居日記 2022.3.17.>
『鎌倉殿の13人』の光と影<小人閑居日記 2022.3.25.>
「後妻打ち(うわなりうち)」<小人閑居日記 2022.4.7.>
「幼なじみの想い」ついに、めでたし<小人閑居日記 2022.4.8.>
『歴史探偵』源義経「鵯越の逆落し」の真実<小人閑居日記 2022.5.8.>
脚本家・三谷幸喜のドラマづくり<小人閑居日記 2022.5.9.>
表情が険しくなった北条義時<小人閑居日記 2022.5.10.>
密着400日、小栗旬、仕事の流儀<小人閑居日記 2022.5.11.>
義経が次第に、窮地に追い込まれる<小人閑居日記 2022.5.21.>
『鎌倉殿の13人』は誰で、年齢は?<小人閑居日記 2022.5.22.>
頼朝の死、「落馬説」「怨霊説」<小人閑居日記 2022.5.23.>
鎌倉幕府の成立年代に諸説<小人閑居日記 2022.5.24.>
実質的に将軍の力を持った北条政子<小人閑居日記 2022.5.25.>
山本みなみさん「政子こそ鎌倉幕府の礎」<小人閑居日記 2022.5.26.>

自由民権の町田が東京へ<等々力短信 第1156号 2022(令和4).6.25.>2022/06/13 06:52

 「等々力短信」の前身、はがき通信「広尾短信」の創刊間もない第10号(1975(昭和50)年5月25日)に、こう書いていた。 「水道をひねって、ふと思うことがある。先人は便利なものを考え、よく作っておいてくれたものだ、と。▽前回美濃部さんが大量得票したというので、石原さんが選挙戦の初日に中央線に乗って出かけた三多摩は八王子も三鷹も明治前半まで神奈川県だったことを知る人は少ない▽勝海舟門下で長男小鹿の米国留学につきそって渡米し、経済学を修め、外交官を経て、日銀総裁、東京府知事を務めた富田鉄之助という人物がいた。明治24年からの富田の府知事時代、多摩川は上流の三多摩が神奈川県に属し、水道として使っている東京府では上流の管理の悪さからチフスやコレラが流行したりしていた。今でも縄張り問題は大ごとだが、富田は抜身を下げた相模の壮士にねらわれたりして、命をかけて三多摩の東京府併合に成功し、東京の水源を確保した。このことを『忘れられた元日銀総裁富田鉄之助伝』という本を書いた吉野俊彦さんの話で知った。」

 5月8日三田あるこう会で、東京都町田市の薬師池周辺を散策し、町田が自由民権運動の地だったことを知った。 中心人物は野津田生まれの石阪昌孝(天保12(1841)年~明治40(1907)年)で、地域の教育運動を組織し、自由民権運動の先頭に立った。 「ぼたん・しゃくやくまつり」の最終日だったぼたん園内に石阪昌孝屋敷跡の「民権の森」があり、「自由民権の碑」があった。 色川大吉さんが「五日市憲法」を発掘するきっかけになった北村透谷は、多感な青年時代に自由民権運動に参加し、25歳4か月の短い生涯での文学活動の原点には、自由民権運動への参加と離脱体験、多摩の人々との交流、石阪昌孝の長女石阪美那との恋愛があったという。 五日市(現、あきる野市)はかつて三多摩の西多摩郡、町田は南多摩郡に属していた。

 6月11日の『ブラタモリ』#205「東京・町田は、なぜ神奈川県町田と間違われるのか?」は、町田市が地図でも神奈川県に食い込み、バスはほぼ神奈川中央交通、インターチェンジは「横浜町田」、街には横浜銀行、図書館の郷土の棚に「神奈川県」、地質的にも神奈川県の石「トーナル岩」が出る、太閤検地で境川が国境となり、犯人は豊臣秀吉などと、やっていた。 そして最後に、石阪昌孝が登場した。 ぼたん園内の屋敷跡へ行き、自由民権運動に一生をささげた石阪が財産を使い果たし、柿の木一本しか残らなかったと。 安全な玉川上水の水を確保したい東京府の、三多摩併合問題が起きた。神奈川県知事の内海忠勝は中央集権の考えで、石阪昌孝らの盛んな自由民権運動の民衆の考えが目障り、多摩川と離れた南多摩郡まで東京へ追い出した、と。

エリザベス女王「プラチナ・ジュビリー」中継を見て2022/06/08 07:09

 イギリスのエリザベス女王の即位70周年を祝う行事「プラチナ・ジュビリー」、2日の近衛兵らのパレードとトゥルーピング・ザ・カラー(軍旗敬礼分列式)、バッキンガム宮殿バルコニーお出ましの中継をNHKのBSプレミアムで見た。 ニュースウォッチ9のキャスターだった有馬嘉男欧州総局副局長が司会をしていた。 最近のオリンピックの開・閉会式の中継でも感じるのだが、この中継、事前の準備が悪く、行進の順番や誰が参加しているのかなど、説明が行き届かない感じがした。

 96歳のエリザベス女王、騎乗や馬車でのパレード参加はなさらなかったが、お元気だ。 解説していた君塚直隆関東学院大学教授が、有馬さんも私も生まれていなかったと言ったのは、エリザベス女王の何十周年の祝賀行事だったか。 私もつくづく年取ったと感じたものだが、1953(昭和28)年6月2日、ウェストミンスター寺院でのエリザベス女王25歳の戴冠式の実況中継をNHKラジオで聴いた。 アナウンサーは、街頭録音や二十の扉をやっていた藤倉修一さんだった。

 上皇さまが、皇太子時代に昭和天皇の名代として、この戴冠式に参列された。 その皇太子外遊は、3月から10月まで欧米両大陸14か国に及んだ。 小泉信三さんは随員ではなかったが、5月から10月までとみ夫人とともに外遊し、途中しばしば同行している。 吉田茂首相の勧めにより、「殿下御帰りの際、その御教育参与者が戦後の西洋を知らなくてはお役を辱しめるだらう」(谷村豊太郎宛書簡)との考えにもとづくものだった。 帰国翌日の小泉信三さんに、吉田茂首相は、「殿下到る処御態度御立派にて何よりも難有、唯々感涙の外無之、之れ一に貴下其他の御補導の結果と存、心より御礼申上候」と、書簡で労をねぎらった。(『生誕120年記念 小泉信三展図録』)

山本みなみさん「政子こそ鎌倉幕府の礎」2022/05/26 08:05

 最近『史伝 北条政子』(NHK出版)という本を出したという山本みなみさん(中世史研究者)は、朝日新聞のコラム「鎌倉からの史(ふみ)」で、政子こそ鎌倉幕府の礎という。 嫉妬深く、冷酷な悪女とされているが、同時代の史料を検討すると、主体的で思慮深く、有能な政治家政子が浮かび上がるのだそうだ。

 源氏将軍の断絶と承久の乱という幕府存続の危機を乗り越えた人物こそ政子だとする。 三代将軍実朝の暗殺後、皇子の下向交渉は難航したが、九条家から幼い男子を迎え、政子が実質的な鎌倉殿となることで、幕府の基礎が揺らぐことはなかった。 承久の乱の際も、頼朝の恩を説いて勝利に導いた。

 政子の遺志を継いだのは北条義時の子の泰時である。 昨日書いた「伊賀氏の変」(1224(貞応3)年)、政子は北条政村の執権就任を画策する伊賀氏の動きを封じ、泰時の就任を見届けて亡くなった。 最初の武家法「御成敗式目」を制定するなど、泰時が大政治家だったことは確かだが、泰時政権への道を開く上でも重要な役割を果たした。

 山本みなみさんは、政子の死後、式目制定や幕府の最高政務機関である評定衆の設置などが進んだのも、偶然ではなく、政子が偉大な存在であっただけに余人をもって代え難く、法で整備する方向へ進んだのである、とする。 類まれな政治力を発揮した政子は、幕府体制にまでも影響を及ぼしたというのだ。