春風亭一朝の「突き落とし」前半2023/03/06 07:08

 指にも色気がある、と一朝は始めた。 小指を出すと、とんとんと話が運ぶ。 近頃、出来てるそうじゃないか。 一杯おごるよ。 人差し指を曲げて、ビン公、近頃やってるそうじゃないか。 何を! と喧嘩になる。 真っすぐ、指を伸ばすのもある。 上野駅は、どちらで? 真っすぐ行って、左に曲がる。 鈴本は? 指が違うと、わからない。

 若い者が集まっている。 女が好きだ、好きで好きでしょうがない、女になりたいくらいだ。 吉原、遊女三千人御免の場所。 朝、女郎に、もう帰るのかと腕をキューッとつねられたと、そのアザを有難がっている。 女郎の方は、こんな野郎に、安いゼニで、くやしいとつねった。 見解の相違。 そのアザを自慢して、友達に見せて歩く。 女が、惚れてるね。 「アザがつくほどつねっておくれ、それを惚気(ノロケ)の種にする」。 色が薄くなると、自分でつねって、色上げをする。 俺なんか、女に喰いつかれた。 シマ蛇みたいな女だな。 やけに大きい歯型だ。 笑いながら、噛みついた。

 これから、繰り込むか。 刑務所へ? 仲へ行こう、吉原へ。 銭があるか? 懐かしいねえ。 持ってないことはない。 いくら? 1銭。 死ね。 そっちの方は? 俺にまかせるのか。 大きい方か、小さい方か? 両方ねえ。 懐に手を入れてたじゃねえか。 フンドシ、直してたんだ。 まぎらわしい恰好をするな。 善ちゃんは? 銭はねえ。 丁寧に聞けよ。 あなた、お足ありますか? いいえ、私しゃあ、ありません。 鉄ちゃん? ない。 早いね。 口、開けて、待ってた。 金を持ってるのは、一人もいないのか、男、廃業しろ。 そういうお前は、どうなんだ。 俺があれば、手前え達に聞いたりしない。 どうだい、酒をたらふく飲んで、食って、遊んで、タダで帰って来ようという考えがある。

 芝居で、俺を棟梁、お前達が仕手方ということでよければ、タダで遊べる。 初会の店、それも中店の下に登楼(あが)る。 源ちゃん、口が達者だから、若い衆に、俺たちは大工で棟梁が一緒、明日は番町の屋敷の建前だ、棟梁がふだん遊んでいる角海老じゃなくて、俺たち分相応の店だけれど、棟梁が「うん」というかなって言うんだ。 若い衆が、「お口添えを」って言うから、大きな声で「トウリュウ!」と呼ぶ。 俺が、「一緒に登楼って、やろうじゃないか」、と言う。

 どうぞ、お登楼りを、となるから、どんどん登楼って、酒や台の物をたらふく頼んで、ドガチャカ遊ぶ。 若い衆に勘定ってことを、言わせない。 芸者を揚げて、さんざん飲み食いして、酔っ払ったまま、おしけになる。 朝になって、勘定を取りに来たら、紙入れを探し、若い者に預けてあることを思い出す。 市村羽左衛門、橘屋の出番だ、清ちゃん、清公、いいねえ。 長火鉢の横で、お内儀さんに言われた、明日は大切な建前だから、間違いがあるといけないから、紙入れは預かっておくよ、と。 それで預けたのを、忘れておりました、と。 馬鹿、間抜け! と、俺が二つ、三つ張り倒す。 えっ、イヤだな。 羽左衛門だよ、言うとおりにしてくれ。 わかった、頭のこっちにしてくれ、こっちはオデキがある。 大丈夫、芝居だ。 信ちゃんがまあまあと、間に入って、若い衆を廊下に出す。

 これから残らず払うんだが、誰かが取りに行けばいいんだが、今日は建前でみんな行かなくっちゃならない、大門を出てすぐの田町だから取りに来てくれと、若い衆を表に連れ出す。 女にもてた、もてない、という話になり、立小便をすれば判る、鉄漿溝(おはぐろどぶ)の所で、一番の奴に羽織と祝儀をやろう、と言う。 若い衆も一緒にやらせて、後ろから腰のあたりを突き飛ばす。 アラヨって、みんなで逃げようってんだ、どうだ。 そんな知恵があって、何で偉くならねえ。

春風亭一朝の「突き落とし」後半2023/03/07 07:10

 みんなで、ぞろぞろ大門をくぐる。 お遊び願いたいんですが…、お願いします。 駄目だ、棟梁が一緒なんだよ、棟梁がふだん遊んでいるのは角海老、格式、方式が、お前んとこのような安直なんじゃない。 見ろよ、いいねえ、中の下だよ。 ちょっとお待ち下さい、手前どもにも面白いところがある。 棟梁に、聞いてみよう。 棟梁、電信柱の陰で甘納豆を食って、つっぱらかってる。 こんな店だけど、どうでしょう? いいよ、一緒に登楼ってやろう。 大勢さん、お登楼りになるよ!

 芸者を揚げて、さんざん飲み食いして、それぞれ遊んで、おしけになる。 カラスカアで、夜が明ける。 何だい、見て頂きたい物って? 勘定書か、もう済んじゃってんだろ。 おうおう、ずいぶん飲んだね。 ずいぶん、書いてきたね。 ビール半ダース、お持ち帰り。 吉さんという方が、近所のお土産だそうで。 鳥打帽子一つ。 新さんという方が、洒落にかぶると、洋品屋からお取り寄せに。 長靴一足。 鉄さんという方が、業平橋に伯父さんがいらっしゃるとかで。 アレッ…(懐をさぐり)、紙入れ、乱れ箱にあるだろう。 ありません。 違い棚は? ありません。 そうだ、ゆんべ、飲み過ぎて、預けておいたんだ。

 みんな、集まれ。 清公! 俺はいい、羽左衛門やめた。 おはよう! おはよう! おはよう! 清ちゃん、紙入れ、お前じゃないか。 姐さんに言われた、明日は大切な建前だから、間違いがあるといけないから、紙入れは預かっておくよ、と預けたのを、忘れてきた。 馬鹿、間抜け、ゲジゲジ! イテェ、こっちは、ぶっちゃいけねえって方を、ぶった。 すぐそこ、大門を出てすぐの田町だから、付き合ってくれねえか。 弱りましたね、そういうことはやらないんでございます。 お前の裁量で。 ご内証が五月蠅いんで。 昨夜は、派手なお遊び、福の神が舞い込んだようで、と言っていたじゃないか。 運の神様の髪は、前髪だけで、後ろはツルッ禿だという、札が舞い込んで来るのをつかまないと駄目だ。 他の者でしたら。 金どん、行ってくれるかい。 こちらの者が参ります。 いいねえ。 ヒョロヒョロだ、突き落とし易い。

 ゆんべは、女にもてたな。 立小便をすれば判る。 一番もてた奴に、羽織と祝儀をやろう。 若い衆も、一緒にしないか。 私、出ませんから。 関東のなんとかというじゃないか、付き合えよ。 尾籠なお話ですが、みんな鉄漿溝(おはぐろどぶ)に並んで、立小便をする。 若い衆の腰のあたりを、誰かが突き飛ばす。 キャーーッ、ドボン!

 アラヨッ、逃げろ。 遅いな。 吉さんは、ビール半ダース、担いでるんだ、エビスビール。 新さんは、帽子が飛ばないように走る。 鉄さんは、長靴で、カッパン、カッパン、走ってる。 そこの路地を曲がれ。 みんな、いるか? 一人、足んねえ。 清公だ、腰を突き飛ばしたのは、あいつだ。 向うから、来たよ。 待ってくれーーッ。 いい煙草入れだな、それ。 若い衆が腰に下げていた、もったいないから持って来た。 泥棒だ。

 味を占めて、今度は品川でやったところ、顕われて、一同、高輪警察に留められているそうで。

柳家小せんの「三人無筆」2023/03/08 07:10

 小せんは、小豆色の縞の着物に、黒の羽織。 辰は、字の読み書きが出来るんだって、だから腕が悪いんだ。 留公、兄貴に手紙書いてるっていうが、書けるのか。 いいんだよ、兄貴も字が読めないんだから。 そういうふうに昔は、字の読み書きのできない、無筆の人がいた。

 おっかあ、夜逃げだ、伊勢屋のお弔いの受付の帳付けを頼まれた。 お通夜に行って、奥の座敷で、饅頭を口に入れた途端に、明日帳付けお願いしますと、言われたんだよ。 饅頭一つ取って口に入れ、ついでだと、もう一つってんで、二つ食った。 親類の人かな、黒い着物を着た人に、饅頭を呑み込んでいる間に、快く引き受けてくれて有難うって、言われた。 夜逃げしよう。 お前さん、夜逃げすることはないよ、身体で字を書きゃあいい、帳付けを頼むのに一人ってことはないだろう、明日、早く行って、用事をみんな済ましておいて、相方の人に頼みゃあいい、それが身体で字を書くってことだよ、早く寝ちまいな。

 お前さん、起きとくれ。 そうだ、急いで行かないと。 寝巻で、どうする。 おまんま食べて、羽織を着て、山谷のお寺へ行っといで。 どこの寺だっけ、ここだったかな、伊勢屋さんのお弔いはこちらで? 廊下の突き当りです。 あなたが甚平さんですか、どうか、ずいずいっと奥へ、私は杢平、用事は全部済ませておきましたが、一つだけ頼みたい、帳付けをお願いします。 エッ、あなたも無筆ですか、私も無筆で十二筆。

 どうしましょう。 なれ合いの喧嘩をして、机をひっくり返す、肩を衝く、頭を二つ三つ殴る、ごろごろ蹴ったりして、二人とも戻って来ない、ってのはどうでしょう? 駄目だ。 「帳面はめいめい付け、向こう付け」とでもしましょうか、仏の遺言で、と。

 ご苦労様です、万屋、善兵衛とお願いします。 帳面はめいめい付けになってます。 そうですか。 うまくいきました。 相模屋、与兵衛とお願いします。 帳面はめいめい付けで。 手習いのお師匠さんが来て、それもいいですね、それぞれの手が残る、と記帳する。 棟梁だ。 大工政五郎と、お願いします。 代筆も構わないと遺言にある。 手習いのお師匠さんが、そっちに回ってもいいですか、と、その後も、表書きまで書いてくれた。

 そろそろ片付けて。 熊五郎と書いてくれ。 品川に遊びに行っていて、女が離さない。 「めいめい付け」、息が切れていても、手が震えていても、だめ。 無筆なんだ。 実は私達も無筆。 何、帳付けが無筆だ。 どうして早く来ない、ここは山谷だよ、なぜ吉原で遊ばないんだ。 伊勢屋さんには世話になったんだ、なんとかしてくれよ。 大丈夫、熊さんは御弔いに来なくてもいいってのも、仏の遺言にしときますから。

柳家喬太郎の「按摩の炬燵」前半2023/03/09 07:06

 喬太郎、膝隠しを置いたところに出て、どかり胡坐をかく。 膝の悪いのが慢性化して、今日は釈台を使うので、ご勘弁を。 大喜利の司会を、やろうってんじゃない、TBSで話すのも何だが…。

寒さ、今年程度じゃ、耳が切れるって程じゃない。 何でまた、小僧が集まって、私に話があるのか。 善どん、彦どん、勝どん、言いなよ。 番頭さん、寒くて辛抱が出来ません。 ご当家の蒲団は、センがなくてベエ蒲団、辛抱がなりません。 番頭さんから、奥に言って頂きたい、蒲団を一枚。 偉くなったものだ、奉公に来てるんだ、修業の身で、贅沢だ、生意気言うんじゃありません。

 番頭さんは、炬燵か、行火を入れていらっしゃるんだろう。 私も、奉公人だから入れたことはない、つまらぬことは言うな。 寝よか、寝よう、お休みなさいまし。 待ちな、待ちな。 そこに、お座んなさい。 寒いね、今年の寒さは格別だ。 今朝は、霜も降りてた。 奥へは、言いにくい、私は間に入ってるんで。 当家は、旦那も、お内儀さんも、いい方だ。

 ちょいと一杯ひっかければ、身体が温ったまる。 按摩の米市さんが奥に来ている。 今夜一晩だけ、米市さんに泊まってもらって、お酒を飲んでもらって、一晩、手なり、足なり、つけさせてもらおうってんで、頼んでみよう。

 米市さん、そこに座って、今日はこの後、何かあるの。 何もない。 たまには、泊って行かないかい。 ご当家に、あっしが……、どうせ帰っても、独り者で、せんべい蒲団の柏餅ですから。 皆さんもいいの、じゃあ、お言葉に甘えて。 一杯やってもらおうと思ってね。 盆と正月が一緒に来たようで。 寝るのは、番頭さんの部屋ですか。 寝た後に、頼みがある。 すみません、相手が番頭さんてのは、どうも……。 一晩、手なり、足なりをつけさせてもらおうというんで。 あっしを炬燵にしようてんですか。 私は、若い者、小僧が真似をするんで、今まで炬燵も行火も入れたことがない。 へい、わかりやした、喜んで炬燵になりましょう。

 火の熾し具合だが、五合、六合、炭からがんがんと。 五合、燗を付けて。 鼠入らずに、佃煮もある。 湯呑で。 番頭さんが注いでくれるんですか。 湯呑に指を入れて…、いい燗だ。 いただくよ、ワーーッ、入ってく、うめえな、こりゃあ! いい酒だ、アタピンじゃない。 上燗でございます、てえしたもんだ、徳どん、小僧さんなのにね、こういう燗がいい。

柳家喬太郎の「按摩の炬燵」後半2023/03/10 06:47

 今日は、一日終った。 酒の方から、入っていくからね、ワーーッ、ハハハ、ありがてえ。 番頭さん、いい炬燵になりますよ。 番頭さんも、飲みねえ。 誰も飲まない、一人も…。 飲むのは、わっしだけ? みんなで一人を見てるの、申し訳ないねえ。 飲めねえ、飲めねえ…、と飲む。 徳どん、燗に気が入ってないね、これでいいんだという感じになってる。 それでも、うめえや、疲れが取れるような心持になる。 酒なくてなんのおのれが桜かな。 これだ、これだ、香りが口の中から、鼻に攻めてくる。 誰か、飲もうよ。 出来ないよ、そんなずうずうしい真似は…。 ほかほかしてきた。 羽織(と、畳み)、置いときます。 申し訳ない、ヘイ、ヘイ、ヘイ。 ン、だったら冷やの方がいいね。 せっかく旨い酒だから。 佃煮、これで。 ン、ハゼだ、こういうのがよござんすね。 近頃、海老なんていうけれど、口の中でチクチクしてね。 帰る時、月夜か闇夜か訊く、提灯を借りる、人にぶちあたらないように、目明き除けの提灯。 木村さんのお宅で、提灯借りて、広小路でドスン! どこに目つけてんだ! カチンと来た。 目の見えねえ目明きか! 按摩さんかい、無理言っちゃいけない、提灯の火が消えてるよって。 ハハハハハ。

 今夜、泊れるよ。 独り者だ、かみさん、もらわないかという話もなかった訳じゃない。 酒、これがあっしのかみさん、ハハハハハ、不自由なことはない、ずっと一人で生きてきたから。 生まれつきだから、見えるってのが、わからない。 今から見えてもね。 ガキの時分から、番頭さんとは友達なんで、ハハハハハ。 悪かったんだよ、一緒に柿泥棒やって、番頭さんは十四の歳まで寝小便が治らなかった、ハハハハハ。 その時分、やーーい、やーーい、見えねえだろうって! かばってくれるのが、番頭さん、ありがとうね。 酔っぱらったね、アハハ、今夜は楽しい。 いい夜だよ、楽しいよね、みんな……、そうだ炬燵を忘れていた。 みんなも眠いもんね。

 熱いね、これ、徳どん、煮え燗みたいにしちゃって。 どうする、どうする、スッファ。 みんな寝たいね。 ククククク、カッカしてきた。 いい炬燵になる。 皆さん、お休みなさい。 勝手知ったる…、蒲団敷いてあるんだ。 それじゃ、お休みなさい。

 米市さん、長々寝られちゃあ、困るんだよ。 炬燵の形になってくれ。 そうだった、こんな塩梅でいいですか。 みんなで、当たらせてもらおう。 徳どん、頭のところに当たれ、頭を挟むように。 えっ、番頭さんだけじゃなくて、皆さんで当たるのか……、いいよ。 つめて、つめて。 アッ、ウーーッ、ウーーッ、エッ、アーーッ、アーーッ、酔いなんか醒めちゃうよ。 ねえ、寝ちゃったのかい、折角だから、話をしようよ、旦那の話、お内儀さんの話。 ねえ、だんだん眠くなる。 善どん、勝どん、徳どん、彦どん! みんな、寝ちまったのか、綿の如くってやつだな。 実る程頭を垂れる稲穂かな。

 おっかさん! 徳どんだな。 やい、活版屋の小僧、よくいじめやがったな。 こうやって、みんな偉くなっていくんだ。 六どん、もう、辛抱できないから、そこのドブでやっちゃうよ! 寝小便は、いけないよ。 アッ、ウォーーッ、ウォーーッ、ビショビショだ。 拭いて、拭いて……、米市さんに、もう一度、炭を熾して、炬燵をやってもらおう。 炬燵は無理です、今の小便で火が消えました。