頼朝の死、「落馬説」「怨霊説」2022/05/23 07:08

 『鎌倉殿サミット2022』、井上章一国際日本文化研究センター所長が、600年続く武家政権を開いた源頼朝の政権を、「広域暴力団 関東源組」と形容したのが、愉快だった。 爆笑問題の二人を舞台回しに、出演者は、他に野村育世女子美術大学附属高校中学教諭(北条政子の専門家)、坂井孝一創価大学教授(『鎌倉殿の13人』の時代考証担当)、近藤成一東大名誉教授・放送大学教授、本郷和人東大史料編纂所教授、佐伯智広帝京大准教授、長村祥知富山大学講師。

 最初に問題にされるのが、「頼朝の死」の真相。 源頼朝は、1199(正治元)年に51歳で死んだ。 編年体で書かれてきた『吾妻鏡』に、1198(建久9)年12月2日に頼朝は重臣の稲毛重成(妻は北条政子の妹)が相模川に架けた橋の落成披露に出かけ、その帰路に落馬したという記述があった後、三年間の巻が欠落している。 13年目に、落馬して病気になって死んだ、という記述がようやく出る。

 まず、よく言われる「落馬説」。 佐伯智広さんは、落馬+飲水重病(糖尿病だろう)。 長村祥知さんは、死の直前、出家した、と。

 つづいて「怨霊説」。 「異類異形の者現れ、雷の音に馬が驚き落馬」。 祟りそうなのは、(1)滅ぼされた平家、入水した安徳天皇。 (2)粛清された源氏。 叔父の源義広(1184年)、源行家(1186年)、木曾義仲(1184年)、義経(1189年自刃)、範頼(1193年)。 南北朝時代に成立した『保暦間記(ほうりゃくかんき)』は怨霊説。 野村育世さんは、頼朝が繊細な精神の持主なので、ありかも、絶えず女性問題もあった、と。 『盛長私記』(側近安達盛長の日記)は怨霊説だが、ニセモノ(佐伯智広さん)。 近藤成一さんは、怨霊説に賛成、土地開発が済み、所領配分の問題はなくなっていた。 井上章一さんは、一族の者を信用できなかったが、鶴岡八幡宮や永福寺など、怨霊対策はばっちりだった。

 『吾妻鏡』が三年間欠落しているのは、ふつう北条氏が編纂した(「北条本」)ので都合の悪い部分を隠したと言われるが、『吾妻鏡』は徳川家康が集めたもの(所持本に、黒田長政から贈られた北条氏直旧蔵本を合わせて1605(慶長10)年に出版した)。 その三年間は、頼朝の朝廷工作の時期で、1194年大姫の後鳥羽天皇への入内工作、1195年天皇の周りの貴族に砂金を贈っている。 新井白石は、家康が『吾妻鏡』を集めた段階で、頼朝好きの家康が頼朝のイメージダウンになる箇所を捨てさせたと書いている(本郷和人さん)。

 『吾妻鏡』は、承久の乱(1221年)後に編纂された。 承久の乱は、北条義時の鎌倉幕府と朝廷の全面戦争、幕府側が勝利し朝廷とのパワーバランスが変わった。 『吾妻鏡』、鎌倉幕府9代の内、源氏3代とのちの3代の6代しかない。

 「暗殺説」は、また明日。

色川大吉さんの二冊の本2022/05/18 06:52

 色川大吉さんは、昨年9月7日、96歳で老衰のために亡くなった。 歴史学者の成田龍一さん(日本女子大名誉教授)が「色川大吉さんを悼む」を、9月20日の朝日新聞朝刊に寄稿している。 私が知らなかった石阪昌孝の息子公歴(まさつぐ)のことが出てきた(石坂公歴とあるが、事典によっては昌孝にも「石坂」の表記がある)。 色川さんの「主著『明治精神史』(1964年)では、東京・多摩の民権家の体験を追い、「自由民権の地下水を汲むもの」という認識が示され、華麗な文体とあいまって鮮烈な歴史の光景が提供される。「思想」として整序される以前の「精神」に着目し、自由民権運動を描き出しており、歴史書としては稀有の著作であった。なによりも、「人民」などと抽象的に語られていた人びとが、石坂公歴、平野友輔と固有名詞をもち、悩み、ためらいながら歴史の現場に登場する姿が印象的であった。」と。

 「さらに色川さんは、民衆憲法草案(五日市憲法)を発掘し、人びとの営為の結晶として、紹介してもいく。民衆史という領域が切りひらかれ、歴史が具体的な人びとによる、生活に根ざした地域での活動――主体的な営みとして書き直されたのである。」

 色川さんの歴史学の背後には、学徒出陣をした戦争体験と、敗戦後の社会運動への参画がある。 1925年生まれの色川さんは、戦争に翻弄され、さらに社会運動で挫折した「原体験」をテコに、主体的に歴史に向き合い、現在を照らし出す営みを自らの歴史学の課題にしていったという。

 「自分史の試み」という副題の『ある昭和史』(1975年)は、「自分の肉体に刻まれた歴史の痛覚」を手がかりに、「ふだん記」運動を展開した橋本義夫や、昭和天皇の伝記とを重ね合わせ、国民的経験としての「昭和史」を構成した。 戦中と戦後、敗戦と安保を包括する「昭和史」との格闘が、民衆史家・色川大吉の、いまひとつの営みとなった。 これは色川さんが、天皇制との対峙を生涯の研究課題とすることでもあったのだそうだ。

 そう聞くと、皇后さま(現、上皇后さま)が2013年の誕生日会見で「五日市憲法草案」について下記のように言及されたことの、深い認識と強い勇気にあらためて驚かされるのである。 「かつてあきる野市の五日市を訪れた時、郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治22年)に先立ち、地域の小学校の教員、地主や農民が、寄り合い、討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で、基本的人権の尊重や教育の自由」の保障及び教育を受ける義務、法の下の平等、更に言論の自由、信教の自由など、204条が書かれており、地方自治権等についても記されています。当時これに類する民間の憲法草案が、日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが、近代日本の黎明期に生きた人々の、政治参加への強い意欲や、自国の未来にかけた熱い願いに触れ、深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た19世紀末の日本で、市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして、世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。」

色川大吉さん、北村透谷研究から「五日市憲法草案」を発掘2022/05/17 07:05

 北村透谷で思い出したのだが、2014年に前年の10月に皇后さま(現、上皇后さま)が誕生日会見で「五日市憲法草案」に言及されたことに関連して、下記を書いていた。

皇后さまと「五日市憲法草案」<小人閑居日記 2014.6.3.>
明治14年、日本の曲り角<小人閑居日記 2014.6.4.>
なぜ多摩の五日市で憲法草案ができたか<小人閑居日記 2014.7.12.>
五日市青年グループの学習法<小人閑居日記 2014.7.13.>
「民権意識の世界文化遺産」<小人閑居日記 2014.7.14.>
起草者、千葉卓三郎を追って<小人閑居日記 2014.7.15.>
「五日市憲法草案」、どんなものか<小人閑居日記 2014.7.16.>

 その中で、「なぜ多摩の五日市で憲法草案ができたか」に書いていた、北村透谷に関する部分を下記に引いておく。 「五日市憲法草案」は、昭和43(1968)年五日市(現、あきる野市)の深沢家の土蔵で、色川大吉東京経済大学教授らによって発見された。 色川大吉さんは、北村透谷の研究から三多摩地方の研究に入り、この地方の自由民権運動を深く探究することになったのだった。

 色川大吉さんは、明治の文学者で思想家の北村透谷(1868~1894)を研究していた。 北村透谷は十代後半、八王子を中心に、川口、鶴川から小田原にかけてのあたりを放浪して、その思想形成期にいろいろな体験をしている。 その体験をよく理解しないと、北村透谷の本当の意味がわからないらしいというところから、三多摩地方の研究に入ったという。

 調査を進めるうちに、透谷とは無関係の人で、しかも非常に興味のある人間が、沢山いるということがわかってきた。 その10年ぐらいで、名簿の上で300人ほどが、浮かんできた。 武士ではなく、一般の農民、商人、当時の言葉で豪農、豪商といわれる、やや生活に余裕のある人々だ。 ただ仕事ばかりしているのでなく、その余暇に色々学問したり、青年に教えたり、あるいは遊芸の道を修めるというような趣味人、文人であった。 そうすると、たとえば南多摩郡だけでも、日本全体に紹介しても非常に面白い、ある意味で時代の特徴をよく示していると思われる人物の名前が十数人上がってきた。 たとえば北の方では、武蔵五日市の周辺に五日市グループとでもいうような青年グループがあった。 いわば本当の意味での明治人、幕末に生れ、明治の時代に教養を身につけた、そして日本の近代国家が出来上がる頃に、自分も一人前になるというような青年のグループが、五日市にまず発見されたのだ。

ドリトル先生一行の超特急イギリス帰還2022/05/07 07:10

 ゾウガメのジヨージが、お連れしたい場所があるという。 自分の人生の終わりが近づいたカメだけが来るカルデラ、大きなすり鉢形の穴だった。 底には無数の丸い甲羅が積み重なっている、ゾウガメの墓場だった。 甲羅の多くは長い年月の風雨にさらされ、真っ白になっていた。 1メートルから大きいものは2メートル近くあった。 ジヨージは、カメの甲羅で耐熱性のシップを作らせようとしているのだ。 これが地球トンネルの熱に耐えられることは、ガラパゴスにやってきた最初のカメが証明してくれている。

 ドリトル先生とスタビンズくんは、自分の身体のサイズの甲羅を見つけ出した。 焼き鳥になるのはごめんだというポリネシアは、スタビンズくんの方に入ることにし、ヨハネスも入れる。 甲羅の穴は、破片を拾って内側からはめ殺しにする。 入り口側には、いくつかの破片を組み合わせてハッチを作った。

 スタビンズくんたちが、先に行くことにし、帰ってこなければ、次の便でドリトル先生が行くことにした。 ゾウガメたちが、引っ張ったり押したりして、甲羅シップを希ガスの穴に落とし込んだ。 すーっと、奈落の底に落ちていくのがわかった。 自由落下とともに速度がどんどん加速していった。 真っ逆さまに落ちていく感覚とともに、同時に、奇妙な、浮遊するような感じに包まれた。 それは快感、ぞくぞくするような爽快感だった。

 しばらく気を失っていたようだ。 目が覚めると、薄明かりの中で小さな目がたくさんのぞき込んでいるのがわかった。 何匹ものコウモリたちの顔だった。 スタビンズくんは、手足をのばして、ゾウガメの甲羅からはい出した。 ポリネシアも元気で、ヨハネスも大丈夫だった。 ヨハネスが無事帰ってきたことに、仲間のコウモリたちは大歓声を上げた。

 ドッカーン、大きな音がして、何かが穴の中からせり上がってきた。 穴に挟まったまま止まった、慌てて駆け寄って、ちょっとだけ頭を出しているカメの甲羅を外しにかかった。 中で黒いものがごそごそ動いている。 こんなときでもちゃんと燕尾服を着て、シルクハットをかぶっているドリトル先生だった。

 ドリトル先生は、コウモリたち、特に勇敢な地球トンネル初旅行(哺乳動物における。地球史では先にゾウガメたちがいた。)を成し遂げたヨハネスに、心からお礼を言った。 今回は、気球に入れる希ガスを見つけるところから始まって、ガラパゴスでアタワルパの〝涙〟を借りられたのも、こうして超特急でイギリスに戻って来られたのも、みんな君たちコウモリのおかげだ。 コウモリは哺乳類の中で唯一、空を制した生物だからね。 かのレオナルド・ダ・ヴィンチも君たちに最大の敬意を表して、スケッチを描いている。 ダ・ヴィンチも君たちみたいに自由に空を飛びたかったに違いない。 かわりに、私たちは地下をひとっ飛びしてきたわけだ。

 エクアドルとガラパゴスの、その後についてだ。 フロリアン大統領とロドリゲスは、なんどもガラパゴスゾウガメからアタワルパの〝涙〟をいただこうとして、なだめたり、すかしたりした。 しかし、ゾウガメたちを怒らせてしまえば、すべてが水泡に帰してしまうことも十分わかっていた。 ロドリゲスはエクアドル一のガラパゴス通になったが、フロリアン大統領はまもなく政争に巻き込まれ暗殺されてしまった。 ともかくガラパゴスは、一度も他の国に荒されることなく、エクアドル国によって守り続けられたのであった。

 ドリトル先生は、ガラパゴスの旅の唯一の記念品として、ルビイがホンモノをもとに戻した後、回収してきてくれた模造品の真珠玉を、書斎の本棚の上に貝殻や骨の標本とならべて、無造作に置いていた。 それは今も、ピンク色の妖しい光を反射している。 スタビンズくんは、胸の奥にチクリと痛みを感じていたが、あの夜のルビイの告白を誰にも話さないことに決めたのだ。 さまざまなことを勉強し、じつにいろいろなことを知った。 その結果、知らないほうがいいこともあることを知ったのだった。 大人になったのだ。

 4月19日から、19日間も書くことになった「福岡伸一の新・ドリトル先生物語『ドリトル先生 ガラパゴスを救う』、これでめでたく結末を迎えた。 昔、『リーダーズ・ダイジェスト』という雑誌があった。 一年間の新聞連載を19日間でダイジェストした出来栄えはどうだったろうか。 やっているほうは、けっこう楽しかった、福岡伸一さんに感謝である。

おじいさんコウモリのチャレンジ、大冒険2022/05/06 06:41

 ドリトル先生一行は、ナルボロー島へ火山活動でできた奥深い穴、地球トンネルを見に行く。 スタビンズくんは、手紙(メッセージ)を出してみる提案をする。 ドリトル先生が平たい岩の表面にナイフで絵文字を描いて、投入れた。 計算上、出口に着くのに38分。

 そのころ、イギリスの鍾乳洞では、天井にぶら下がっているコウモリたちが、ものすごい大音響を聞いた。 熱い赤茶けた火山性の岩石に、絵があった。 人間が2人と鳥が1羽、島影、くりぬかれて穴が開いているリンゴみたいな球体、その穴に丸い点と矢印。 これはドリトル先生とスタビンズさん、オウムのポリネシアに違いない。 この島影はガラパゴス。 この穴は、希ガスの穴、地球の奥のほうにずっと続いていて、ドリトル先生たちのいるガラパゴスにつながっているということではないだろうか。 その逆向きの矢印は、返信求むということか。 そこで、コウモリのリーダーのサフィは、鋭い爪で、コウモリマークを書き込んだ。 そして、みんなで穴に投げ込んだ。

 1時間ほどして、ヒューンと音がして、カンカラカランと石が壁にぶつかった。 石は熱々だが、同じ石だった。 何も変わっていない。 若いコウモリが言った。 ひょっとしたら、向こうに届く前に、どこかで勢いを失って、戻ってきたのではないか。 中心から向うへ行く距離が少し長いと、また引力に引き戻されてしまうのだろう。 その証拠に、こっちにもどった石はそんなに勢いがなく、音も小さかった。

 しばらくして、おじいさんコウモリが言った。 鍾乳洞にはたくさん水晶がある。 水晶は硬いし、熱にも強い、石筍のように内側が空洞のものもある。 わしはこんな老人だから、何も怖いものはない、いつも思っていたことがある、人生、もうひと花咲かせることができたら、楽しいだろうなあ、ってね。 年をとってからでも冒険はできるし、何か新しいことにチャレンジしてもいいだろう。 ネバー・トゥー・レートって言うじゃないか。

 ナルボロー島では海に日が沈もうとしていた。 スタビンズくんは、目の縁を小さな黒いものが横切ったのを見た。 コウモリが、あの穴から飛び出してきたように見えた。 コウモリは一気に降下してきて、「みなさん、こんにちは。わしは、イギリス・ウェールズ地方の鍾乳洞に棲む老いぼれコウモリで、名前をヨハネスと言います。ここは確かにガラパゴスなのでしょうか」 「そうだよ!そのとおり!ようこそ、ヨハネス!」

 ヨハネスは、水晶シップでの40分ほどの冒険と、粘土のハッチを蹴破って脱出した話をした。 地球トンネルが、地球を貫通していることが証明され、ゾウガメたちの古い記憶も確かだったということになる。