慶應三連覇を逃す、東京六大学野球・春のリーグ戦2022/05/20 06:58

 東京六大学野球、春のリーグ戦、13日に「春の東京六大学野球、慶應のこれまで」を書き、17日には<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>「慶應野球と福沢諭吉」を早めに発信して、「12時から1勝1敗になった慶明の三回戦があります。勝てば、三連覇に近づきます。」と追伸したのだった。 ところが、慶明三回戦、5回までに明治に10点取られ、慶應は4回萩尾のソロホームランのみ1対10とリードされた。 7回、8回に3点ずつ取って、あと3点と追いかけて試合を面白くしたものの、8回裏に駄目押しの2点を取られ、7対12で敗れた。

 福澤諭吉記念 慶應義塾史展示館、6月6日からの企画展示室の特別展「慶應野球と近代日本」は、都倉武之副館長が期待していたであろう「三連覇記念」を冠せることをは、残念ながら出来なかった。 前田祐吉監督でさえ、18年で8回のリーグ優勝だった。 ドンマイ、ドンマイというところだろう。 そうそう、短信に何人か特別展「慶應野球と近代日本」を見に行くという反響があって、とても嬉しかった。

 春のリーグ戦の優勝は、明日からの第7週、立教と明治の対戦で、勝点を取ったほうが優勝となる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック