永井荷風と広尾光林寺ヒュースケンの墓2020/12/28 06:57

 19日に、来年2月の「三田あるこう会」の下見で、当番の宮川幸雄会長の補助、新入りの見習いとして、上大崎の常光寺と港区立郷土歴史館、昼食場所の予約に同行させてもらった。 旧公衆衛生院の建物を使った港区立郷土歴史館は2018(平成30)年11月にオープンしたそうだが、初めて行った。 常設展だけを見たが、立派な施設で、内容も建物も見応えがある。 宮川さんと話しながら見ていて、善福寺や東禅寺に外国の公使館があった展示のあたりだったか、永井荷風に詳しい宮川さんが「『断腸亭日乗』に、荷風がヒュースケンの墓をしばしば訪れている。その寺は光林寺で、一篇の文章がある」というようなことを話してくれた。

 光林寺は天現寺の近く、昔、「光林寺前」という都電の停留所があった寺だ。 よくメールをくれる友人の家の墓所があると聞いていた。 最近では、樹木希林の葬儀があって、墓もあるはずだ。 家に帰って、岩波文庫の『摘録 断腸亭日乗』をパラパラやっていると、(下巻)昭和二十一年丙戌歳(1946年)の「一月初二。ヒュースケン墓の事をかきて『墓畔の梅』と題し時事新報社に送る。」とあった。 『時事新報』は、戦後の昭和21(1946)年1月1日に、戦前主筆を務めていた板倉卓造や、『産業経済新聞』を率いていた前田久吉らの手によって復刊したから、その復刊直後に、永井荷風が寄稿していたことになる。

 『墓畔の梅』で探すと、岩波文庫の永井荷風『問はずがたり・吾妻橋 他十八編』に収録されていることがわかった。 5ページほどの短編だ。 「故郷の東京には、去年の秋流寓先から帰ったその日、ほんの一夜を明(あか)したばかりなので、その後は東京の町がどうなったか、何も知るよしがない。」と始まる。 春が近くなって、何かにつけてアメリカのことが胸底に往来する折からか、ある年の春、麻布広尾の光林寺の後丘に米国通訳官ヒュースケンの墳墓をたずねたことを思い出した、というのである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック