1873(明治6)年、岩倉使節団とウィーン万博2021/09/25 07:04

  9月8日にBSプレミアムカフェ(司会渡邊あゆみアナ)で「世界 わが心の旅 ウィーン(1)ベートーベンの心の音色 指揮者・尾高忠明(2003年)(2)ウィーン世紀末のジャポニスム 作曲家・團伊玖磨(1995年)」の再放送があった。

 團伊玖磨さんは、かつて『パイプのけむり』を愛読していたので見始めたら、興味深い話題だった。 團さんは1995(平成7)年ウィーンへ、ウィーンと日本の、歴史と文化の交流を跡をたどる旅に出る。 ウィーンに残る日本文化の源流は、1873(明治6)年の岩倉使節団とウィーン万国博覧会だった。

 團伊玖磨さんは、岩倉使節団に同行した團琢磨(1858(安政5)年~1932(昭和7)年)の孫にあたる。 團琢磨は、福岡藩士馬廻役神尾宅之丞の四男として生まれ、12歳で勘定奉行團尚静の養子となり、1871(明治4)年旧藩主黒田長知の供をして、金子堅太郎とともに岩倉使節団に同行して、渡米した(13歳)。 マサチューセッツ工科大学の鉱山学科を卒業、1878(明治11)年に帰国した(20歳)。 金子堅太郎は、ハーバード大学を卒業したが、二人の交遊は続き、團琢磨は金子の妹芳子と結婚した(伊玖磨さんの祖母である)。

岩倉使節団がウィーンへ行った1873(明治6)年6月、ちょうどウィーン万国博覧会が開かれていた。 皇帝フランツ・ヨーゼフ一世の治世25年を記念して、ドナウ河に沿ったプラーター公園が会場だった。 万国博覧会は、1851年第1回ロンドン(水晶宮)、1853年ニューヨーク、1855年第1回パリ、1862年第2回ロンドン、1867年第2回パリ(徳川昭武、渋沢栄一)とつづき、ウィーン万博は日本政府が初めて公式に参加したものだった。 岩倉使節団を歓迎する宮中晩餐会で、岩倉具視の隣には、「シシィ」の愛称で呼ばれた絶世の美女、皇后エリザベートが座ったという。

團伊玖磨さんは、旧知の歴史学者で日本研究家ペーター・パンツァー(1942~)さんを訪ねて、ウィーン万博関係の資料を沢山見せてもらう。 ペーター・パンツァーさんは、1968年ウィーン大学より明治から大正初期の日本とオーストリアの関係の研究で博士号を取得し、ウィーン大学日本学研究所助教授となった。 現代史を講ずる一方、明治時代の外交史を研究、二度来日している。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック