槇文彦さんの2012年7月6日三田演説会2024/07/07 07:40

 6日から8日まで入谷朝顔市だが、2012年7月6日、午前中は朝顔市へ行き、午後は三田の第694回三田演説会で、槇文彦さんの「言語、風景、集い。日本の都市・建築の近代化の中であらわれた特性」を聴いた。 まことに興味深い濃密な講演をなさっていた。 槇文彦さんは今の私の83歳、私は71歳だった。 そのためか詳しく書いていたので、5日間にわたって再録したい。

   入谷朝顔市と槇文彦さんの三田演説会<小人閑居日記 2012.7. 10.>

 6日(金)は朝、入谷の朝顔市に出かけた。 去年は東日本大震災があって開催されず、やむを得ないことだが、寂しい夏になった。 例によって、鬼子母神境内で行灯が竹のものを求める。 佐川急便の伝票を用意して行ったら、今年は佐川の取り扱いがなく、クロネコの若いお兄さん、おネエさんの手をわずらわせる。 下手な字だった。 他人のことは言えないけれど…。

 午後からは、三田の第694回三田演説会へ。 今年は北館ホールで、槇文彦さんの「言語、風景、集い。日本の都市・建築の近代化の中であらわれた特性」。 建築家、槇総合計画事務所代表。 いらっしゃるだろうと思っていたヒルサイドテラスの朝倉健吾さん(同級生)ご夫妻とお会いしたので、一緒に聴く。 槇文彦さんの建築作品は、代官山のヒルサイドテラスを1969年(41歳)第1期から1999年の第6期まで(集合住宅、店舗・オフィス、プラザ、ウエスト)手がけられたのを始め、慶應義塾では図書館新館(1982年)・日吉図書館(1985年)・湘南藤沢キャンパス(SFC)(1990年)、大分県中津では中津市立小幡記念図書館(1993年)・風の丘葬斎場(1997年、村野藤吾賞・BCS賞)、その他、よく目にするものでも幕張メッセ、磯野不動産広尾ビル・三菱東京UFJ銀行広尾支店、青山5丁目の「スパイラル」(「生活とアートの融合」をテーマに活動する複合文化施設)、六本木のテレビ朝日本社ビルなどなど、枚挙にいとまが無いほどある。 一口にくくれば「モダニズム」の建築家といえるだろう。 1928(昭和3年)生れ、83歳、昔の銀行の重役=バンカーのような典型的「上品な老紳士」という方であった。

 槇文彦さんは昭和16(1941)年の慶應義塾幼稚舎卒、2年生まで三田に通い、塾監局のところから東京湾が見えたという。 (6月27日「谷口吉郎設計の幼稚舎本館」に書いたように、幼稚舎は1937(昭和12)年三田から天現寺に移転、新進気鋭谷口吉郎設計の新校舎が槇文彦さんのその後にどんな影響を与えたか、まことに興味深い。) 予科まで慶應にいて、建築学科のある東京大学工学部に入り1952年卒業、1954年ハーバード大学大学院建築修士課程修了。

『福沢手帖』201号に「馬ヵ翁自伝」のようなもの2024/06/27 07:00

 実は6月20日発行の『福沢手帖』201号の特集『福沢手帖』200号記念(2)に、「「人間交際」の恵み、福沢諭吉協会五十年」という一文を書かせていただいた。 特集のトップは座談会「福沢諭吉協会のこれから」であり、特集以外では、金文京さんの[福沢諭吉の漢詩 54]「明治二十八年還暦の詩」、森林貴彦さん(慶應義塾高校野球部監督・幼稚舎教諭)の「全国優勝への転機いくつか」が並んでいる。

 拙稿は、福沢諭吉協会の土曜セミナーでたまたま同じテーブルに座った小室正紀常務理事に、実は昭和48(1973)年11月の第1回土曜セミナーを聴いているという話をしたことから、「協会草創期の思い出」という原稿依頼が来たのだった。 「長生きも芸の内」というけれど、芸はなくても、齢を取っているだけで、そんなことが起こるのだ。 慶應志木高生の時代に、「福沢いかれ派」になった事情から、長く続けている「ひとり新聞」「等々力短信」の読者になってもらった福沢諭吉協会のたくさんの先生方に可愛がっていただいた話を綴った。 電子メールの時代になって、書簡集を編むのが困難だというが、先生方から頂戴したお手紙に、どんなに励まされたことか、計り知れない。 よく知られているように、福沢は最初societyを「人間(じんかん)交際」と訳し、社交やコミュニケーションの大切さを説いた。 福沢諭吉協会の先生方、史蹟見学会やセミナーや講座の「耳学問」から得た数々の恩恵を、表題の「「人間交際」の恵み、福沢諭吉協会五十年」としたのであった。

 たまたま、「等々力短信」に『新編 虚子自伝』(岩波文庫)を読む<等々力短信 第1180号 2024(令和6).6.25.>を書いたところだった。 高浜虚子、74歳と81歳の二つの自伝が、文庫本にまとめられた。 虚子がそれを書いた歳を超えるようになった私が、福沢諭吉協会との関わりや「等々力短信」を続けてきた自分史か遺言、「馬ヵ翁自伝」のようなものを、書かせて頂けたことは、まことに有難かった。

 編集担当の方は、私の文中にあった、昭和39年4月9日にパレスホテルで開かれた福澤諭吉全集完成祝賀会の記念写真を探し出して、『福沢手帖』201号に二枚掲載してくれた。 また、森林貴彦さんの一文には全国優勝した慶應高校チームが大阪玉江橋北詰に立つ福沢諭吉誕生地の碑を囲む写真が掲載されていて、これは高校3年生の私が昭和35年にこの地で開かれた第百二十五回福沢先生誕生記念式典に参加したことにつながっている。 裏表紙は、「明治三十二年六月『福翁自傳 全』時事新報社發行」の表紙写真。

 (「「人間交際」の恵み、福沢諭吉協会五十年」をお読みになりたい方は、馬場までご一報下さい。)

福沢の日清戦争狂詩「李鴻章」と金玉均2024/06/26 06:57

 さて、金文京さんが福沢諭吉協会の季刊誌『福沢手帖』に連載している「福沢諭吉の漢詩」で、金玉均に言及している箇所である。 2022年9月『福沢手帖』第194号の「福沢諭吉の漢詩」49回「日清戦争の狂詩三首――その一「李鴻章」」だ。 明治27年7月に日清戦争がはじまる。 福沢はこの戦争を文明と野蛮の対決と見なして積極的に政府を支持し、個人としては最高額の一万円を寄付するなど、さまざまな支援活動を行なった。

 この時、福沢は清国直隷総督の李鴻章、北洋艦隊提督の丁汝昌および副総督のドイツ人ハイネッケンを揶揄する狂詩三首を作った。 詩は9月22日の『時事新報』に匿名で掲載された。 福沢の「李鴻章」と題する詩は、「黄袍(こうほう)と雀帽(じゃくぼう)を剥奪せらるること頻(しき)りなり。 向寒の砌(みぎり) 御察し申す。 重々の業晒(ごうさらし) 君(きみ)諦め給え、不幸にして長命なるも亦た因縁。」 9月15日に平壌が陥落し、17日には戦局の勝敗を決定した黄海海戦の敗戦があり、李鴻章は責任を問われ、皇帝から頂戴した黄馬掛と三眼花翎を取り上げられたことが伝わっていた。

 金文京さんは、戦争に全面的に肩入れする以上、敵国の総帥を貶めるのは当然だろうが、福沢にはそれ以外にも李鴻章を憎む理由があった、とする。 福沢と親密だった朝鮮の改革派政治家、金玉均が前年の明治27年3月に上海に誘き出され殺害された事件に、李が加担したことを『時事新報』の明治28年3月1日の社説「責、李鴻章にあり」(『全集』15巻)に書いている。 福沢が日清戦争に賛同した第一の理由は、朝鮮の改革を清国が妨害したという点にあった。 金玉均殺害はその象徴的出来事と言えよう、と。

金玉均書の仮名垣魯文墓碑2024/06/25 07:00

 谷中永久寺「猫塚供養碑」の右にある階段を上った墓地内に、仮名垣魯文の墓碑がある。 この墓碑は室町時代の板碑をはめ込んだもので、表に「韓人金玉均書/佛骨庵獨魯草文」(「草文」は「文を草す」)、裏は「遺言本来空/財産無一物」、その下に「俗名假名垣魯文」とある。 金玉均は、福沢諭吉と深い関係があった。 当時の朝鮮改革派の中心人物で、改革派が起こしたクーデター、甲申事変(1884)失敗後、日本に亡命し、囲碁の本因坊秀栄や中山善吉、明治のベストセラー『佳人之奇遇』の作者、柴四朗、さらに榎本武揚など各界の数多くの人物と交際した。 福沢の狂詩をほめているので、日本の文芸にも理解があったらしい。(と、金文京さんが書いているので、『福沢手帖』の連載「福沢諭吉の漢詩」をいくつか見てみたが、発見できなかった。ただ、金玉均に言及している箇所があったので、いずれ触れたい。) ただし、金玉均と魯文との具体的関係は不明だという。 魯文は明治27年11月8日に歿したが、金玉均はその前の3月に上海で暗殺されている。 だから、碑の字は、金の生前に魯文が頼んで書いてもらったものであろうという。

 「猫塚供養碑」は最初、明治11年に浅草公園花屋敷の植木屋六三郎牡丹畠に建てられ、魯文はこの石碑建立に合わせ、同年7月21日、当時書画会会場としてよく用いられた東両国、柳橋の中村楼で珍猫百覧会を開催し、各界から猫にちなむ珍しい書画器玩の出品を求め、2千8百余人が参集したそうだ。 「猫塚供養碑」はその後、谷中墓地内の、これも魯文が建てた高橋お伝の碑の側に移された。 移転の時期は、正岡子規の<猫の塚お伝の塚や木下闇>が明治28年夏の句なので、それ以前である。 永久寺に移された時期は定かでないが、おそらく魯文歿後であろうという。

 『図書』6月号は「谷中霊園「中村鶴蔵墓表」」であるが、谷中霊園にあった高橋お伝の碑について、仮名垣魯文が建てたものだが、碑陰の寄付者には、尾上菊五郎、市川左団次など歌舞伎役者が名を連ねる。 みな一代の毒婦といわれたお伝のおかげで一儲けした面々である、とある。

 同じ谷中霊園にある「中村鶴蔵墓表」は、二代目中村鶴蔵(つるぞう)のもの。 二代目の師匠、初代中村鶴蔵は、すなわち三代目中村仲蔵。 落語や講談でおなじみの『忠臣蔵』五段目、斧定九郎を黒羽二重姿の色悪風にしたのは初代仲蔵であるが、三代目も明治の名優で、自叙伝『手前味噌』でも知られるという。

幕末の大村藩、大村騒動と長与専斎2024/06/20 07:04

 斎藤歓之助が剣術師範兼者頭を務めていた幕末の大村藩では、佐幕派と倒幕派の争いがあり、慶応3年正月、家老の針尾九左衛門が襲撃され重傷を負い、藩随一の俊才で、江戸の昌平黌に学び、松本奎堂(のち天誅組総裁)、岡鹿門(仙台藩士)らと共に勤皇思想を鼓吹した松林飯山(碑文の松林伯鴻)が斬殺され、それを機に佐幕派が粛清され、多くの処刑者を出した。 いわゆる大村騒動である。

 ただしこの事件は、外山幹夫『もう一つの維新史―長崎大村藩の場合』(新潮選書)によると、倒幕佐幕の争いではなく、実は渡辺昇(のぼり)一派が藩の功臣旧族を一掃するための陰謀で、松林伯鴻を斬ったのは渡辺昇であったという。 歓之助もその巻き添えをくって排除されたらしい。 事件の真相は、渡辺らが維新後、貴顕となったため、旧大村藩関係者の間では長く秘せられた。 渡辺昇はのち山岡鉄舟と明治の剣道界を二分する重鎮となったが、歓之助はそれに与っていない。 専斎が碑文で大村騒動に一切触れないのは、おそらくそのためであろう。 ただ騒動の犠牲となった松林伯鴻と歓之助を藩主の信認する文武の代表として挙げ、渡辺ら「維新の勲業に翼賛せし者」と対比しているところに、わずかに彼の感慨が示されている。 専斎自身は長崎にいたため騒動には関与しておらず、維新後も渡辺ら勲臣とは交際がない。 ただ専斎と渡辺昇、楠本正隆は同年で、藩校五教館の同門であった。 外山氏は、専斎の明治政府任官には、渡辺兄弟や楠本の了解があったとする。

 専斎に碑文を依頼した甥の斎藤満平は、明治31年すなわち父歓之助の没年、麹町(おそらく練兵館の跡地)に薬局を開いた。 34年版『日本東京医事通覧』の麹町区薬剤師にその名があり、21年医術開業試験合格者として登録とある。 医術開業試験や薬剤師の制度を整備したのは、むろん衛生局長の長与専斎であった。 専斎の五男で白樺派の作家長与善郎は、「自分の父方の親戚に斎藤満平氏といふあの有名な薬局の先代がゐる」、また専斎夫人は「その人のことをよく満平さん満平さんと呼んで」いたと述べており、両家は明治以降も親戚付き合いをしていたことがわかる。 斎藤満平薬局はその後、有楽町、丸の内に出店、帝国ホテルにもマンペイドラッグを開き、薬品だけではなく化粧品やワインも扱い、大正8年には日本ではじめてコカ・コーラを輸入販売、東京では有名な薬局であった。

 一方、専斎の長男、長与称吉は、内幸町で長与胃腸病院を経営、胃潰瘍で吐血した夏目漱石が入院したことは、漱石の「思ひ出す事など」に詳しい。 従兄弟同士の医院と薬局にも、さだめし交流があったであろう。

 金文京さんの『図書』連載「東京碑文探訪」、「其の一」「谷中本行寺「斎藤歓之助先生碑」」だけでも、このように興味深い情報満載である。