「空樽は音が高い」と、「空樽はよく鳴る」2024/02/28 07:07

 鷲田清一さんの「折々のことば」の朝日新聞連載が3000回を超えた。 その3008回、2月24日は英語で、

Empty vessels make the most sound.

「空(から)の容(い)れ物がいちばん大きな音を立てる」。
これが明治期に翻訳され、「空樽(あきだる)は音が高い」として定着したらしい、とある。

 この諺、私は福沢諭吉の訳、「空樽はよく鳴る」として記憶していた。 「空樽は音が高い」より、ずっといい。 もっとも、桑原三郎先生が、幼稚舎の雑誌『仔馬』249号(平成2(1990)年6月)に書かれた「福澤先生の言葉 解説二十七」「諺」によると、もとの英語の諺(プロヴァーブ)は、

Empty vessels make most noise.

となっているが…。 桑原先生によると、「空樽はよく鳴る」は、明治17年の福沢書簡に出てくるし、『福翁百話』や『女大学評論』にも出てくるそうだ。 「頭の中身が空っぽの人ほど、つまらないことをまくし立てるものだという喩(たと)えです。」とある。

この『仔馬』249号の表紙裏には、「語」として福沢全集第20巻470頁から、「空樽はよく鳴る」をふくむ福沢作の5つが掲げられている。 桑原先生のこの解説は、福沢著作の中に引用された何百という使用例から95個の諺を選び、ちょうど100個の諺を、どこに引用されたかの出典も示して、紹介されている労作である。 福沢作の5つは、下記。

自由は不自由の中にあり
大幸は無幸に似たり
馬鹿は不平多し
空樽はよく鳴る
その心を伯夷(はくい)にして、その行いを柳下恵(りゅうかけい)にせよ

東宮御教育参与、「人の疾苦を思う」2024/02/27 07:15

「岩田剛典が見つめた戦争 小泉信三 若者たちに 言えなかったことば」では、戦後の小泉信三を、昭和21(1946)年の東宮御教育参与就任から、皇太子のご成婚までで扱った。 そこで「疾苦」、「人の疾苦を思う」という言葉が出てきた。

 大日本帝国憲法の天皇は、神聖にして侵すべからず、国の元首にして統治権を総攬する、と定められていた。 戦後の日本国憲法では、天皇は日本国および日本国民統合の象徴とされた。 「象徴」としての天皇はどうあるべきか、昭和25(1950)年、学習院高等科2年の皇太子への進講をはじめるにあたり、小泉信三は「御進講覚書」をまとめた。

 皇太子に対し「今日の日本と日本の皇室の御位置およびその責任」ということをお考え願いたいと述べたという。 昭和天皇は大元帥であり、先の大戦の開戦について責任がないとは言い切れない。 だが戦争には敗れたものの民心は皇室を離れなかった、その理由の大半は「陛下の御君徳による」とした。

「殿下に於て、よくよくこの君徳といふことについてお考へになり、皇太子として、将来の君主としての責任を御反省になることは、殿下の些かも怠る可からざる義務であることを、よくお考へにならねばなりませぬ。」

 「君主の人格、その識見は、自ら国の政治によくも悪しくも影響するものであり、殿下の御勉強と修養とは、日本の明日の国運を左右するものと御承知ありたし。」

 「注意すべき行儀作法/気品とディグニチィ(威厳)は間然すべきなし(批判の余地がない)/To pay attention to others(他の人々には注意を払うこと)/人の顔を見て話をきくこと、人の顔を見て物を言うこと/Good manner(良き礼儀)の模範たれ。」

 小泉信三は、昭和27(1952)年11月10日の成年式と立太子礼に際し、世の君主たり皇子たるものの第一の義務は人の疾苦を思うにあること、人は人に仕えることによってはじめて真に仕えられる資格を得ることを、強い確信として御体得なさるであろうと記した。

 小泉は、正田美智子さんの皇太子妃選定にも、皇太子妃教育にもかかわった。 「人の疾苦を思う」皇室という考えは、皇太子妃にも伝わり、皇后としてのなされように表れたのだった。 「等々力短信」1118号 2019.4.25.「皇后美智子さまの御歌」に、こんな歌を引いていた。

 かの時に我がとらざりし分去(わかさ)れの片への道はいづこ行きけむ(平成7年)  ありし日のふと続くかに思ほゆる このさつき日(び)を君は居まさす (昭和42年・小泉信三さんの一周忌)

「戦没将兵合同慰霊祭」「戦没塾員讃歌」2024/02/26 07:06

 番組で生田正輝さんの『回想五十年 慶應義塾と私』からの引用が流れた。 生田正輝さんは、私が学生の頃、慶應義塾大学新聞研究所にいて、マス・コミュニケーション論の教授だった。 昭和16(1941)年慶應義塾大学予科入学、昭和18(1943)年学徒動員にて応召、昭和19(1944)年陸軍延吉予備士官学校卒業、昭和20(1945)年復学、昭和22(1947)年9月法学部政治学科卒業、10月助手となる。

 学徒出陣することになって、小泉信三塾長に挨拶に行った。 「私が挨拶にうかがった時、揮毫が終わってから、ふと顔を上げて、私を見つめながら、「君も征くのか…、死ぬなよ」とつぶやくようにいわれた。親父ですら「死ぬな」なんてことを口に出すことはできなくて、心ならずも「お国のために死んでこい」といわざるを得ない状況であった。」

 慶應義塾の出陣学徒の数は三千余名、このうち戦死者は五百余名(今村武雄『小泉信三伝』は八百余名)だという。 番組にあった「戦没将兵合同慰霊祭」と、「戦没塾員讃歌」を知らなかった。 「戦没将兵合同慰霊祭」は、昭和18(1943)年11月20日、神式で行われていた。 小泉信三塾長が戦没者の写真が並ぶ前で追悼の辞を述べ、信吉の写真の前はサッと通ったという。 「戦没塾員讃歌」は、三田新聞学会が同会25周年記念事業として塾生から公募し、昭和17(1942)年6月に発表、以後塾内の慰霊行事で歌われた。 青山斎場で執り行われた小泉信吉の葬儀でも、「迎へん哉おん霊を この丘は遠き日のごと 今日もまた葉はしげるなり 御訓はよき導きと 若人の胸に凝るらん 迎へんかな」と歌われ、来会者の涙を誘ったという。 楽譜が下記にあった。 https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1969084838&owner_id=4272592

等々力短信 第1176号は…2024/02/25 08:13

<等々力短信 第1176号 2024(令和6).2.25.>元禄地震 房総沖巨大地震と大津波 は、2月12日にアップしました。 2月12日をご覧ください。

学徒出陣、「忠孝不二」という揮毫2024/02/25 08:06

 「岩田剛典が見つめた戦争 小泉信三 若者たちに 言えなかったことば」で、いくつか印象に残ったこと、知らないこと、があった。

 学徒出陣することになった学生が、小泉信三塾長に挨拶に行き、日章旗の先頭に揮毫してもらう。 その文句が、「征け〇〇君」と「忠孝不二」の二つだった。 「忠孝不二」は、「忠孝二つならず」と読むのだろう。 「忠孝」は、主君に対する忠誠と、親に対する誠心の奉仕で、臣下としての義務を尽くすことと、子としての義務を尽くすこと。 当時の主君は、天皇だろう。 「二つならず」は、二つのものでない、一つのものだ、忠と孝は矛盾しない、一致するというのだろう。

 すぐ私は、今年の第189回福澤先生誕生記念会での荒俣宏さんの記念講演を思い出した。 「修身要領」と「教育勅語」<小人閑居日記 2024.1.15.>に書いたように、荒俣さんは福沢の(思想を高弟がまとめた)「修身要領」と、「教育勅語」の9割は同じことが書いてあるが、「教育勅語」の一番いけないこと、恐ろしいことは、「修身要領」にはないことの二つ、「親に孝、国に忠」と語ったのだった。

 小泉信三の『海軍主計大尉小泉信吉』に、信吉の出征に臨んで、手渡した有名な手紙がある。 「若しもわが子を択ぶということが出来るものなら、吾々二人は必ず君を択ぶ。人の子として両親にこう言わせるより以上の孝行はない。君はなお父母に孝養を尽くしたいと思っているかも知れないが、吾々夫婦は、今日までの二十四年の間に、凡そ人の親として享け得る限りの幸福は享けた。」 「今、国の存亡を賭して戦う日は来た。君が子供の時からあこがれた帝国海軍の軍人としてこの戦争に参加するのは満足であろう。二十四年という年月は長くはないが、君の今日までの生活は、如何なる人にも恥しくない、悔ゆるところなき立派な生活である。お母様のこと、加代、妙のことは必ず僕が引き受けた。」 「お祖父様の孫らしく、又吾々夫婦の息子らしく、戦うことを期待する。」

 息子は、二三度読み返して、顔を輝かせて「素敵ですね」と言ったそうだ。