福沢索引2006年6月のブログ・薩英戦争と福沢の翻訳[昔、書いた福沢237]2020/03/16 07:01

薩英戦争と福沢の翻訳<小人閑居日記 2006.6.24.>
 21日放送の“その時、歴史が動いた”「幻の大艦隊~イギリスから見た薩英
戦争~」で、若き福沢諭吉の訳した生麦事件についてのイギリスの抗議文の一
節が、薩摩藩の誤解を生んで、激高させ、薩英戦争の一方の原因になった、と
放送していた。 イギリス側にも、7隻の艦隊で鹿児島湾に入って威嚇すれば、
薩摩は簡単に屈服するだろうという誤算があって、両者のすれ違いの中で文久
3(1863)年7月2日の薩英戦争が起こったというのだ。
 代理公使ニールの書簡の問題の箇所は「襲ひ懸りし諸人中の長立(おさだち)
たるもの等を速に捕へ吟味して、女王陛下の海軍士官の壱人或は数人の眼前に
て其首を刎ぬべし」というところで、「長立(おさだち)たるもの」を島津久光
と勘違いした、のだという。
 問題の書簡は、『福澤諭吉全集』第20巻「幕末外交書訳稿」571頁~577頁
に収録されている。 『福翁自伝』にも、2月19日の夜中に外国奉行松平石見
守の赤坂の宅に、杉田玄端、高畑(畠)五郎と三人で呼び出されて、訳したと
ある。 「訳稿」の訳者は、高畠五郎、福澤諭吉、箕作秋坪、大築保太郎、村
上英俊の五名になっていて、『福澤諭吉全集』の『福翁自伝』の注釈に杉田玄端
とあるのは箕作秋坪の記憶違いではないかとある。
 「訳稿」の問題箇所は、 NHKが引用した部分の直前が「「ヘール、リチャ
ルソン」を殺害し及び「リチャルソン」に同伴せし貴女と諸君を殺さんと」と、
なっている。 「貴女と諸君」という翻訳が可笑しいが、生麦事件の下手人を
指すのは明白で、誤解のしようがない。 さらに『福澤諭吉全集』の編纂者は、
この書簡の複数の訳者の内、福沢の筆跡の部分、あるいは福沢が補記した部分
を明示している。 それを見る限りでは、問題の箇所は、他人の筆跡の部分に
入っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック