アーティゾン美術館に初めて行く2022/04/01 06:58

アーティゾン美術館近く「さくら通り」の桜

 ブリヂストン美術館がアーティゾン美術館となって、2020年1月18日に開館していたのに、ちょうどコロナ禍に重なったのと、日時指定予約制が面倒なのもあって、なかなか行けなかった。 「はじまりから、いま。1952-2022 アーティゾン美術館の軌跡―古代美術、印象派、そして現代へ」という展覧会が、4月10日までだというので、3月29日10時からの枠を予約し、ローソンでチケットを入手して出かけた。

 ブリヂストン美術館には、いろいろ思い出がある。 今回も展示されているルオーの≪ピエロ≫と会うためだけに、何度か来たこともある。 ベルナール・ビュッフェに魅せられたのも、ここだったかと思ったが、入口に並んでいた美術館の軌跡のポスターの初期にはなく、ビュッフェ展が2000年のところにあって気づいた。 まだ京橋の、並びにあった国立近代美術館、1963(昭和38)年の「ビュッフェ展:その芸術の全貌」だったことを、「35年目にビュフェ美術館を見る」<小人閑居日記 2009.6.17.>に書いていた。 近年では、ブリヂストン美術館に関係しているゼミの仲間に案内されて、今回Section2「新地平への旅journey to a New Horizon」のメインに並んでいるザオ・ウーキー展を観たのが印象深い。 アーティゾン美術館の「アーティゾン」は、ArtとHorizonからの造語だそうだ。

 この展覧会の予約時間、10時から11時30分の間に入場すれば、あとは制限なしにずっといてもいい。 じっくり観るとすれば、何時間でもいられる内容の濃さである。 しかし、くたびれるから、おのずと適当な時間を過ごすことになる。 私はルオーの≪ピエロ≫のほか、藤島武二≪東洋振り≫≪屋島よりの遠望≫、浅井忠≪グレーの洗濯場≫、松本竣介≪運河風景≫、ルノワール≪カーニュのテラス≫≪すわるジョルジョット・シャルパンティエ嬢≫などが、好みだった。 ここの所蔵するブランクーシの彫刻≪接吻≫も好きなのだが、なぜかこの作品だけ3月27日までの展示だった。

上野リチのデザイン・ファンタジー2022/03/31 07:01

 「上野リチ : ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」展、膨大な量の作品が展示されている。 よくこれだけ残っていたものだと感心した。 上野リチのデザイン世界の全貌を展観する世界初の回顧展として、リチの大規模コレクションを所蔵するウィーン、ニューヨーク、そして京都から作品が集結したのだそうだ。

 近年は何に対しても、どういう局面でも、「かわいい」という言葉を使うけれど、リチのデザインは一口に言って「かわいい」のだ。 花や鳥といった身近な動植物の形や動きをよく観察し、線と色で置き換えて生み出される、軽やかで、自由な、色調豊かなデサインは、リズミカルで、明るくて、何とも楽しい。 建物や人物、ピエロといった素材も、同じように料理されている。 壁紙、プリント服地、スカーフ、ハンカチ、屏風、七宝飾箱、キャンデーボックス、マッチ箱、煙草入れから、ボタン、竹のトング、スキー用手袋まである。

 上野伊三郎との協働で、住宅や店舗デザインにも携わった。 錦天満宮近くにあった飲食店「スターバー」は、伊三郎の設計によるシンプルでモダンな外観と、リチらしい優美な店内装飾の対比が鮮やかで、ニューヨーク近代美術館で紹介されるなど国際的にも注目を集めたそうだ。 私の記憶に残っているのは、日比谷の日生劇場のレストラン「アクトレス」100坪の装飾天井壁画だ。 日生劇場を設計した村野藤吾の依頼で手掛け、リチの仕事の集大成といわれる。 レストランが1995(平成7)年に改装された際、廃棄されることなく、リチが教鞭を取っていた京都市立芸術大学に保存されたそうだ。
100年前に来日した女性デザイナーのファンタジーな世界 – Visit Chiyoda (visit-chiyoda.com) で画像を見ることができる。

 ここまで書いて、下記を書いていたのを、見つけた。
「上野伊三郎+リチ」のウィーン<小人閑居日記 2009. 5.12.>
「上野伊三郎+リチ」の京都と工芸<小人閑居日記 2009. 5.13.>
日生劇場のレストラン「アクトレス」<小人閑居日記 2009. 5.22.>

リチ・リックスと上野伊三郎2022/03/30 07:10

 三菱一号館美術館で「上野リチ : ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」展(5月15日まで)を見た。 3月21日に、岩崎邸を設計したジョサイア・コンドルが育てた曽禰達蔵を「慶應義塾旧図書館や三菱一号館の」と書いたが、「三菱一号館」はジョサイア・コンドルの設計、愛弟子の曽禰達蔵を現場主任とする三菱社内の「丸の内建築所」の直営で施工され、明治27(1894)年6月30日に竣工したのだそうだ。 高度成長期の昭和43(1968)年に解体されたが、歴史的建造物復元の一つとして、三菱地所、竹中工務店によって復元され、平成22(2010)年4月に美術館として開館した。

 リチ・リックスは「三菱一号館」竣工の一年前、1893(明治26)年ウィーンでユダヤ系の裕福でリベラルな事業家の家庭に長女として生まれた。 幼い頃から芸術的素養を育み、ウィーン工芸学校でデザインを学んだ。 1917(大正6)年に24歳で卒業すると、同校教授でもあった建築家ヨーゼフ・ホフマンの招きで、ウィーン工房に参加する。 英国のアーツ・アンド・クラフト運動を手本に応用芸術の刷新を図ったこの工房で、テキスタイル・陶器・ガラス・七宝図案など幅広いジャンルに、独自のスタイルを確立した新作を発表してゆく。 パリ万国博覧会にも出品・受賞するなどし、とりわけプリント図案は「リックス文様」と呼ばれ高い評価を得た。

上野伊三郎は、1892(明治25)年に京都で、祖父は宮大工、父・伊助は上野工務店を経営する家に生まれた。 早稲田大学建築学科で学び、1922(大正11)年卒業。 ドイツのシャルロッテンブルク工科大学、オーストリアのウィーン大学へ留学し、1924(大正13)年ヨーゼフ・ホフマンのウィーン工房に入所する。 ここで所員の工芸家リチ・リックスと出会い、1925(大正14)年に結婚する。 伊三郎は33歳、リチは32歳だった。

伊三郎はその年帰国、1926(大正15)年京都で上野建築事務所を開設、リチ夫人は同年来日し、事務所の美術工芸部主任となった。 1927(昭和2)年インターナショナル建築会を結成、機関誌『インターナショナル建築』を刊行、モダニズムの普及に努める。 ナチスの迫害を逃れ1933(昭和8)年5月3日来日したドイツの建築家ブルーノ・タウトを敦賀港に迎え、翌日タウトの誕生日に桂離宮を案内した。 その後も修学院離宮や比叡山延暦寺、伊勢神宮などに案内、講演の通訳を務めた。 仙台と高崎で工芸の指導をし、1936(昭和11)年1月に離日、トルコへ向かったタウトの紹介で、伊三郎は高崎の群馬県工芸研究所所長に就任、1939(昭和14)年まで務める。(子供の頃、中延の家にブルーノ・タウトの『日本美の再発見』があり、その名を憶えた。)  戦後は、夫妻で京都市立美術大学の教授を務め、1963(昭和38)年夫妻でインターナショナルデザイン研究所(後にインターナショナル美術専門学校、京都インターアクト美術学校)を設立した。

リチ夫人は1967(昭和42)年、伊三郎は1972(昭和47)年に亡くなった。

三万円の負債、神戸の青年資産家池長孟2022/02/16 06:21

 だが大正5年、月給35円、家計の逼迫はもはや激烈で、高利でも貸してくれるところからは借り、ついに書物と標本まで債権者に持っていかれる羽目に陥った。 壽衛に訊くと、たぶん三万円近いと言う。 断腸の思いで標本十万点を外国に売ろうとしたら、噂を聞いた東京朝日新聞の渡辺忠吾記者が記事にし、大阪朝日も記事にした。 すると大阪朝日に、日立製作所を設立した鉱山王、久原財閥の房之助と、京都帝大法科の学生で、養父の資産を引き継いだ池長孟(はじめ)から電話があった。 池長は標本を買い取り、牧野先生に寄贈すると言っているという。

 12月末、大阪朝日新聞で「天声人語」を担当している如是閑、長谷川萬次郎が仲立ちになり、「池長孟は、牧野富太郎の十万点の植物標本を三万円で買い取り、それを牧野富太郎に寄贈する。ただし、標本は神戸に搬送の上、会下山(えげやま)の正元館にて保管、植物研究所を設立する。池長孟は牧野家へ月々若干の援助を行なう。牧野富太郎は毎月一回は神戸に足を運び、研究を行なう」という契約が結ばれた。

 池長孟は三万円の負債の整理をしてくれ、富太郎は、夢中になって神戸に通い続けた。 しかし、標本の整理と植物研究所の設立は、なかなか進まなかった。 池長孟は標本を京都帝大に委ねようと言い出し、大正11年になっても研究所の運営と標本の行先は膠着したままだった。

 昭和15年、富太郎は研究の集大成である『牧野日本植物図鑑』を北隆館から刊行、池長孟は自らの南蛮美術コレクションを展示公開する「池長美術館」を完成させた。 富太郎は美術館を訪ねて祝いを述べ、池長も出版を祝ってくれたのである。 そんなこともあり、昭和16年になって、膨大な数の標本と書籍はどこにも譲渡や売却されることなく、富太郎の許に返ってくることになった。

 それで思い出したのだが、昨年12月25日BSプレミアム『名品の来歴』「聖フランシスコ・ザビエル像」で、池長孟の名を知った。 旅人(案内役)は、『鎌倉殿の13人』で北条政子の妹実衣を演じている宮澤エマ。 大正9(1920)年、旧高山右近領だった大阪茨木の小さな集落、近くにクルス山のある千提寺地区の東藤次郎宅に近所の青年僧藤井大超が再三通い、300年間秘蔵されていた櫃(ひつ)の中から、この「聖フランシスコ・ザビエル像」を、「マリア十五玄義図」などとともに発見した。 昭和10(1935)年「瓦屋のぼん」と呼ばれた神戸の資産家、池長孟が南蛮美術館設立のため、今の5千万円で購入し、後に1951(昭和26)年神戸市立博物館の所蔵(重要文化財)となった。 なお池長孟の子、潤(74歳)はカトリック大阪大司教だそうだ。

宣伝絵画の嚆矢―伝単「北京夢枕」2021/12/20 07:07

 飯沢匡さんの『武器としての笑い』「宣伝絵画の嚆矢―伝単「北京夢枕」の効果」も、見ておきたい。 福沢の漫画の重視に続いて、特筆大書したいのは、宣伝としての絵画だという。 日清の間が険悪になり、朝鮮の京城(ソウル)で国際的な駆け引きが火花を散らしている時に、福沢は国際宣伝の必要を感じていた。 慶應義塾出身者を数名、現地に派遣して情報の蒐集につとめ、その時々に適切な論文を『時事新報』に発表して政府の外交を援助していた。

 明治17(1884)年6月、ベトナムをめぐって清仏両軍が衝突し、それが8月には清仏戦争にまで発展した。 フランス艦隊は、福建省の福州湾で、清国の南洋艦隊を撃沈し、台湾へ陸戦部隊を上陸させた。 福沢は、その時、錦絵を考えて、甥の今泉秀太郎(一瓢)に漫画デビュー作となる「北京夢枕」を描かせた。 明治17年9月5日に検閲当局に届け出たことが画面に刻まれている。 (私は『時事新報』に掲載されたのかと思っていたが、一枚の錦絵として日本橋通一丁目大倉孫兵衛の出版。) 12月9日の甲申事変直前のアジア情勢である。

