公議輿論と福沢の官民調和論2021/01/22 07:03

 明治23(1890)年11月、議会が始まると、政府の期待に反して、政府を批判する議員が多数を占めた。 初期議会には政党と藩閥との対立があり、藩閥は富国強兵を目指し、民党は民力休養すなわち地租の軽減を求めた。 ただ、民党の藩閥批判は、官吏の特権や高圧的な態度、それに特権階級の贅沢に向けられており、富国強兵については、海軍軍拡が過大であるという批判以外は、必ずしも決定的に対立していなかった。

 議会は閉鎖されることもなく運営され、やがては、かつては国賊呼ばわりされた民党から閣僚が登場し、さらには政党が政権を担当するようにもなっていく。 政権への参加は、ジグザクの道筋をたどりながら、着実に広がっていったのである。

 福沢諭吉は、長年官民調和論を唱え、政党は政府の政策を好意的に検討し、できればそれを受け入れ、一方で藩閥政府は胸襟を開いて政党と提携し、できれば政党指導者を閣内に受け入れるように主張した。 それが実現されていった。 北岡伸一さんは、これは維新の理念である公議輿論が、勝利を納めたということでもあった、とする。 そして、世界の多くで、政治闘争がルール化されることはごく稀なことであり、平和裡の政権交代はまことに難しいもので、明治の初期議会は稀な成功例の一つなのである、という。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック