≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼす≫2017/08/01 07:10

 「社会問題解決型AIひろし」は、あるデータが他の沢山のデータに影響を 及ぼす、つまり社会への影響力があり、日本の未来を動かす10のカギを見つ け出した。 影響力の大きい順に、第1位・核家族世帯数、第2位・40代ひと り暮らし率、第3位・病院数、第4位・女子中学生 肥満指数、第5位・平均 婚姻年齢、第6位・乗用車保有数、第7位・“できちゃった婚”率、第8位・ 平均寿命、第9位・老衰死亡者数、第10位・婚姻件数。 第2位や第4位は、 人間には到底考えられない意外なものである。

 「AIひろし」が読み解いた五つの提言に戻る。 その第二は《少子化を食い 止めるには 結婚よりもクルマを買え》。 合計特殊出生率は、製造業付加価値 額、乗用車保有数に連動し、反対に“できちゃった婚”率、平均婚姻年齢には 連動しない。 婚姻件数が増加しても、出生率はダウンする。 コメンテータ ーは、クルマは日本の基幹産業で、経済全般に影響を及ぼすと読み解く。 「AI ひろし」は過去のデータによっているから、次の基幹産業は示さない。 マツ コ・デラックスは、プリミティブなもの、農業では、と言う。 日本の食糧自 給率が39%と低いこと、秋田県大潟村の大規模農業などに触れた。

提言の第三は≪ラブホテルが多いと 女性が活躍する≫。 最近のラブホテル は、外人観光客にも利用され、2020年のオリンピックに向けて国も活用を考え ているそうだ。 「かしま(貸間)産業」を研究しているキム・イッキョン(金 益見)神戸学院大教授は、女性一人の休息や女子会プラン等の利用があるとい う。 社会学者のリチャード・フロリダは、クリエーティブで自由な雰囲気の 町や階級が、経済成長の原動力になると指摘しているという。

提言の第四は≪男の人生のカギは 女子中学生の“ぽっちゃり度”≫。 女子 中学生の肥満指数に連動しているのは、30代前半の未婚率、40代の離婚率で、 さっぱり意味がわからない。 坂田教授は、女性が(消費その他)何事でもリ ーダーシップを取っているということではないか、と。

そして一番の問題となる、提言の第五は≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼ す≫。 「40代ひとり暮らし」(249万人・全人口の2%)が増えると、自殺 者数や生活保護費が増え、出生率が減る。 「40代ひとり暮らし」が2倍にな ると、社会のさまざまなデータが変化する、空き家数は27%増、餓死者数(栄 養失調を含む)は49%増、合計特殊出生率は12%減。 下町と再開発が混在 した荒川区役所の担当者たちは、「40代ひとり暮らし」を、盲点で、行政と一 番接点がないという。 老人クラブの会員数は減少し、救急出動の件数は5年 で700件も増えた。 坂田教授は、大都市の現象、公的サポートに頼る地区。  柴田准教授は、地域のネットワークが途切れている、親の孤独の問題にも共通 の要素を考える必要がある、「社会のカナリア」かも。 大越記者主幹は、ここ に響くことは全体に響く「社会のツボ」なのか、と。

≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼす≫という「孤立社会」のキーワードが 見えて来た。 これに対策を取れば、少子化、財政悪化、貧困を、一気に解決 できるかもしれない。 マツコは、40代ひとり暮らしは、非正規雇用の先頭の 世代だと指摘した。 「AIひろし」は、解決策として、「家賃(民間賃貸家賃 (1坪当り))を下げれば、40代ひとり暮らしが激減する」と示した。 1坪当 り家賃を1000円下げれば、40代ひとり暮らし(249万人・全人口の2%)は およそ38万人減る。 スーパーでパート勤めの山田さん(42・男性)は月収 12万円、家賃4万5千円だ。 荒川区では、ひとり暮らし用の1Kか1LDK が増えている、ファミリー用より家賃を高く設定できるので、家主が儲かるか らだ。 マツコは、フランスで出生率が増加したが、補助金はそんなに多くな い、と。 坂田教授は、フランスの全世帯の21%が家賃補助を受けている、国 の姿勢、雰囲気の問題と。 結婚以外の選択肢として、シェアハウス、コレク ティブハウス(幅広い世代がゆるやかなコミュニティをつくりあげる共同の住 まい、第一号は荒川区にある)の話題も出た。

「社会問題解決型AI」についての全体的感想。 大越記者主幹、成長一点張 りのモデルを疑ってみたらどうか。 坂田教授、AIとお友達にならないと、解 決策が出て来ない。 柴田准教授、希望を感じる。 マツコ、AIは予測できな いものに対して、ヒントを与えてくれる存在。