呼び出し背中のカニカマ「スギヨ」、七尾市で被災2024/01/25 07:00

大相撲の呼び出しは、着物に裁付袴(たっつけばかま)で、着物の背中には、「紀文」「なとり」「スギヨ」「シーチキン」「救心」などスポンサーの名前が入っている。 水産加工品の会社が多いのは、なぜだろうか。 古くは大相撲と魚河岸の関係などからきているのか。 「なとり」は、おつまみ各種を埼玉の工場で生産している東京都北区の会社。 「スギヨ」は、カニカマなどの水産加工品を製造・販売し、本社や3工場が石川県七尾市にあり、従業員750名。 能登半島地震で被災した。

「スギヨ」は、1907(明治40)年七尾市作事町で杉野屋与作が練物屋の「杉与商店」を創業、ちくわの製造・販売を開始した。 主力商品のカニカマは、1972(昭和47)年、人工クラゲの開発の過程で、その失敗作がカニの風味に似ていることから誕生した。 「かに風味かまぼこ」である「珍味かまぼこ・かにあし」として、初めはフレーク状で製造・販売を開始する。 後に現在の棒状にし、最近は「香り箱」が主力。 1952(昭和27)年に販売を開始した「ビタミンちくわ」の元祖でもあり、長野県のソウルフードとなっている。 地元北陸での販売量は3割程度で、7割は主に長野県で消費されているという。 1986(昭和62)年には、米国ワシントン州アナコルテス市にスギヨUSAを設立した。

 杉野哲也社長は17日、朝日新聞の取材に、こう答えている。 七尾市内の3工場が被災、天井や壁が崩れたり、機械が倒れたりして、現在も操業を停止している。 工場を動かすことが、地域経済の活力になる。 「カニカマ」系から進めて、早いものは2月中に生産を再開したい。 「ビタミンちくわ」は、数か月遅れる見込み。 国や県に被災企業向けの支援の具体化を急ぐよう求める。 「事業者がいなくなれば、奥能登から人がいなくなる」と、危機感を強調した。

咸臨丸の勝海舟と福沢諭吉、目的の違い2024/01/16 07:00

 「修身要領」は、信用のおける弟子たちが、福沢のいい言葉を選んだ。 ご飯を食べることから細かく、家庭をうまくやることを書き、2歳の子供の頭にも入った。 その原因、因縁は、咸臨丸渡米から始まっている。 もっとも、福沢の実証的発想は、子供の時に神様の祠で試した頃からあったのだけれど。

 咸臨丸には、勝海舟と福沢諭吉、二人の重要な人物が乗っていた。 勝海舟は、幕府、日本を背負っていて、日本も世界に認められる国にという意図を持つ、政治家だった。 海軍をつくり、意地で遣米使節にむりやり咸臨丸で付いて行った。 途中、小舟を出して、小笠原の父島に上陸しようとした。 小笠原は、太平洋の要衝で、列強、特にアメリカが狙っていた。 幕府のミッションで、様子を見、日本人がいた印を残そうと、嵐の中、上陸しようとして、止められた。 勝海舟は、船酔いで艦長として役に立たなかったが、国のために情報を得ようと、ナショナルな目的の行動を一つだけやろうとした。

 一方、福沢は、好奇心でアメリカに行かなきゃあと、自分のために咸臨丸に乗った。 蒸気機関などは本で知っている、本に出ていないことを身につけたい、と。 家庭生活、男と女の暮らし方、生活が大事で、肩書じゃない、幅の広さを見た。 議会では、一般の人が権利として議論をしている。 気品のある、ジェントルな、フリーダム。 品位、気品、キャラクター、天地に誓ってやましいことのない気風、格、自分の力で生きている文明の生活を見た。 人々が、男女が、対等に付き合っていることに気が付いた。 日本では、政治家が妾を囲っている、文明国じゃない。 お金の使い方も、袖の下を使ったりし、地位を持って威張る。 中国を例として、自由な学問ができない、固定していて変化ができない。 福沢は、忠孝をやめようと考えた。

 「修身要領」の普及のため、弟子たちが手弁当で地方を遊説して回った。 慶應的キャラクター、品位、気品を、地方のいろいろな所、幼稚園にまで伝えようとして、教育における成果を実感した。

 荒俣宏さんは、勝手なことをしゃべったが、慶應義塾には発言によって卒業証書をはく奪された者がいないと聞いて安心したと、講演を締めくくった。

福沢家代表挨拶、今年は福沢博之さんという方で、玄孫(やしゃご)と、福沢の子孫は合計602名、現在8代目世代までいるそうだ。 福沢の精神は、親からよりも慶應で自然に学んだ。 水球をやったが、下級生の時は、ひたすら与えられた練習をしたことが役立ち、先輩やコーチから長所を生かすこと、延ばすことを指導された。 それを自分なりに考えて、チームの力にしたのが、独立自尊の精神かと思うと話した。

「修身要領」と「教育勅語」2024/01/15 07:00

 慶應義塾には、福沢の言ったことが残っている。 自立、自分で働いて、暮らす。 留学させてもらって入婿になった桃介は、自由に発言して、大金を儲けようという奴は慶應に来ないと言ったが、自分は投資で大儲け、寝ていて稼ぐのは嫌な福沢に怒られた。 家庭の福沢が面白い。 家族を非常に大事にする、「修身要領」の29条を見るとわかる。(古本屋で見つけたという「修身要領」の掛軸を披露) (29条「吾党の男女」は「修身要領」を「服膺(ふくよう)」するだけでなく、「広く之を社会一般に及ぼし、天下万衆と共に相率いて最大幸福の域に進む」ことを期待する。) 先ほど塾長も触れられた21条には、文芸、芸術、娯楽の類いが、生きる上で重要で、そういうことにお金を使うことが、心や品位をアップして、人生の幸せを導くと言っている。

 福沢の教えは、一般の人にはわかりやすい、説得力がある。 本来、「塾」というそういうことを、暮らしを教えるところだった。 こういうのは、政府からは嫌がられる。 東京大学は、学位を与え、証書を出す、博士を作る、厳しい試験制度を始める。 私学のいいところがなくなる。 そうじゃない教育、福沢は義塾、「塾」を残したのがすごい。 明治30年代、教育が役所のシステムに入って、証明書を出す。 「塾」的私学をつぶそう、慶應をつぶせ、というのに、福沢は抵抗し、憎い敵「教育勅語」(明治23(1890)年10月30日発布)に反対した。 制度的に、私学はやりにくくなった。 くやしいけれど、「教育勅語」はうまくできすぎている。 福沢の『学問のすゝめ』をみんな読んでいたから、皇室も読んだろう。

 明治30年代、日本は西洋化している。 本では駄目、要領、標語で覚えさせる。 (福沢は晩年、日清戦争後の思想界の混迷、条約改正による内地雑居という新しい事態に対して、「現時の社会に適する」修身処世の綱領を作成することを提唱、福沢の高弟たちが編纂に当り、明治33(1900)年2月1日に独立自尊の「修身要領」29条が完成した。) 自然を大切に、博愛、共存の世界、戦争をやることは仕方がない、家族を守るためには、等々。 大講堂では、アインシュタインが講演するなど、慶應は新しい学問の入口になっていた。

 「教育勅語」の原本を見たが、原稿用紙で二枚、9割は「修身要領」と同じことが書いてある。 しかも短い、標語の形だ。 明治天皇の言葉、キャッチーなキャッチワード。 実は国粋的ではない。 福沢は、やられたと思った。 一番いけないこと、恐ろしいことは、二つ。 親に孝、国に忠。 永遠のキーワード。 井上毅(こわし)の起草、頭にすっと入る、やわらかい言葉、小学生でも理解できる。

                                     (つづく)

「金がない」福沢、暮らしの隅々まで関心2024/01/14 07:39

 記念講演は、作家の荒俣宏さんの「わが『福澤伝』を語る」だった。 荒俣宏さんは、『福翁夢中伝』上下巻を、12月に早川書房から出版した。 1970(昭和45)年法学部卒、日魯漁業に10年勤務、サラリーマン時代に出した『帝都物語』が500万部の大ヒット、以後、ジャンルを超えた執筆活動を続け、著書は300冊ある。

 荒俣さんは、女性の司会者に「荒俣宏君」と呼ばれ、「荒俣宏君とは、俺のことかと思った」、団塊の世代(1947(昭和22)年生れ)も長老になった、と始めた。 早川書房の社長に、福沢諭吉を小説的に書いてくれと頼まれ、4年かかってやった。 今日、慶應義塾に来て、福沢の考え方が残っているなあ、と感じた。 誕生記念会と名刺交換会がくっついている。 福沢を読むと、「金がない」というのが、何度も出て来る。 学校を、一人で作ったんだから、無理もない。 しかも洋学だから、攘夷の連中に殺されるという時に、生徒を集めて、飲み食いもさせて。 それも脱サラで、子供を十何人も育てるようなものだ。 福沢式経済学は、「金がない主義」、経済に生かす。 アルバイトで、翻訳家、作家になる。 自分も、大学3年の時、アルバイトで早川書房に雇われて、SFの翻訳をしたのが始まりで、福沢さんと同じようになった。

 福沢は、本屋の株に入って、福沢屋諭吉、本屋になった。 本屋は、作者を生かさず殺さずで、金を取るのは技術者、板を彫ったり、デザイナー、本を売る人。 作家じゃ食えないので、本屋になる。

 塾では先生にお辞儀をしなくてもいい、目礼すればいい。 理由が偉い、忙しい世の中だ、時間の節約になる。

 福沢は、消費組合(共済組合)も作った。 寄宿舎、アパートをつくった。 生活の場、大きな洗濯場があり、赤ちゃんのおしめが干してある。 つまり、生活の段階からスタートしている。 まず、食わなければならない。 暮らしの隅々まで関心を持っていた。 平田彩奈惠(獨協大学?)の国学の研究によると、昔は、町の人に教えるのに絵で図解して教え、弟子の若いのは2歳からいて、身体で吸収する、お母さんの役割を果たしたという。 福沢も、そういうことをやっている。 生活の立ちゆくことが、世の中を独立自尊の世にする。 現在の、ヒントになる。 小銭をこそこそ貯めて、貯金をする。 一般の日本人の暮らし方、貯蓄(個人資産)の多いのを世界の人は驚く、特にアメリカ人は…。                          (つづく)

降伏した庄内、西郷隆盛の寛大な処置2024/01/12 07:10

 9月、新政府軍の拠点、秋田中央部の刈和野で、一進一退の攻防になった。 庄内軍は、新政府軍の増援に苦戦している折、9月11日酒井玄蕃が病気になり立ち上がれなくなった。 それでも輿に乗って進軍し、16日勝利した。 だが、12日には会津藩が降伏し、庄内藩主酒井忠篤(ただずみ)は降伏を表明した。 領地に攻め込まれる前に、戦いを終えようとしたのだ。

 9月25日、謝罪降伏か徹底抗戦かを協議する会議が開かれ、26日謝罪降伏に決定した。 酒井玄蕃も、藩主に従う。

 黒田清隆、西郷隆盛が鶴ヶ岡城に入城したが、処分は意外にも寛大なものだった。 藩主は自宅謹慎、誰の命も奪われず、刀を差しての外出も許された。 城下でも、新政府軍による略奪などなく、領民は通常の生活をしていた。 この措置を指示したのが西郷で、「士が兜を脱いで降伏した以上は、後のことは何も心配はいらぬ」とした。 会津は28万石が、斗南3万石に、という過酷な処分だったが、庄内は17万石が、12万石に。 転封も取りやめになった。 これは本間家と領民たち、庄屋たちの反対運動があり、本間家が5万両を新政府に献金したことで、方針転換となった。

 庄内の人々はこの寛大な措置に感謝していて、酒田市には西郷隆盛を祀る南洲神社がある。 荘内南洲会理事長、小野寺良信さんは語る。 庄内藩士3千名が失職し、どう生きたらよいかと、数次にわたり西郷のところへ留学生を送り、助言をもらった。 それで出来たのが、松ヶ岡開墾場で、明治5年刀を鍬に持ち替え、荒地を開墾、2年後311ヘクタールの桑畑とし、養蚕業を興し、日本有数の絹の産地となり、明治の日本経済を支えた。 大正15年12月、50周年記念の松ヶ岡開墾場綱領に、「徳義を本とし、産業を興して、国家に報じ、以て天下に模範たらんとす」とある、ここに賊軍という汚名を晴らした。

 酒井玄蕃は、明治政府の軍人となり、清国へ渡航、地理気候を始め軍事の探索を続け、清国と戦争になった場合の戦略を練った。 報告書に「戦ふの難きにあらず、戦に至るの難きなり」と、戦いを避けるべきとした。 明治9(1876)年肺病のため33歳で亡くなった。

 佐藤賢一さん…西郷は当初戊辰戦争に関わらず、最後の局面で乗り込んでいる。古い武士だった。

 森田健司さん…西郷は伝説的な庄内の名を残してくれた。転封の指令は2回出ている。1回目は明治元年12月25日、ちょうど鳥羽伏見の戦いの一年後だ。

 磯田道史さん…玄蕃の先生は家康。家康が小牧長久手でやったのと同じことをやった。清国調査のリアリズムは、徳川武士の奥深さだ。

 私は、酒井玄蕃が活躍する佐藤賢一さんの小説『遺訓』に関連して、いろいろ書いていた。
佐藤賢一さんの小説『遺訓』と鶴岡<小人閑居日記 2016.2.23.>
西郷隆盛の「征韓論」は「遣韓論」だった<小人閑居日記 2016.2.24.>
西郷と庄内を警戒する大久保利通<小人閑居日記 2016.2.25.>
福沢諭吉と西郷隆盛<小人閑居日記 2016.2.26.>
西南戦争への福沢の運動と、言論の自由<小人閑居日記 2016.2.27.>
『丁丑公論』と日本国民抵抗の精神<小人閑居日記 2016.2.28.>
福沢の西郷銅像建設趣意書<小人閑居日記 2016.2.29.>
『現代語訳 福澤諭吉 幕末・維新論集』<小人閑居日記 2016.3.1.>
『福澤諭吉事典』の『丁丑公論』<小人閑居日記 2016.3.2.>
佐藤賢一さんの『遺訓』は『新徴組』の続編<小人閑居日記 2018.1.12.>