前田祐吉監督を語るシンポジウム2022/07/02 06:53

そこで、前田祐吉野球殿堂入記念「今、Enjoy Baseballを語る」シンポジウム。 出席者は、清澤忠彦(元投手、住友金属元監督、高校野球元審判員)、上田誠(慶應高校野球部元監督)、堀井哲也(慶應義塾大学野球部監督)、前田大介(前田祐吉元監督次男)、上田まりえ(スポーツキャスター、元日本テレビアナウンサー)で、司会を古葉隆明(東京国際大学専任講師)と都倉武之(慶應義塾福澤研究センター准教授)が務めた。

前田祐吉監督の思い出。 清澤忠彦さんは前田監督1期目、歳もそれほど離れていない、試合当日まで知らせない投手の起用法には疑問があるようだった(清澤さんの早慶六連戦の思い出を、「慶應、法政の三浦投手に「ノーヒットワンラン」」<小人閑居日記 2021.4.18.>に書いた)。 前田監督は、高校野球が嫌い。

堀井哲也監督は、前田監督2期目、新年のミーティングで、2年~4年生80名ほど、レギュラーの1番から8番までポジションを発表、7番センター堀井、その8名だけ残れ、2か月間見て課題を与える、と。 厳しい人、背筋が伸びて、凍った。 前田イズムは、(1)全力でやれ、(2)相手のことを考えるチームプレー、(3)自分で工夫。 監督になって、知らず知らず、それを求めている。

上田誠さんは、前田監督には、慶應高校監督になるのやアメリカ野球留学などに大変お世話になったが、高校の試合でスクイズで10点目を取りコールド勝したのを叱られた、野球には初回からバントしないなど、アンリトンルールがあると。

古葉隆明さんは、古葉竹識広島カープ監督の息子さんだそうだが、前田監督は、技術指導はしない、自分で工夫して練習せよ、と。 父、竹識と同じ。

前田大介さん、家族としては「エンジョイ・ファミリー」ではなかった。 年取ってからの子で、勉強に厳しく、英語の原書を渡された、発明狂で晩年に二冊の本を出したが、一冊は発明の本で、遠赤外線の効果とか言っていた。 先月、母が亡くなったが、愛妻家だった。

都倉武之さんは、アメリカ的な野球、堀井哲也さんが大学3年の時、アメリカ遠征、手紙二通で学生30人連れてアメリカへ行った。 牧野直隆高野連会長に対し「弱いから行くんだ」の情熱で、沢山の支援を受けて、ロスの地へ、UCLAのアダムスヘッドコーチの指導を受け、その後の慶應野球の歴史を変えた。 慶應野球部は、現在も3年に一度アメリカ遠征している。

前田祐吉監督の「野球はもっともっと楽しいもの」2022/07/01 06:56

 「慶應野球と近代日本」開催記念のシンポジウムは、前田祐吉野球殿堂入記念「今、Enjoy Baseballを語る」だった。 前田祐吉さんについては、私も都倉武之さんの話を聴いて、「慶應野球と福沢諭吉<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>」で、少し触れていた。 前田祐吉さんは、1960(昭和35)年に29歳で慶應義塾大学野球部監督に就任、同年秋に早慶六連戦を戦った(その年、私は大学に進み、いつもグラウンドで紳士的な前田監督の姿を見ていた)。 1965(昭和40)年までの第1期に、リーグ優勝3回。 1982(昭和57)年、前年東大に勝ち点を許して最下位になったチームの立て直しのため、51歳で第2期監督に就任、4年目の1985(昭和60)年秋、チーム二度目の10勝無敗完全優勝を果たし、ストッキングに二本目の白線が入った。 1993(平成5)年までの12年間に、5回リーグ優勝している。

 配られた資料の中に、前田祐吉さんが第2期監督時代の1990(平成2)年3月に書き、“Baseball Clinic”1990年4月号(ベースボール・マガジン社)に掲載された、「野球はもっともっと楽しいもの」のコピーがあった。 見出しだけ拾うと、「武士の土壌に根を下ろした異質ベースボール=「野球」」、「戦争で持ち込まれた多くの不条理が、今も根強く残る」、「挨拶は心で交わすもの、不自然なお辞儀に抵抗を感じる」、「髪形は個人の判断で。坊主頭は強制されるべきではない」、「一本勝負の勝ち抜き戦が、消極的な野球を生み出している」、「最近目立ってきた個人記録への行き過ぎたこだわり」、「無意味な大声はりあげるより、まず身体を動かせ」。

 前田祐吉さんは、こう書いている。 「好きな競技を選んで、自ら工夫を凝らしながら、自発的に努力することを楽しむのが、スポーツ本来の姿。」 「日本でしか理解されない偏狭な精神主義や、時代遅れの野球観を改めて、元来野球が持っている爽快さ、明るさ、楽しさを取り戻したいと願うのは見当違いであろうか。」 「野球はチームプレーであると信ずる。」

ベースボールのルーツを求めて2022/06/30 08:09

 佐山和夫さんの講演「野球どこから、どうして」、さらに野球の源流へとさかのぼる。 フランスに「ラ・シュール」という、隣り村とのゲーム、すべてのボールゲームの母親があった。 イースターの日に、豚の膀胱でつくったボールを奪い合う。 何をしてもいい、棒で打ってもいいので、死傷者が出るほど危険なものだった。 これがイギリスに渡り、「ストリート・フットボール」となっていく。

 その支流に、いろいろなものがある。 イギリスで「ラウンダーズ」という女性のゲームがあり、短いバットで打つ。 14世紀には、女性ばかりの「ストゥール・ボール」、「ストゥール」は背もたれのない椅子の意、ボールをラケットで打ち、空振りをして椅子の座面を立てた板に当たるとアウトだった。 1620年、清教徒が上陸したアメリカ・プリマスの、プリマス・ファウンデーションでは当時の服装をしてやる、「ストゥール・ボール」が残っている。 イギリスのクリケットは、男でもやれる「ストゥール・ボール」のゲームとして行われたので、「ストゥール・ボール」はクリケットの姉にあたり、野球の母の母の弟ということになる。

 オックスフォード『スポーツゲーム事典』に、「ラウンダーズ」のルーツとして「トラップ・ボール」が載っている。 千年以上プレーされ、「トラップ」は仕掛けの意、ボールを乗せたテコのような仕掛けを叩くと、ボールが飛び上がるので、それを打つ。 パブの裏庭で遊んだ。 叩くのは、肩の力への信仰、石の文化だ。 野球、ベースボールの腰の力とは違う。 仕掛けが、木から鉄になり、切れ込みのある棒で、磁器の玉を打つ「ビレット(?)」というゲームがイギリスの北の方に残っている。

 「ラウンダーズ」、「ストゥール・ボール」、「トラップ・ボール」などが、全部アメリカへ行って、ベースボールになった。 佐山和夫さんが、この研究に各地を訪ね歩いたのは20年ほど前だというが、沢山の写真や絵、柔らかいボールや大きなボール、いろいろな道具も収集したり、自分で作ったりしたのを、次から次へと出して見せ、ボールなどは回覧もしてくれて、その探究の情熱がよく伝わった。

ベースボールの誕生、佐山和夫さんの講演2022/06/29 07:02

 6月25日、福澤諭吉記念慶應義塾史展示館春季企画展「慶應野球と近代日本」開催記念の講演会・シンポジウムを聴きに、三田キャンパスの南校舎ホールへ行った。 まず佐山和夫さんの「野球どこから、どうして」と題する講演があった。 佐山和夫さんは、1936(昭和11)年生まれの85歳、和歌山県立田辺高校から、慶應義塾大学文学部英文科を1959(昭和34)年に卒業、創立百年の「100年三田会」というから、亡兄と同期だが、とてもお元気だった(私は「105年三田会」)。 ノンフィクション作家として野球関係の数々の著作があり、2021年野球殿堂(特別表彰部門)入りを果たし、選抜高校野球大会の21世紀枠創設は佐山さんの言葉がヒントになったという。

 野球の源流についての話だった。 支流は沢山あり、諸説ある。 アメリカの各地に、古式野球、ビンテージ野球があった。 絵を見ると、キャッチャーがずっと後ろに座り、南北戦争の軍服がユニフォーム、オハイオ州コロンバスでは、打者は短いラインをまたいで打つ、ファールラインがなく、打てばみなフェア、審判は横に立って見守っていて、「ストライク」は、「打て」というコールだった。 ルールは、それぞれの町に、いろいろとあった。 町民が集会所に集まって、町の行政についてみんなが意見を出す「タウン・ミーティング」が開かれていたが、その日に初めての人でもやれるゲーム、「タウンボール」が行われていた。 柔らかいボールで、たいていセーフになるが、ぶつければアウトなので、ホームに還えるのは難しい。 タウン・ミーティングの精神で、ルールもみんなの意見を出して決め、公平、平等、民主主義の原型の精神が、そのままゲームに移っていた。

 ニューヨーク、マンハッタンの4番と5番の間、マレーヒルのマディソン・スクエア・パーク(8番のガーデンではない)がベースボール発生の地といわれる。 アレクサンダー・カートライトという捕鯨のファミリーの男が、消防団を創設し、臨機応変に、活発に動ける組織にするために、「ニッカーボッカーズ」というチームをつくり、マレーヒルで「タウンボール」をするようになった。 カートライトは、1845年に統一ルールをつくる。  ニューヨークは1845年からのアイルランドのポテト飢饉などで、沢山の移民がやって来て、人口が激増した。 「タウンボール」が、マンハッタンからニュージャージー、ブルックリンへと広まった。 後に、ブルックリンで大発展、上手投げ、盗塁、観客、プロ、スター選手が生まれ、巡業も始まることになる。

 1846年6月19日、マンハッタンの対岸、ニュージャージー州ホーボーケンのエリジアン・フィールドで、カートライト率いるニッカーボッカーズ対ニューヨーク・ナインの初の対外試合がおこなわれた。 真面目なゲームで新聞にも載ったが、ニッカーボッカーズは1対23で負けてしまった。 現在の野球の基本となるルールで初めて試合が行われた日ということで、6月19日は「ベースボール記念日」、「ベースボールの日」と呼ばれている。

Pruyn駐日米公使とSeward国務長官の氏名表記2022/06/28 06:58

 小室正紀さんの「『時事新報』経済論を読む」講座、一旦お休みして、『福沢手帖』第193号が届いて、巻頭に大島正太郎さんの「慶応三年遣米使節団の交渉相手Pruyn公使とSeward国務長官の氏名表記について」という論文が出たので、それに触れておく。

 ハリスの後の駐日公使Pruynが、一般に「プリュイン」とか「プリューイン」とか表記されるけれど、『福翁自伝』「再度米国行」で福沢が書いているように「プライン」が正しい。 慶応三年遣米使節団がアメリカで会った国務長官Sewardは、「シューワード」、「スーワード」等と表記され、福沢も「シーワルト」と表記しているけれど、「スワード」が正しいと、大島正太郎さんはいうのである。

 2021年12月4日、福澤諭吉協会の土曜セミナーで、大島正太郎さんの「日米関係事始め~1850年代、60年代の両国関係~」という話を聴き、衝撃を受けた。 大島さんは、元外交官で日本国際問題研究所客員研究員。 私は、日本開国に向けた外交を主導しペリーを日本に派遣した大統領、フィルモアの名前を知らなかった。 また小野友五郎がアメリカと三隻の軍艦購入交渉をし、ハリスの後の駐日公使プラインに80万ドルを渡してあったのに、一隻しか来ていなかったことについての交渉が、使節団の遣米目的だったのだ。

 それで、この日記に下記を書いていた。 そこでは、大島さんのお話通りに、「プライン」公使、「スワード」国務長官と書いていたので、安心した。

ペリーを日本に派遣した大統領<小人閑居日記 2021.12.9.>
慶応3(1867)年、軍艦受取委員の実相<小人閑居日記 2021.12.10.>
南北対立、フィルモアの「1850年の妥協」で安定、日本開国を追及へ<小人閑居日記 2021.12.11.>
日本開国、フィルモア大統領とペリー<小人閑居日記 2021.12.12.>
日米ともに、近代化の「生みの苦しみ」<小人閑居日記 2021.12.13.>