柳家喬太郎の「そば清」2018/12/06 07:23

 落語研究会は権威があるので、いつも緊張する。 今日は、わさび、馬るこ の後で、ゆるい研究会、何の緊張もない。 飲み会の席が好き、飲む方は二、 三軒はしごして、締めはラーメンだよ、となる。 で、取りあえずビール! 土 地土地のラーメンがあり、豚骨系が多い。 好きなのは、昔ながらの東京ラー メン。 豚の背脂が大流行り、家(いえ)系ラーメン、脂ぎっている。 柳家 も家(いえ)系だが、脂抜いてる。 わさびとだとあっさり、馬ること一緒に いると脂ぎっている。 そこに入ってこないのは、菊之丞、花緑。

 とある地方のショッピングセンターにあるフードコート、学食のようなのが 好き、東京ラーメンの写真があった。 これは食わなかったんですが、ソバ、 うどんと同じコーナーで、葱、ウズラの卵、チャーシューに、メンマがのって る、「おしゃれソバ」というのを、芸人だから、食べました。 おつゆは濃いめ、 山菜、問題のチャーシュー、意外と合う、メンマ、これが合わない。 この話 をネタにしまして、その夜に演った。 翌日から「おしゃれソバ」の売り上げ が伸びたそうで。

 おいしゅうございました、お代はここに、「どーも」。 あの人、十枚食っ たよ。 近所の若い者で、賭けをしようよ。 明日から、二十枚、一分で。(ち ょっと待って、収録なんだよ。) 二十枚、二分で。 二十枚食えなかったら、 二分もらおう。(よくできました。少し緊張しろよ(笑)。)

 あなた、昨日十枚たいらげましたね。 おそばは大好物で、そばもつゆも口 に合う、でも十枚だと、家に帰って苦しんでる。 賭けをしませんか。 モリ を、カケに? 二十枚、二分で。 (さっき一分って、言いましたよ。それで 初めから言い直した。新作に変えるか。) じゃあ、二分にしましょう(拍手)。  (憐みの拍手だ。会場の雰囲気が、これから何回間違えるかになった。) 負 ける勝負をするわけありませんよ、えっ、親方、もう茹でてるの。 二分です ね、ここに置きます。 お笑いになりませんように、ズル、ズル。 よく思い 付きますな、二十枚なんて食べられるわけがない。 ズル、ズル、ズルーーッ。  十七、十八、十九、いっちゃうんじゃないか。 親方、あとは茹でないで……。 二十、食べてしまいました、「どーも」。

 三十枚、一両ですか、昨日は二十枚で八転九倒、えっ、親方、もう茹でてる の。 一両取られるとは、思ってませんでしたよ。 わかった、わかった、ズ ル、ズル、ズルーーッ、ズルーーッ、ズルーーッ。 早いよ、今日は。 二十 五、二十六、二十七、いっちゃうんじゃない。 親方、あとは茹でないで……。 三十、食べてしまいました、「どーも」。

 そっちのあなた、何笑ってんの。 あの人と本当に勝負してんのかい、そば の清兵衛さん、そば清、そばの賭けで家を三軒建てた。 いつも四十枚までは 平気でやってる。 じゃあ、明日。

 あなた、そば清さんですって。 見つかりましたか。 五十枚で二両。 用 があったんで、失礼。 清兵衛さん、仕事で信州に行き、隠れた名産を探して、 獣道に入った。 草むらがガサガサ、ウワバミだ! オロチ、大蛇。 猟師が 鉄砲でウワバミを狙っている。 引き金を引くより一瞬早く、ウワバミが猟師 を呑み込んだ。 おナカがふくらんだかと思うと、池の端で赤い草をペロペロ となめた。 すると、ふくらんでいたおナカが元に戻った。 いい薬だ、あの 草だな、いいものを見つけたぞ。

 五十枚で二両。 ズル、ズッ、ズッ、ズッ、ズッ…(無言)。 三十一、三 十二……、四十、四十一……、四十五、四十六。 清兵衛さん、大丈夫かい。  (上を向いて、揺する) 揺すぶっても、茶筒じゃないんだから。 すみませ ん、下向くと出ちゃう。 (上を向いて、頭の上から、そばを口に入れ、顎を 手で動かす) あとは? 二枚。 外の縁側に少し出たい。 重くて、立ち 上がれないじゃないか。 みんなで、座布団ごと押してやれ、エッサエッサ。  後を閉めて下さい。 そばの清兵衛、負けるわけにいかない。 これさえあれ ば、ウワバミの薬を、ペチャペチャ。

 清兵衛さん、どうした、どうしたい。 よいしょ(と、開ける)。 妙なも のがある、そばが羽織着て、座ってやがら。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック