周縁への興味、「文明と文化」2024/02/17 07:22

 古屋司会…『街道をゆく』、半分ぐらい経ったところで、もう止めようかという危機があった。編集者が上手くて、どこか周縁で行きたいところをと、「南蛮のみち」バスクへ行くことになった。日本にキリスト教を運んできたザヴィエルはバスク人だった。

 今村…長崎の事件を書いた短編がある。ユーチューブに「バスク語ラジオ」というのがあり、日本語に聞こえる。ウラル・アルタイ語系、モンゴル語、日本語。周縁、終焉(さびれる)にも興味がある。 岸本…ポルトガル南西端のサグレス岬に行った、ポルトガル人は、はにかみで、おとなしい、とっつきにくいけど親切、非生産的で、出窓に花を飾る、機能性と関係ない場所を飾る。そのポルトガル人が、なぜ大航海に乗り出したのか。サグレス岬では、一方向へ潮が流れている、それは海が滝のように流れ落ちる地の果てがあるのではなく、海は先につながっていることを感じさせる、そこへエンリケ王子が航海学校を作った。 磯田…司馬さんは、詩人であり、画家だった。矢沢永一との対談で、日本画から油絵に、さらに抽象画になってきたのは、懐中電灯の電池を入れ替えた時期だったという話をしていた。 今村…司馬さんは、こちらとあちら、両方から見ている。想像力は二人分、三人分あり、憧憬を抱く。 磯田…西から見ていた波で、日本そのものをどう捉えるのか。石を神様とし、さざれ石になっていくようなのが、普遍に続くことを考える。

 司会…「文明と文化」に幅を感じる、多数者には文明しかない。普遍的な少数者には文化がある。文化なしに人間の心の安定は得られない。バスク人は、特殊性に精神の安定を得る。 磯田…城の上の火除けに、シャチホコを飾るか、消火器を置くか。消火器は文明の利器、人工知能につながる。司馬さんは、違うものを、違うものとして、一つずつ拾っていく、これがいい。 岸本…『街道をゆく』が始まった昭和46年は、日本各地で文化が失われていく時期で、それを拾う最後のチャンスだった。俳句をやるので「歳時記」をよく見るが、いろいろの習わしが昭和30年代に、さかんに途絶えていく。そういう危機感が司馬さんにはあった。 磯田…病院で生まれた人(安全な出産)と、家でお産婆さんで生まれた人の、時代の違い。 岸本…産業構造重視。 磯田…私は、NHKの「新日本紀行」を重視している。 今村…日本人らしさ。最近は、多様性と言われるが、「秋茄子は嫁に食わすな」と言うとコンプライアンスの問題になる、嫁が鼠説など、いろいろな意味があるのだが。今の時代に合わないと、潰される。文明が、文化の顔をしてやってくる。受け取り役、読み取り役のぼくらが劣化している。『21世紀を生きる君たちへ』は、小6だった。今、司馬さんは何を言ってくれるのか、自分の中の司馬さんに問いかけている。                               (つづく)

磯田道史・今村翔吾・岸本葉子各氏のシンポジウム2024/02/16 07:06

 第二部はシンポジウム「『街道をゆく』―過去から未来へ」、磯田道史・今村翔吾・岸本葉子(エッセイスト)各氏、古屋和雄さんの司会だ。 まず『街道をゆく』について。 今村…司馬さんの小説を読んだ後、中学2、3年で全部読んだ。小説を補完しようとして届かなくなり、また小説に戻った。 岸本…散策だ、頭での、足での。司馬さんと一緒に歩く。 磯田…中学以上で読んだ。紀行文がおいしかった。取材が足元から崩れていく、その差分の感じがいい。

 司会…司馬さんの旅は45歳から25年間、自然条件、山川草木の中に立ってみる、天、風の匂い。 岸本…「モンゴル紀行」が、みずみずしい。ビジュアルブック・シリーズの取材で、司馬さんの30年後に行った。司馬さんは、少年の心に帰って、沢山の体験をし、昔習ったモンゴル語で喧嘩の仲裁などしている。 磯田…「周辺」がポイント。3つか4つに分けられる。海外、古い核、境目A、境目B。海外では、オランダ、アイルランド、干拓地だ。古い核は、葛城、三輪山。境目Aは、薩長。境目Bは、糸満。『街道をゆく』ではないが、『ロシアについて』が出色。 今村…ウォッカについて、さんざんけなす、怨みでもあるのか。人生の「周辺」で蓄えられた知識。ダンスの教師をしている時、滋賀の高島に教室があって、毎週行っていたが、司馬さんはそこらへんのおばちゃんに声をかけて、聞いた逸話にちゃんとふれている。朽木の風を、的確に文章にしている。それを文章に入れると、仏像に目を入れるようになる。それは小説ともリンクしている。 磯田…直木賞の「梟(ふくろう)の城」、御斉峠(おとぎとうげ)の炭焼きのおじさんの顔が見える。司馬さんは「愉快である」が口癖。天文13年の鉄砲鍛冶、もぐさ屋はみな亀屋とか、井伊直政は家臣に関ヶ原のことを語るのを禁じたが、石田三成の領地だったから。新しい「人国記」「風土記」として読める。

 岸本…司馬さんは、五感で感じている。ゴビ砂漠に、司馬さんの30年後の2004年に行ったが、背の低い草が生えていて、良質のオリーブオイルのような香りがした。司馬さんはモンゴルのウランバートルへ三日がかりで、イルクーツクでビザを得て入ったが、今は成田から直行便がある。南ゴビは空気がいい。『草原の記』のツェヴェクマさんは周縁に生きる運命の人、人に書かれた歴史がある。 磯田…単色じゃない、画素の細かい絵。オホーツク人、アイヌ以前の。資料と旅に出て五感で感じるのが、車の両輪。糸巻のように、無意識の塊ができる、そこから雫が落ちる集中力。 今村…空気の中から、水を取り出す。書く前に、一回忘れるのは、かまわないと思う。残ったものが、小説の核になる。日本人は、「人国記」が好き、対話に入っていける。『童の神』は、土の匂いまで憶えている、ノートを放り出して行く取材が多い。                                        (つづく)

司馬遼太郎さんの第27回 菜の花忌2024/02/15 07:06

閉会後、頂いてきた日比谷花壇調製の「菜の花」

 2月12日、司馬遼太郎さんの第27回 菜の花忌が文京シビックホールであった。 シンポジウムに、磯田道史さんと『人よ、花よ、』朝日新聞連載中の今村翔吾さんが出るというので、往復はがきで申し込んだら当って、久しぶりに出かけた。 いつもの元NHKアナ古屋和雄さんの司会、テレビ『街道をゆく』の朗読でお馴染みの声だ。 まず記念財団理事長で、司馬さんのみどり夫人の弟、上村洋行さんの挨拶、東大阪市の司馬遼太郎記念館の周辺はご近所の方々の協力もあって、菜の花の花盛りだという。

 昭和46年から25年間の『街道をゆく』の旅は、みどり夫人、画家(須田剋太さんから安野光雅さん)、編集者、他社の編集者など、十数人の旅で、夜に部屋で集まってする話が面白い。 いつの間にか、司馬さんの独談となり、毎日違うテーマの興味深い話題になる、何でもない話が、歴史論、文明論にすりかわっている。 『街道をゆく』の原型は、大阪万博の2年前、昭和43年からの文藝春秋の『歴史を紀行する』。 スタイルは同じで、土佐から、竜馬と酒と黒潮、三回目に滋賀県、近江商人の故郷。 『街道をゆく』の初めは湖西の道(朽木街道)、滋賀県が好きだった。

 つづいて、司馬遼太郎賞贈賞式、第27回は岡典子さんの『沈黙の勇者たち ユダヤ人を救ったドイツ市民の戦い』(新潮社)。 スピーチで、このテーマに取り組んだのは10年前、50歳の時で、皆に反対されたが、人が最後に求めるものは何か、これからの自分と人々の道しるべになるものを、追い求めたいという衝動にかられて、20年がんばってみようと始めた。 そう思ったのは、20年間クラシック音楽をやり、桐朋学園大学でフルートを専攻、手を痛めて30歳前に筑波大学大学院で、心身障害学を研究、現在、筑波大学教授、専門は障害者教育史。

 ナチスドイツを学習することから始め、現地に何度も足を運んでいると、一筋の強い光が見えてきて、絶望より希望を感じるようになった。 ナチスドイツには、1万から1万2千人の潜伏したユダヤ人がいて、偽りの身分証などを持っていた。 一方、彼らを助けるドイツ人が2万人いた、平凡な普通の人々だったが、良心、覚悟、信念があった。 その両方の人々は、生きるとは何かを教えてくれた。 なぜ希望を持ち続けられたのか。 密告社会の中でも、互いを信じることで、結ばれていた。 相手を信じるつながり、自分は一人ではない、と。 私も編集者と出会って、昨年5月の出版に漕ぎつけたが、私も一人ではないというのが、出発点になって、多くの読者に恵まれ、この賞をいただくことになった。

 16歳から25歳までの若者の知的探究心を応援する「フェローシップ賞」は、朋優学院高校2年の船橋櫂君で、企画テーマは「関東・京都・奈良のカモ神社調査~今も残る古代カモ族の息吹を感じる~」。 『街道をゆく』にたびたび出てくる「カモ氏」に興味を惹かれ、「カモ」と名のつく土地、各地の「カモ神社」に足を運んで調査し、多くの史料にも目を通し、自分なりの考えを報告にまとめたい。

 昨年の「フェローシップ賞」、平田京妃(みやび)さん(大阪大学ベトナム語専攻2年)「ベトナムの文化から考察する健康・ダイエット」の中間報告。 ベトナムの食生活は魚中心、やせ型の人が多く、アオザイは身体の線が出て、太ると着れなくなる。 「もったいない文化」があり、「実を取ったら、木を植えた人のことを思え」という諺があり、日本の「いただきます」に通じる。 食べられない時代、二つの戦争、アジア太平洋戦争とベトナム戦争があり、「ご飯食べた?」という挨拶がある(ミャンマー、韓国も)。 日本は欧米文化の印象が強く、古さも残る町並みのベトナムの「もったいない文化」を学ぶべきだ。

二本榎、源昌寺ヤマトフ増田甲斎の墓2024/02/14 07:14

 俵元昭さんの『港区史蹟散歩』で、「画家・英一蝶の墓」の次が、「二本榎の中心地」だ。 高輪消防署二本榎出張所があるが、公式の町名に「二本榎」はないという。 出張所の向かい西側の駐車場に幹が二本に分かれた榎が一本あって、これが現在の二本榎だ、とある。 この位置に昭和37(1962)年に伊勢原市に去った上行寺(じょうぎょうじ)の門があり、その門前に街道の印に植えられた二本の榎があったため地名が起こったという。 徳川家康の入国のときにも二本榎の徳明寺(現存しない)で休憩したとある。 現在黄梅院(高輪一-27-21銭洗不動所在)に二本榎と地名の由来を石碑にしてある。

 出張所と高輪警察の間の道を右に下ると、国道1号線桜田通りを越えて、明治学院がある。 昭和29(1954)年からここの中学に通った私は、池上線で荏原中延から五反田に出て、都電4番に乗り五反田駅前から白金猿町(現、高輪台駅のところ)の次、二本榎で降りた。

 二本榎の次は、清正公前だが、そこまで行く前の右手に、源昌寺(高輪一-23-28)という寺がある。 これも『港区史蹟散歩』で知ったのだが、ここに福沢と多少関わりのあった「幕末の奇行国際人増田甲斎(橘耕斎)の墓」がある。 幕末の時代相と性格から数奇な運命をたどった人物で、経歴もはっきりしない部分がある。 遠州掛川の藩士立花粂蔵だが、人望を失う事件をおこしたとも、根津遊廓で喧嘩したとも、主家の什物を売って浪費したとも、恋愛事件で女性を殺したとも、藩風にあわず嫌われたともいう。 脱藩して博徒に交わり、のちに出家し、諸国行脚に出た。 伊豆の戸田(へた)に滞在中、ロシア軍艦の難破に遭遇し、ロシア人通訳にはかって、代船の出航に芝居用の赤毛のかつらをかぶり、伝染病の水兵を装って密出国した。 ロシアに向かう途中、イギリスの捕虜になったりしたが、ペテルスブルグでロシア外務省の通訳官となってウラジミール・イオシフォヴィッチ・ヤマトフと名乗った。 安政4(1857)年、外交官ゴシケウィッチと協力して橘耕斎の名で『和魯通言比考』を著わした。 これが最初の日露語辞典である。 その勤務ぶりにもさまざまな風説がある。 文久2(1862)年の遣欧使節で、福沢諭吉は訪れたとき刀掛けがホテルに用意してあったのに驚くが、彼の仕業だった。 滞ロ20年を経過し、明治6(1873)年岩倉具視使節団の一行に会って説得され、54歳で帰国した。 ロシア政府の年金で増上寺境内内山下谷38号の一室に起居し、明治18(1885)年65歳で死去すると、源昌寺に葬られた。 維新前後自らを運命の翻弄にまかせた型破り日本人だった。 戒名は全生院明道義白居士、墓碑銘の七言絶句に生涯が要約されているという。

 『福翁自伝』に、こうある。 ロシアで接待委員の人々と懇意になって、種々さまざまな話をしたが、接待委員以外の人からロシアに日本人がいるという噂を聞いた。 それは公然の秘密で、名はヤマトフと唱えている、会ってみたいと思ったが、逗留中会えなかった。 接待中の模様に日本風のことがある。 たとえば室内に刀掛けがあり、寝床(ベッド)には日本流の木の枕があり、湯殿にはぬか袋があり、食物も日本調理の風にして、箸茶碗なども日本の物に似ている。 どうしてもロシア人の思いつく物ではない。

 松沢弘陽さんの、新 日本古典文学大系 明治編『福澤諭吉集』『福翁自伝』校注には、橘耕斎として、こうある。 職務上の過ちのため脱藩、伊豆戸田村に滞在中、同地で安政大地震のため大破した乗艦の代船を建造中のロシア使節プチャーチンの一行を知り、中国語通訳官ゴシケビチのすすめで、国外に脱出し、1856年ごろペテルブルグに到る。 1857年ゴシケビチを助けて『和魯通言比考』を刊行、受洗してウラジミール・ヨシフォビチ・ヤマトフ(大和夫)と改名し、ロシア外務省通訳官やペテルブルグ大学日本語教師を務めた。 明治7年帰国、増田甲斎と名乗り、仏門に入った。 「西航手帳」文久2年閏8月2日(1862年9月25日)の条にフランスの友人ロニからペテルブルグで「橘耕斎」に会ったことを聞いたと記す(『全集』19、105頁)から、福沢はヤマトフの本名を橘耕斎であることをペテルブルグ滞在中には知ったのではないか、と。(福沢のサンクト・ペテルブルク滞在は、1862年8月9日から9月17日。文久2年閏8月2日は、1862年9月25日で、福沢は9月22日からパリに戻っていた。)

元禄地震 房総沖巨大地震と大津波<等々力短信 第1176号 2024(令和6).2.25.>2/12発信2024/02/12 07:10

 能登半島地震が発生する前日発行の大冊、古山(こやま)豊編著『元禄地震 房総沖巨大地震と大津波』を、『雷鼓』を出しておられた岩本紀子さんから頂いた。 古山豊さんは、千葉県大網白里市在住の県立御宿高校や東金高校校長を務められた方で、40年以上前の昭和56(1981)年に勤務先に近い茂原市鷲巣の鷲山寺(しゅうさんじ)で「元禄津波供養塔」に出合って以来、元禄地震の研究を続けてきた。

 赤穂浪士の吉良邸討入の翌年、元禄16(1703)年12月31日に発生した元禄地震は、江戸初期から今日までの約400年間で、房総半島に最大の被害(死者6千人超、90%以上が津波による溺死)をもたらした。 にもかかわらず、この地震に関する新史料の発掘は少なく、霧に閉ざされた地震の一つとして研究する学者も限られていたという。 古山さんは、地の利があり、地域の「市町村史」に精通、県内各地の沿岸沿いを徹底的に調査し、新史料を多数発掘(石碑、古文書等100点以上)、私家本3冊にまとめ、東京大学地震研究所等にも送付した。 『理科年表』は大正14(1925)年初版以来、簡略だったこの地震の記載が、令和3年版では「元禄の関東地震」相模・武蔵・上総・安房で震度大、特に小田原城下は全滅、全体で死者約1万、潰家2万2千等と詳しくなった。

 元禄地震は、真冬の真夜中に発生、津波は3度襲来、九十九里浜南部5~6mの津波、鰯の豊漁期で沿岸滞在者多数が溺死、地曳網の被害甚大、沿岸の村々は約2/3が浸水、田畑の塩土を除くのに3~5年、それでも元に戻らず生活困窮、安房では山崩れ被害。

 この地震の第一級史料は、柳沢吉保の公用日記『楽只堂(らくしどう)年録』で、房総の被害が13頁にわたって、この本に紹介されている。 吉保の父、安忠は三代将軍家光に上総国市袋(いちのふくろ)に知行地を賜り、三歳の綱吉の守役となった。 吉保の母は、その市袋の名主の娘きの、行儀見習いで柳沢家に上がっていて安忠の手がついたという。 吉保を生むと、すぐ実家に戻り、佐瀬家に嫁ぎ、男児をもうける。 夫に先立たれ、さらに儒者の大沼林斎に再嫁して男児を生む。 林斎は、荻生徂徠の父方庵の弟子で、徂徠と机を並べて学んでいた。 吉保は、18歳から綱吉に近侍し、23歳で綱吉が五代将軍になると小納戸役となる。 母きの女を引き取り、異父弟二人は吉保に仕え、柳沢姓を許され、重臣となる。 元禄元年31歳で側用人、1万2千石余の大名となる。 元禄7年、7万2千石余の川越城主、元禄9年、荻生徂徠を召し抱える。 吉保は、異例の昇進により悪辣な策謀家とされるが、善政で領民に慕われ、綱吉の好学に添い学問・教養の面でも優れていた。 元禄地震の翌年、甲州15万石に封じられる。

 能登半島地震に際し、「温故知新」元禄地震は多くの教訓を残している。