加藤詔士先生(英国教育史・日英交流史)との出会い2020/08/10 07:09

 加藤詔士名古屋大学名誉教授とは、2016年に弘前へ行った福澤諭吉協会の旅行でご一緒した。 。 どういう方か知らずに、「等々力短信」をお送りするようになった。 折に触れ、温かい感想をお寄せ下さる有難い読者である。 ご専門は、英国教育史、日英交流史で、神戸商科大学教授、名古屋大学教授、愛知大学教授を歴任された。 実は今年の3月、この日記に[昔、書いた福沢シリーズ]12日の「福沢索引2006年5月のブログ・W・K・バルトン生誕150年[昔、書いた福沢233]」を準備していたら、2006年5月13日「日本の公衆衛生の父」バルトン記念の会<小人閑居日記 2006.5.15. >に、13日、目黒の東京都庭園美術館の新館ホールで「W・K・バルトン生誕150年記念講演会」で、加藤詔士先生のご講演を引用した記述が出てきた。 弘前の旅行でお目にかかる10年前に、ご講演を聴いていたわけで、うっかりしていたことに驚いたのだった。

 先日、短信、戦国時代の日本と世界史、『二十四の瞳』(教職課程を教えておられた頃、小説と映画を紹介なさったそうで)への感想とともに、季刊誌と論文の抜刷を送って下さった。 2020年6月大林組発行の『季刊大林No.60技術者Engineers』と、日本英学史学会『東日本英学史研究』第19号2020年抜刷「「お雇い教師」研究の再構成」、名古屋大学大学文書資料室ニュース第37号2020年3月「お雇い医学教師ローレツ先生記念コンサート―オーストリアの古城で日澳交流―」である。 『季刊大林』は、写真が多数入った立派な本で、加藤詔士先生の「ヘンリー・ダイアー エンジニア教育の創出」が載っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック