見方、考え方を変えると、バラ色の景色になる2023/06/20 06:57

 大塚宣夫さんの「いくつまで生きますか?」、2月号では、人生における80歳とはどんな立ち位置かと考える。 75歳を過ぎると後期高齢者という区分に分類される。 75歳という数字はそれなりの根拠があり、体の中の各臓器の耐用年数が過ぎるがゆえに、いろいろなことが起こり始める。 筋力が落ち、体のバランスが崩れ、手や足の感覚がずれ、それに視力障害が加わったりするため、転倒や転落など、生活上の事故が急激に増える。 加えて、加齢とともに脳梗塞や心疾患、悪性腫瘍の発生率も上昇する。

 75歳を超えるあたりから世代交代の圧力が強まり、老害呼ばわりされかねない。 それに抗して生涯現役を目指すか、あるいはこれを機に新しい生き方を模索するか、決断のしどころかもしれない。 大塚さんは、振り返ってみると、若い頃からいつも周囲の期待を背に、世間並み、あるいはそれよりも上を意識しながら走り続けてきた気がする、という。

 しかし、今や周囲の期待に応えなくていいとなると……。 今から受験勉強しなくていい、子育てしなくていい、家族を支えなくていい、嫌な仕事をしなくていい。 ちょっと数え上げただけでも、気分は上向きになることばかり、嫌いなことはしなくてもいいのだ。 それを前提に、この先の生活を考えればよいとなると、結構ワクワクしないだろうか。 考え方、見方をちょっと変えるだけで、景色はこんなにも一気に変わるのだ、という。

 3月号。 この時期、身体能力も、精神的能力も、ピーク時から見れば明らかに劣っており、この先さらに衰えていく途上にあることも、厳しい現実だ。 だが、これも別の見方をすれば、能力的には今日が一番の高みにあるということになる。 やりたいことがあるなら、一年後はおろか、一か月後にできるとは限らないので、今すぐ始めなければ間に合わなくなる。

 周囲からの期待や圧力もなく、自分の好きなように過ごしていれば、そのうちゴールに到達、これを人生の黄金期と言わずして何というのだろうか。 この黄金期のスタートに当たり、何から始めようか。 ここ十年来、世の中は「断捨離」ブームだが、身の回りに残っている品には、思い出と愛着が詰まっていて、それを捨てるとなると大変な決断の連続で、その実行には多大な精神的エネルギーを必要とする。 残された気力と時間の少ない高齢者がやらなくても、当の本人がいなくなった後、その品に愛着のない人がやれば、一瞬にしてまとめて捨てておしまいといった代物だから、それに任せるに限る。

 大塚さんが、手始めにやろうとしている断捨離は、「物捨て」でなく、今までいろいろなしがらみの中で、嫌々ながらやってきたことから、自分を解放する断捨離だという。 具体的には、(1)不得手なこと、やりたくないことをやめること。(2)嫌な人とは付き合わないこと。(3)義理を欠くこと。 たったこれだけで毎日は何と豊かになることか、この先の人生、ますますバラ色に見えてくる、という。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック