丸山真男著『日本の思想』(岩波新書)2008/11/14 07:11

 9月25日の「等々力短信」第991号「慶應義塾150年に思う」に、こんな ことを書いた。 20世紀までに、ほぼ出尽くした知を縦横に組み合わせた時、 新たなアプローチが生まれるはずだという、松岡正剛さんの「編集」や、友人 神出瑞穂君に聞いた諸科学を動員して総合的に対応する、システム化、知の構 造化によって問題解決にあたる「全体システム思考」について言及し、「「未来 への先導」を記念事業のテーマに、創立150年を迎えた慶應義塾は、総合大学 として、各学部の総力を結集し、衆知を集めて、当面する日本の課題について、 具体的な提言をしていったらどうだろうか。 「福沢諭吉の近代化構想」の実 現されていない部分、「独立心」を持った国民が自発的内発的な主権者となる民 主主義、官尊民卑の打破、国民精神の高尚化と民心の安定などを、現代に合わ せて、どう実現させていくのか。 20年後、30年後の「この国のかたち」を、 どんなものにしていくのか、を」と。

 それを書きながら思い出したのが、昔読んだ丸山真男さんの『日本の思想』 (岩波新書)にあった「タコツボ」と「ササラ」の話だった。 茶色くなった 『日本の思想』を引っ張り出してみると1961年11月の出版、1963年4月の 第6刷本130円だった。 1963年4月は、私が大学4年生になった時だ。 少 し読むと、日本の近代的組織体のタコツボ化のところに「綜合大学」が出てき た。 そこでは綜合的な教養が与えられるわけでもなければ、各学部の共同研 究が常時組織されているわけでもない、ただ一つの経営体として、大学行政面 で組織化されているというだけだ、とあった。

 そんなことがあって、対話セッションのテキストに、何かないかと訊かれた 時、私はこの丸山真男『日本の思想』を提案したのだった。

コメント

_ やまもも ― 2008/11/14 08:41

『日本の思想』は、大学の授業「アカデミック・ライティング」で、つかっています。論文の、要約課題の文章として。丸山真男・福澤諭吉、ともに、その仕事・思想については、毀誉褒貶のがはげしい。だが、総合的に見れば、近代の日本の思想史を語るとき、この二人は、とても大きな存在。
で、残念なのは、今の学生は、『日本の思想』を読んでいないこと。私の学生(高校~大学)のころは、必読書だったのに。

_ 静 ― 2009/03/29 15:46

最近、田中久文著の「丸山真男を読みなおす」とカテラ出版会からの「丸山真男の日本論」の二つの著書が出版され、両著とも丸山真男の「古層論」や「正統と異端」をテーマに、その問題点が述べられています。二つを読み比べてみると、多少の視点の違いもあり、丸山真男の思想の本質は何かを考えるのに有効な著書だと感じています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック