松陰の兄・杉民治(みんじ)2015/02/01 07:56

 「等々力短信」第1067号「松陰、ペリー黒船に密航図る」を読んだ方から、 いくつかの反響があった。 その一つ、群馬県高崎市在住で2006年2月22日 から当日記で、その新聞執筆コラム「ちょんまげ時代の高崎」を紹介したこと のある堤克政さんは、吉田松陰と杉道助さんの関係を知って、道助さんの祖父 で、松陰の兄杉民治(みんじ・『花燃ゆ』では梅太郎(原田泰造))のことを調 べたという。 杉一家は犯罪人とされた松陰に苦しめられながらも、堂々と生 き、明治になって長州の天下になると、杉民治は松下村塾を再興し、女学校の 校長として女子教育に生涯を捧げたそうだ。

 さらに、小田村伊之助、改名し楫取素彦(かとりもとひこ)は、群馬県令に なる。 杉文は最初久坂玄瑞と結婚するが、久坂の死後、明治になって妻寿(文 の姉)に死なれた楫取素彦と再婚する。 『花燃ゆ』は、群馬県令とその妻が 主役のドラマだというので、群馬県、とくに前橋市は大変熱を上げていて、観 光客の来訪に期待しているそうだが、観光の対象になるような物件が文に関し ては全くなく、楫取素彦については余りないのだそうだ。

 その手紙を読んで、私も、少し杉民治と、楫取素彦について、調べてみた。  杉民治(梅太郎)は、文政11(1828)年長州藩士杉常道(百合之助)と母滝の 長男として長門国萩の松本村に生れた。 兄弟姉妹は、二つ下の松陰寅次郎、 芳子、寿(久)、艶、文(美和子)、敏三郎の三男四女だった。 幼少期は寅次 郎とともに父や叔父玉木文之進に学び、のちに藩校「明倫館」で学んだ。 嘉 永6(1853)年江戸湾警備のため相模国上宮田(現在の三浦海岸駅周辺)に出 張するが、翌安政元(1854)年松陰の黒船密航未遂事件に関連して帰国し、郡 奉行所勤務となった。 しかし安政6(1859)年安政の大獄で捕縛された松陰 に連座して、父百合之助とともに免職となる。 翌万延元(1860)年杉家を相 続して、再び藩に出仕。 文久3(1863)年御蔵元役所本締役となる。 慶應 元(1865)年藩内戦の際は、東光寺組を結成し、手廻組として藩の革新派に加 わった。 同年、民生方御用掛、明治元(1868)年当島・浜崎の宰判(一人の 代官の管轄する行政区画、萩市及び阿武郡の一部)の民政主事助役となる。 明 治2(1869)年藩の役人として民政に尽したことが評価され、藩主から民治(み んじ)の名を与えられた。 新政府では山口県に出仕し、ほとんど平地のない この山代地域で、雑木林を切り拓き、川の水を水路に引いて新田開発を行うな どの功績がある。 明治11(1878)年まで長州の発展に寄与して退職した。

 明治13(1880)年頃、閉鎖されていた松下村塾を再興、子弟の教育に当っ た。 明治25(1892)年5月、私立修善女学校の校長となり、女子教育にも 努めている。 明治29(1896)年に財政難で一度閉鎖されたが、明治36(1903) 年に萩婦人会(民治の妻幸子(亀)が幹事の一人、妹楫取美和子(文)は副会 長の一人)が設立母体となって再開され、杉民治が再び校長となった。

 明治43(1910)年11月、82歳で死去した。 杉民治には、吉田小太郎、滝 子、道子の3人の子があり、杉道助さんは、次女滝子の子である。

コメント

_ Agnes ― 2017/12/21 16:11

杉民治を検索していてこちらのブログを見つけました。
杉民治には長女豊、長男小太郎、次女滝子、道子がいます。豊は玉木家に養子に入った正誼と結婚し、55歳まで生きます。しかし民治の長男吉田小太郎(19歳)と娘婿の玉木正誼(23歳)は萩の乱で戦死。吉田家は道子が嗣ぎますが2歳で亡くなります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック