曽我兄弟の仇討ち、実は頼朝暗殺未遂事件2022/06/23 07:00

 『鎌倉殿の13人』、6月12日の第23回は「狩りと獲物」。  梶原景時が、曽我兄弟の仇討ちと共に謀叛御家人の頼朝暗殺の動きがあり、その裏に時政がいると、義時に伝える。 義時は、異母弟・五郎北条時連(瀬戸康史)に席を外させ、時政にそれを伝える。

 富士の巻狩りは、頼朝の嫡男万寿(金子大地)の披露目で、義時の愛息・金剛(坂口健太郎)も参加。 万寿は、狩りがうまくいかず、金剛はうまい。 前に頼朝が色気を見せたので、政子が義時の後妻にと話し、この巻狩りで義時に付いてきた比企尼の孫、比奈(堀田真由)の所に、頼朝が忍ぼうとするのが、事件の発端として描かれる。 その後、比奈は義時に、義時の側にいて、見守っているだけでいい、と言う。

 曾我十郎・五郎は、父の仇工藤祐経を討ち、五郎は頼朝を狙って走り、見張りの畠山重忠と戦う。 五郎は頼朝の影武者を殺して、捕らえられる。 頼朝は五郎を尋問、父の仇工藤祐経を討ったことを褒めた上で、大事な巻狩りで騒ぎを起こしたとして斬殺にする。 五郎は、頼朝を狙ったのだと叫ぶ。 頼朝暗殺の一報に、鎌倉では蒲殿源範頼が鎌倉殿の座につこうとする。 大江広元は慎重にと、中原親能は積極的。 源範頼、遠江国蒲御厨(現、浜松市)に生れ育ったので、蒲冠者(かばのかじゃ)、蒲殿と呼ばれる。 ついでに、大姫の許婚で消された、木曾の義仲の長男源義高が、冠者殿(かじゃどの)と呼ばれるのは、清水冠者(志水冠者)と号した(『吾妻鏡』)からだそうだ。

 頼朝、義時に、時政は曾我五郎の烏帽子親だったな、このたびのことに北条が関わっていないと信じてよいか、と確認する。 よかろう、二度とわしのそばを離れるな、それはわしのためでもあるが、お前のためでもある。 義時は、かしこまりました、と。

『鎌倉殿の13人』拙稿一覧2022/06/22 06:46

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を見て、今まで書いたことを一覧表にしておく。

『鎌倉殿の13人』平相国、木簡、佐殿、武衛<小人閑居日記 2022.3.9.>
坂東の武士結集、「いざ、鎌倉」へ<小人閑居日記 2022.3.10.>
富士川の合戦、平家敗走の真因?(笑)<小人閑居日記 2022.3.11.>
源頼朝、武家の都「鎌倉」をひらく<小人閑居日記 2022.3.12.>
安産祈願の若宮大路、貴種が頼り<小人閑居日記 2022.3.13.>
奥州合戦と永福寺建立、「建築政治」<小人閑居日記 2022.3.14.>
鎌倉「山側のまちづくりの歴史」<小人閑居日記 2022.3.15.>
鎌倉「海側のまちづくりの歴史」<小人閑居日記 2022.3.16.>
難攻不落の鎌倉、ついに滅亡<小人閑居日記 2022.3.17.>
『鎌倉殿の13人』の光と影<小人閑居日記 2022.3.25.>
「後妻打ち(うわなりうち)」<小人閑居日記 2022.4.7.>
「幼なじみの想い」ついに、めでたし<小人閑居日記 2022.4.8.>
『歴史探偵』源義経「鵯越の逆落し」の真実<小人閑居日記 2022.5.8.>
脚本家・三谷幸喜のドラマづくり<小人閑居日記 2022.5.9.>
表情が険しくなった北条義時<小人閑居日記 2022.5.10.>
密着400日、小栗旬、仕事の流儀<小人閑居日記 2022.5.11.>
義経が次第に、窮地に追い込まれる<小人閑居日記 2022.5.21.>
『鎌倉殿の13人』は誰で、年齢は?<小人閑居日記 2022.5.22.>
頼朝の死、「落馬説」「怨霊説」<小人閑居日記 2022.5.23.>
鎌倉幕府の成立年代に諸説<小人閑居日記 2022.5.24.>
実質的に将軍の力を持った北条政子<小人閑居日記 2022.5.25.>
山本みなみさん「政子こそ鎌倉幕府の礎」<小人閑居日記 2022.5.26.>

忘れられた元日銀総裁富田鉄之助2022/06/21 07:14

 『福澤諭吉書簡集』第1巻[ひと]11の富田鉄之助も、見ておこう。 天保6(1835)年10月、仙台藩奉行高橋実保の四男として生れた。 安政4(1857)年、藩命により高島流砲術修業のため江戸に赴き、文久3(1863)年には勝海舟のもとに入門、慶応3(1867)年7月には、庄内藩士高木三郎とともに海舟の子息勝小鹿に随行してアメリカに留学した。 仙台藩江戸公儀使大童信太夫の尽力もあって、藩より年千両の学資金が支給された。 幕府公認留学生の第一号でもあった。 滞米中に幕府の瓦解と東北の争乱を知り、明治元年11月にいったん帰国したが、翌2年2月には再びニューヨークに戻った。 3年11月には、後に商法講習所に招くホイットニーが校長を務めるニュージャージー州ニューアークの商業学校Bryant Stratton & Whitney Business Collegeに入学した。

 明治4年2月、ニューヨーク在留領事を命ぜられ、6年2月には副領事に任ぜられた。 7年10月賜暇帰国し、杉田成卿の長女縫と結婚、この時二人の取り交した結婚契約書には行礼人として福沢諭吉、証人として初代駐米公使森有礼が署名している。 明治9年10月ニューヨークより帰国し、12月には上海領事館在勤を命ぜられたが、赴任しないままあらたに外務省少書記官に任じ、本省勤務となった。 11年12月イギリス公使館在勤を命ぜられた。 14年5月に帰国し、同年10月に大蔵省に移った。 その後、日本銀行創設に関与し、副総裁を経て明治21年には総裁に就任。 さらに東京府知事、貴族院議員、富士紡績社長、横浜火災海上社長等を歴任した。 廉潔の士として知られ、大正5年10月歿した。 『仙台先哲偉人録』、吉野俊彦『忘れられた元日銀総裁富田鉄之助』。

 明治8(1875)年5月1日に開館した三田の演説館の建物は、当時ニューヨーク駐在の副領事であった富田鉄之助から福沢のもとに送られてきた諸種の会堂の図面を参考に設計された和洋折衷の建造物である。

丸家銀行、早矢仕有的、福沢と金原明善2022/06/20 06:59

 『福澤諭吉書簡集』第4巻906は、富田鉄之助が日本銀行副総裁で、福沢が破綻した丸家銀行の善後策について早矢仕有的案にかわるものを求めている書簡だった。

 丸善、丸家銀行については、坂井達朗さんが講義のなかで、詳しく説明した。 早矢仕有的は、天保8年生まれ(福沢より3歳年少)岐阜県武儀(むぎ)郡笹賀村(現山県市美山町)出身で、漢方を学んだ農村医。 先祖は戦国大名土岐氏の家臣、弓術の名人。 それで早矢仕有的の名、学才を惜しんだ庄屋高折善六のすすめで、安政6(1859)年江戸に出て、坪井信道に蘭方医学を、信道の弟、谷信教に英語(阿部泰蔵と同門)を学ぶ。 慶応3年谷塾廃止、慶應義塾に転じ福沢に入門。 明治元年、新政府から大学小助教の資格を認められ、横浜で医院を開業、傍ら医療品医薬品、外国書籍、文具の輸入・販売を兼営。 福沢のアドヴァイスで、名義人は丸屋(初めは地球の球(まる)屋、世間が「たまや」と読むので)善七を名乗る。 高折善六にちなむ架空の名前。 西洋文明の有形の部分を輸入・販売・製造(福沢は無形の部分)、小売業から次第に製造業、金融業に進出。 福沢に簿記・会計に詳しい中村道太を紹介され、その協力もあり急速に経営が拡大する。 従業員の面倒をみる共済組合から、明治12年無限責任丸家銀行を創立した。

 福沢は丸屋の経営に深くかかわった。 文明の商業者として早矢仕を高く評価、自らも多額の投資を行なった。 門下生の有力者、旧藩主層にも紹介、協力や出資を勧めた。 中村道太、福沢英之助、小幡篤次郎、朝吹英二、阿部泰蔵、穂積寅九郎、馬越恭平、近藤孝行(水野忠弘家扶)、奥平昌邁(まさゆき)。

 明治17年、丸家銀行の経営破綻。 ピークに達した松方デフレの影響だが、特に山形県朝日山地方の殖産政策、旧山形藩士の結社「六行社」の事業不振に、水野家との関係で頭取近藤孝行が個人的に融資していた債務を、丸家銀行に付け替えたのが焦げ付いた。 取付騒ぎとなる。

 丸家銀行の再建をめぐって、福沢と金原明善の緊密な協力関係があった。 金原は、浜松時代の水野家家臣団と取引し債権を持っていたと推定される。 丸家銀行の経営破綻は、金原の債権の回収を困難にした。 個人として多額の出資をしていた福沢、子供名義で出資、丸家銀行は特に有限責任制度でなかった。 事後処理のため、福沢と金原の間では、膨大な情報が交換されたはずだ。 多数の福沢書簡が保管されていた金原の東京の屋敷、第二次大戦中に防空壕で水損に遭い、廃棄。 『全集』は、一点のみ収録。

『福澤諭吉書簡集』の「金原明善」2022/06/19 07:38

 『福澤諭吉書簡集』索引の「金原明善」、第4巻906富田鉄之助宛、910丸屋銀行維持社員宛、第5巻1079中村道太宛、第9巻2336。 第9巻2336は、金原明善宛、年不詳(明治19年前後と推定)9月14日付、要旨は【(鉄道の)井上(勝)は中上川(彦次郎)が懇意である旨を伝え、中村(道太)の消息を知らせ、秋山(恒太郎)の預金の利子の請取を依頼する】。

 第4巻[ひと]5の「金原(きんぱら)明善」。 「天保3(1832)年、遠州長上(ちょうじょう)郡安間(あんま)村(現浜松市内)に出生。 生家は七十町歩程の地主で、代々名主を務める家柄であった。 明治8年、私財をなげうち基金を醵出して治水協力社を設立、天竜川治水事業を進めた。 その後河川改修費が地方税によって支弁されるようになると、同社を解散して、天竜川上流の育林事業にのりだし、運輸製材業を営んだ。 また丸家銀行の経営が破綻するとその整理に参画した。 これがのちに金原銀行に受け継がれる。

 福沢との出会いがいつ生れたのかは明確にしえないが、子息明徳が明治6年6月入塾した時であったかもしれない。 しかし明徳は『勤惰表』には名前がない。 金原が丸家銀行の整理に関与した理由は、このとき頭取であった近藤孝行が旧山形藩水野家の家臣(水野忠弘家扶)であり、破綻は近藤が山形藩士の私的な結社である六行社に、個人的に融資したことに始まったからであると考えられる。 この山形藩水野家は、幕府老中を務めた忠邦が天保改革に失敗した結果改易されたものであり(忠邦→忠精(きよ)→忠弘(明治4(1871)年慶應義塾入社))、その故地は浜松であったから、その時代に水野家の家臣と金原との関係が生れていたからであろう。 また、早矢仕有的と並んで丸家の中心的存在であった中村道太が隣国三河の出身であり、かねて金原と親しかった故であったといわれている(『丸善百年史』)。 社会福祉事業に深い関心をもち、特に出獄人保護を熱心に行った。 大正12年歿。

 金原宛福沢書簡は今日わずかに1通残っているのみであるが、これは太平洋戦争の空襲の被害を避けようとして、地下(東京の屋敷の防空壕)に保管したためにかえって湿気の害にあったことが確認されており(渡部忠喜氏談)、銀行の整理の過程で、福沢は相当数の書簡を金原に宛てて発信していたものと考えられる。」

 第4巻906富田鉄之助宛、明治17年11月3日付、このとき富田は日本銀行副総裁、破綻した丸家銀行の善後策について、早矢仕有的案にかわるものを求めている。 第4巻910丸屋銀行維持社員宛、明治17年11月16日付、日本銀行副総裁富田鉄之助の助力による丸家銀行維持の可能性を述べる。 第5巻1079中村道太宛、明治19年8月8日付、京橋区南鍋町の出版社鳳文館の建物の買取について問い合わせ、丸屋銀行整理につき金原らと相談した内容を伝えている。 「時事新報計算簿」(『全集』21)によれば、明治19年冬から20年3月までの間に、建物の代金800円を「藤本氏」に、改装費320円を大工幸吉に、「交詢社新築費」の名目で支払っている。 時事新報社はこの年12月25日から発行所を日本橋から南鍋町(銀座)の同所に移した。

 この時事新報社移転の件は、都倉武之さんの「ウェブでしか読めない 時事新報史」第19回「社屋の移転 日本橋を経て銀座へ」に詳しい。 https://www.keio-up.co.jp/kup/webonly/ko/jijisinpou/19.html