 『福澤全集』第20巻にある「京城変乱始末」という、当時は検閲の結果、出版不許可になった文書(公表は福沢没後)の中に、この錦絵の果たした使命が、こう書かれている。 「九月中旬、日本より便船あり。其齎(もたら)す新聞に拠れば、支那は国内に宣布して仏と戦う由を告げたりと。又『北京夢枕』と題する錦絵及び時事新報が記載せし各国政府が支那を分領する図など到着せり。此時に朝鮮上下の騒動一と方ならず……」

 『福澤全集』第20巻にカラー折り込みになっている「北京夢枕」の絵を見よう。 画面中央に一人の中国の大官が毛氈の上に寝そべって阿片を吸引している。 口元から大きな煙が立ち上っているが、法螺貝の形で、つまり大法螺を吹くということだろう。 背景に城市の望楼のように見えるのは実は漢籍で、中華思想の根源たる四書五経、儒教を現わしているのだろう。 老大国が阿片の夢を見ている足元では、豆粒大の兵隊がうごめいている。 左の上部に4人の西洋人の顔が描かれている。 署名は「六鉄峯」、即ち「無鉄砲」のもじりで、福沢の戯作根性から出た悪戯であろう。

 絵の上に書かれた文章は、下世話な口語体だ。(『福澤手帖』第119号(2003年12月)、日朝秀宜さんの「「北京夢枕」始末」によると、今泉秀太郎著『一瓢雑話』(1901(明治34)年9月)に「此画に記入されてある文言は、福沢先生の戯作でありますが、之を一読すれば、当時の事情を、充分に洞察する事が出来ませう。」とあるそうだ。)

「何んだか仏頂面して来る〝べい〟とか噂をして居たが本当に来たかな。かかとの辺りが少し、あったかになったようだ。まづ頭の用心が大事だ」と中国の大官。 かかとでフランス兵が大きな〝もぐさ〟を据え大団扇で煽いでいる。 当時起こった、福州湾での仏海軍との戦争を現わしている。

 「うちうちの争(いさか)いは内の事だ。こんな時は東西の大事。東とあらば、〝どいつ〟でもしろしめろ。」

 「足のさきにきゃつらが来るべいなら我も見ては居られぬぞ。底で背中の力をこすいで、そろそろ根を〝おろしや〟。何時か、ものになるだろう」と、ロシア。

 「よせというのに聴かずに、はじめたからには、今に見ろ。困るだろう。その時に頼みに来てもあかん米(べい)だぞ」はアメリカ。

 「魚心あれば水心あり。都合の〝えい〟(英)ときには何方(どっちゃ)へでも出掛けて一杯にするわい」。これはイギリス。

 「こいつあ、面白え。大男総身に知恵がまわりかね。から生体はなしさ。そのくせ、また煙のような法螺ァ吹いて居あがらァ。足でも臀(しり)でも打欠(ぶっかい)て取れ取れ」

 列強も、まるでやくざ調だが、足でも臀(しり)でもぶっかいて取られていて、なお大国意識を持ち続けたのが当時の中国だった。 福沢は、欧米列強の植民地化という現実の大きな流れを前に、近代化への改革に着手せず、また朝鮮をめぐって日本との対立を続ける清国の存在が歯がゆく、苛立って感じていた。 「畢竟支那人が其国の広大なるを自負して他を蔑視し、且(かつ)数千年来、陰陽五行の妄説に惑溺して事物の真理原則を求るの鍵を放擲したるの罪なり」と極論した。

 なお、「京城変乱始末」の「時事新報が記載せし各国政府が支那を分領する図」は、北沢楽天の『時事新報』入社第一作だそうだ。